ラブホ社長のバリ島海外不動産投資入門・バリ島移住・ヴィラ建築・高利回り不動産!

日本でホテル11軒、中学受験塾、おもちゃのECビジネスで成功し、貸ビル3棟、太陽光7箇所所有。海外も楽しそう!とインドネシア・バリ島で不動産投資、ヴィラ・別荘の建築・運営。
起業や投資・ビジネスの成功、バリ島の海外不動産投資・ロングステイをお話します。


テーマ:

GWに母親と会った時、

 

「あなたと一緒に太陽光発電をやっていて本当によかった」

 

と大マジメに感謝された。

 


一昨年に太陽光用の大きな土地があった際、全部自分でやってもよかったのだが

 

「他にやりたい人がいれば、どうぞ」という感じで、友人や母親に譲ったのだ。

 

すでにウチは7箇所やっていたから、工事やパネルの価格も安く、

 

そこは年利13%ほどで回っている。

 


彼女にとって大きいのは、毎月収入が入ることである。

 

太陽光をやるまでは預貯金だったから、減るのが怖くて使えなかったらしい。

 

でも、毎月入ってくる収入があると、その分は使えるという安心感があり、

 

気分的なものかも知れないが、その差というのは、大きいようだ。

 


話は変わるが、バリ島で僕が所有するヴィラの1つで、

 

管理内容と費用で意見が割れている。

 

そこは11棟のヴィラの集合体で、全員が日本人オーナーだ。

 

 

しかし、現地に住む人、日本に住んでレンタルしている人、

 

将来の移住のために所有だけしている人など、状況は様々である。

 

それだけに、意見がまとまらない。

 

多少金額が高くてもラクな方がいい、最低限の管理で安く押さえたい、

 

夜間のセキュリティは有無、など要望はバラバラだ。

 

 

そうした中で現地に在住の方から、

 

「私(他の方も同じでしょう)が、インドネシアに住む目的は、

 

 少ない年金の中で、やりくりしてゆけるからです」という話があった。

 

 

「ハッ」とした。

 

その方は、お金持ちだから、そんなことを考えているとは思いもしなかった。

 

また僕は日本での事業がメインだし、40代というのは現役世代だから、

 

想像もしていなかったのだ。

 

 

でも、そうなのだ。

 

うちの母親もそうだし、その方もそうなのだろうが、

 

仕事をしている現役世代なら、将来の設計図の変更は可能だ。

 

しかし、ある年齢になるとそうもいかない。

 

 

人間いつ死ぬか分からないが、いつまで生きるかも分からない。

 

収入が限られていれば、支出を抑え、蓄えをどのように生かすか、

 

そういう選択になるだろう。

 

 

それでも、バリ島在住の方々が豊かに暮らしているように見えるのは、

 

現役世代の蓄えもあるだろうが、金利や不動産利回りが高いからだと思う。

 

 

僕が野村證券に入社した平成4年当時、中国ファンドの金利が4.5%ほどだったが、

 

年輩のお客様は、毎月配当型の商品を好んだ。

 

それは、うちの母親と同じ気持ちだったのだろう。

 

 

僕の知る限り、バリ島に住む年配の方の多くは、結構な金額の定期預金をしているし、

 

ヴィラかコスかは別にして、不動産収入を得ている。

 

現役時代の蓄えで、そうした老後というのは懸命な選択の1つだと改めて感じた。

 

 

 

6月10日(土)セミナーはこちら 「三上純平の中長期グローバル投資術」

 

 

 

クリックいただけると嬉しいです。

↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日より、幻冬舎ゴールドオンラインで、本ブログの連載が始まった。

 

 

 

なんとなく始めたブログだが、多くの皆さまに読んでいただけるようになり、

 

それなりに認知されているようだ。

 

これも読者の皆さまのおかげである。ありがとうございます!!

 

 

こうした状況を客観的に考えると、

 

サンワード貿易様からのセミナー依頼も、幻冬舎様からの連載のお話も、

 

バリ島への不動産投資が、投資家に有益な情報だということだろう。

 


先日、大和証券のキャンペーンで確定金利4%(年)3ヶ月1%という商品があり、

 

2000万円を入れ、8万円の金利を手にした。

 

「確定利回りの4%っていいなあ」と実感。

 

 

バリ島の定期預金がいいといっても為替リスクがあるし、送金の問題もあるから

 

運転資金を入れる訳にはいかない。

 

弊社は中小企業だが、それなりに運転資金が必要だし、ホテルの売り物が出れば、

 

手付けのキャッシュもいるから、それなりの金額を留保している。

 

 

ゼロ金利では、そういう資金は完全に寝てしまうが、金利がつけば大きい。

 

2000万円で手にした利息が8万円ということは、2億円なら80万円。

 

今の日本では、夢の話だ。

 


投資の中で1番ありがたいのは、リスクがない確定利回りの投資だ。

 

確定利回りなら、工夫もノウハウも必要なく、誰もが平等に配当を得られる。

 

そんな案件がラクでいい。

 

リスクがないのだから高利回りは望めないが、それさえないのが今の日本。

 

 

バリ島の投資は、為替のリスクはあるし、不動産なら値下がりのリスクもある。

 

でも、それなりに高利回りだから、為替の損は時間がヘッジする。

 

10年のスパンで見れば、損をする可能性は極めて低い。

 

お気楽投資、放置していてもそれなりに利益が出る投資、

 

バリ島投資のそんな点がウケるのかもしれない。

 

 

それにしても、バリ島でお気楽投資を始め、お気楽にブログを始めた僕だが、

 

露出が増えてくると、お気楽でいられそうもない。

 

あ~あ、もう悪いことはできないな。(してないけど)

 

 

6月10日(土)セミナーはこちら 「三上純平の中長期グローバル投資術」

 

 

クリックいただけると嬉しいです。

↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

バリ島で、優秀なスタッフが突然辞めた。

 

彼は、仕事ができる上に、スタッフからの信頼も厚く、経験も豊富。

 

それだけに惜しい人材であった。

 

彼は、なぜ辞めたのか。

 


10日ほど前の出来事である。

 

彼はいつもより朝早く出勤してくると

 

「子どもが危篤なのです。お金が必要なので、給料を前借りさせてほしい」

 

と言ってきた。

 

 

信頼できる人間なので、承諾した。


病気の状況を聞くと、原因不明で医者も分からないらしい。

 

そこで彼は、藁をもつかむ思いで、不思議な力を持つ者を訪ねた。


「子どもを助けたいか」

 

「もちろんです」

 

「では、タバナンにある◯◯寺のマンク(僧侶)になれ。

 

 そして、お供え物をして、お祈りしなさい」

 

「分かりました」

 


それからしばらくして、彼が出社してきた。

 

「危篤の子どもが、奇跡的に助かり、元気になりました」

 

「おおっ、よかったな!」

 

「はい。それで、、仕事は好きだし続けたいのですが、

 

 そういうことなので辞めてマンクになることにしました。

 

 これまでお世話になりました」と。

 


呆気にとられたが、他のスタッフに聞くと、

 

こういうことはよくあるらしい。

 

「お前も、同じ状況なったら、マンクになるのか?」

 

「はい、そうします」

 

う~ん、、信じる者に、何も言えない。

 


さて、ここで疑問に思う人もいるだろう。

 

「僧侶って、そんなに簡単になれるのか!?」

 


バリヒンドゥーの僧侶は、階級ごとにいる。

 

プダンドゥというのは、ヒンドゥーのカーストで最上位の階級イダ・バグスの僧侶で、

 

本来の僧侶は、生まれながらに決まっている。

 

彼らは、神様と同等だ。

 


マンクというのは、階級に関係なく、神様のお告げで選出され、

 

人間として、神に従事する存在で、人と神をつなげる。

 

マンクは、庶民のための僧侶で、日常の儀式を執り行う。

 


「そうか。なら、オレもマンクになろうかな」

 

と言ったら、「ムリ!」とのこと。

 

基本的に仕事はできないし、儀式が多く忙しいらしい。

 

そしてなにより、聖人なわけで、ストイックさが求めれる。


ストイック、、、それはムリだな。。

 

 

6月10日(土)セミナーはこちら 「三上純平の中長期グローバル投資術」

 

 

クリックいただけると嬉しいです。

↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

昨日は、バリ島ウマラスのヴィラの決済&引き渡しだった。

 

今回の売り主は、フランス人の夫婦。

 

これまで、フランス人は面倒な人が多く、ろくな奴がいなかったが、

 

今回の売主は本当に良い人だった。

 

 


一般的に、バリ島のヴィラの売買では、現況引き渡しだが、

 

この夫婦は、修理が必要な箇所をすべて直してくれていた。

 

その数、大小合わせて30数か所。

 

またヴィラの中も、庭も、綺麗に掃除をしてくれていた。

 

こんなフランス人は始めてだ。

 


バリ島の仕事をするまでは、欧米人(白人)といえば、すべて同じと思っていた。

 

しかし、仕事でつき合うようになると、同じヨーロッパ人でも、

 

イギリス、フランス、オランダ、イタリア、など国が違うように、

 

人間も違うことが分かってくる。

 

 

もちろん、「◯◯人だから、☓☓」みたいに、差別するつもりはないが、

 

国によって違うとを感じるようになった。

 


フランス人をひと言で言えば、「面倒くさい」「性格が悪い」。笑

 

思いつくままに挙げると

 

・嫌な気分を思いっきり顔に出す

 

・個人主義、自分が大好き

 

・気分屋

 

・議論が好き、頑固、譲らない

 

そんなところだろうか。

 

 

1週間くらい前のチャングーのオーナーは、

 

「決済の直前に『ユーロで、銀行振込にしてくれ』」と言い出した。

 

買主の日本人が、日本から現金を持ってきて、ルピアに両替して、

 

目の前にあるにも関わず、だ。

 

もちろん、契約時に「決済は、ルピアで現金で」と決まっていた。

 

 

(あ~、フランス人は、面倒くせーな)

 

と思ったのはもちろんだが、ここまでは序章にすぎない。

 

彼らは、頑固で、議論好き、自分が良ければそれでいい、だから、

 

無理なことだろうが、道理が通らなかろうが、関係ない。

 

議論しても折り合うのが無理だから、脅して(ヤバいことはしていないが)

 

現金決済させた。

 

この話は、そのうちアップしよう。

 


気分が悪いと関係ない僕らにまで態度に出すし、おかしなことでも平気で主張するし、

 

一度言い出したら話にならないし、表面を取り繕うということもしない。

 

プライドが高く、謝らない、好き嫌いが激しく、気分屋で、時間にルーズだがマナーうるさい。

 

考えを否定されたら、全力で言い訳を並べる。

 

「他人は他人、自分は自分。自分が良ければいい」という考えなんだろうな。

 

とにかく面倒臭さ満載、それがフランス人だ。

 

あっ、でも、僕は嫌いではないけど。

 

 

そんなフランス人だが、今回のオーナーは違った。

 

着金前で引き渡し前なのに、「物件を見たい」というと気持ちよく売主も来て

 

ヴィラの説明をしてくれた。

 

部屋のセンスもよく、美術品も含め、買主さんも大満足。

 


さらに、以前このヴィラに伺った時に、「コーヒーが美味い」と言ったら

 

「このコーヒーメーカーは、フランス製でバリ島では売ってない。

 

 フランスに帰ったら買ってきてあげる」

 

と言っていたのだが、本当に買ってきてくれていた。

 

買主さんも、一緒に遊びに来ていたお友だちも、気分よく引き渡しを取引を終えた。

 

 

で、肝心の物件(ヴィラ)だが、土地900㎡、建物300㎡豪邸だ。

 

感動的なヴィラである。

 

 


土地9A
建物300㎡
価格定価 450,000ドル指値して410,000ドル
4ベッドルーム+シアタールーム付


今回は、最初から最後まで気持ちがいい取引だった。

 

 

6月10日(土)セミナーはこちら 「三上純平の中長期グローバル投資術」

 

 

 

クリックいただけると嬉しいです。

↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

某出版社の主催で、セミナー講師をさせてもらうことになった。

 

そこで、プロフィールが必要になり、改めてプロフィールを見直した。

 

前のは、サクッと作ったから「イマイチ」だ。

 


よし、本気でプロフィールを作ってみるか。

 

考えてみたら、僕はサラリーマンでの営業経験が1年しかなく、

 

ずっと自営業でやってきたから、プロフィールを真面目に考えたことがない。

 

いざ書こうと思うとなかなか難しい。

 

何を書いていいか、分からない。

 

 

そこで、ネットで「プロフィール 書き方」で調べてみた。

 

あるある、結構みんな困っているんだな。

 

 

https://www.prime-design-factory.jp/というサイトを参考にすると、

 

プロフィールを作るには、次の質問に回答し整理するといいとのこと。

 

①あなたの肩書きは何?

 

②なぜ、あなたはその仕事をしている?

 

③あなたのサービスは誰のためのもの?

 

④あなたのサービスは誰のためのものじゃない?

 

⑤お客さんの願望のトップ3は何?(20個あげる)

 

⑥お客さん持っている不安、恐怖などのトップ3は何?(20個あげる)

 

⑦あなたのサービスを購入することで、どのように未来が変わる?

 

⑧あなたのサービスはどのようにすると受けられる?

 

⑨実績(受賞歴、マスコミ事績など)は?

 

 

さっそく思いつくままに書いてみた。

 

①:あなたの肩書きは何?

 

  バリ島不動産投資家、ホテル経営者

 

②:なぜ、あなたはその仕事をしている?
  
  成熟した日本より、新興国の不動産投資のほうが可能性があるから。
  海外での仕事は楽しそうだから。

 

③:あなたのサービスは誰のためのもの?

 

  すでにある程度の資産があり、資産形成と楽しみの両方を目指したい方

 

④:あなたのサービスは誰のためのものじゃない?

 

  リスクが取れない人、踏ん切りが悪い人、遊び心がない人、には向かない

 

⑤:お客さんの願望のトップ3は何?(20個あげる)

 

  資産を増やしたい。
  安定した資産を持ちたい。
  楽しみたい。
  のどかでくつろいだ生活をしたい。
  楽しい仲間がほしい。
  女にモテたい。
  夢のような家に住みたい。
  家族・友人に自慢したい。
  海外に行く言い訳がほしい。
  税金対策をしたい。
  高利回りな預金がしたい。
  資産を分散したい。
  若い気持ちになりたい。
  若い女の子と遊びたい。
  サーフィンがしたい。
  スピリチュアル神秘的な体験がしたい。
  第二の故郷がほしい。
  値上がりの夢を買いたい。
  新しい趣味を持ちたい。
  雑貨家具のビジネスをしたい。
  安く生活したい。

 

20個書くのは、結構キツい。

 

思いつくままに書いたら、大学生みたいなことになった。

 

やはり僕は子どもっぽいな。大人として、どうなんだろ。笑

 

 

⑥:お客さん持っている不安、恐怖などのトップ3は何?(20個あげる)

 

  治安は良いのか。
  お金を騙し取られないか。
  管理をしてくれるのか。
  売却できるのか。
  利回りは回るのか。
  建築はできるのか。
  値上がりするのか。

 

面倒臭くなってきた。

 

7個で挫折した。

 

 

⑦:あなたのサービスを購入することで、どのように未来が変わる?

 

  安全な資産ができる。
  金の卵を持つ鶏が持てる。
  よい仲間ができる。若返る。
  もう一度人生をやり直せる。
  モテる。
  安心できる将来がある。
  資産が増える。
  楽しみが増える。
  刺激的になる。
  趣味が増える。
  夢が持てる。
  インドネシア語が覚えられる。

 

12個で挫折。

 

 

⑧:あなたのサービスはどのようにすると受けられる?

 

セミナーに参加し、その後、現地バリ島で不動産視察をする。

 

⑨実績(受賞歴、マスコミ事績など)は?

 

もう少ししたら、書けるかな。

 

 

ここまで回答したら、それを下記の順番に並べるらしい。


【現在】
 名前・肩書き

 生年月日・出身地・最終学歴

 

【過去】
 現在に至るまでに挫折した経験や転機・決意のストーリー

 

【未来】
 将来の夢


最後に、

『失敗や挫折した経験を表現することで、自己開示が行われ、共感が生まれます』

とのこと。


作ってみたプロフィールがこちら。

=====================================

国内ではホテル11軒、雑貨製作販売、家庭教師派遣、おもちゃのECビジネスなど
8社を経営し、バリ島では不動産事業を行っている。
投資においては、ホテル、貸ビル、駐車場、太陽光発電、バリ島のヴィラなど
複数の不動産を所有し、株式やFX、事業投資の経験も豊富。

 

大学卒業後、野村證券に入社。
24歳で学習塾などを起業し、事業は成功するものの会社を乗っ取りで失う。
その後、政治家を目指し、衆議院議員秘書になるが、議員の選挙落選で無職になる。
再び起業し、5年間で生徒数1000人を超える規模にし、
不動産投資、ネットビジネスなどで、グループ年商40億円となる。
しかし、保証人となった友人の会社の倒産、さらに詐欺に遭い、すべてを失い、
数億円の借金を負う。

 

それから8年。
バリ島での不動産とホテル事業で復活する。

 

「バリ島投資のメリットは収益性もありますが、単純に楽しいです。
 リスクが取れる人、遊び心がある人には、向いています。
 きっと、若い頃のワクワク感を味わっていただけるでしょう。」

=====================================

 

型通りにはいかない。

 

こんなのでいいのかな。

 

 

 

6月10日(土)セミナーはこちら 「三上純平の中長期グローバル投資術」

 

 

 

クリックいただけると嬉しいです。

↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、ウブドゥのヴィラの売買契約をした。

 

バリ島では、不動産の契約はノタリスの事務所で行うのが一般的だ。

 

今回は、15時にウブドゥのノタリス事務所で契約する予定だった。

 


投資家さんと一緒に時間通りに到着し、スタッフに

 

「ノタリスは?」と尋ねると、

 

「2階でお客さんと打ち合わせしてます」とのこと。

 


しばらく待つが、一向におりてくる気配がない。

 

1時間が経過し、

 

「15時の約束だろ。2階にいるなら呼んできてくれよ」

 

「実は、、ノタリスは2階にいません。今、レノンの銀行にいます。

 

 15時に戻ってくると行って出かけたのですが。。」

 


インドネシア人は、こういうワケの分からない嘘をつく。

 

1階で僕らが待っているのだから、外から入ってくればすぐに分かることなのに、

 

どうして、くだらない嘘をつくのかな。

 


とにかく、スタッフはふざけたことを言い出した。

 

そのタイミングで、ノタリスが電話をかけてきて、

 

「すみません。前の取引で時間が押してしまった。

 

 申し訳ないが、サヌールのケンタッキーに来て欲しい。

 

 そこで契約をやりましょう」

 

「???」

 


(えっ、ケンタッキーって、あのケンタッキーフライドチキンのことか!?)

 

しかも、サヌール!?

 

 

おいおい、ふさけるなよ。

 

それなら最初から言えよ。

 

これだけ遅れるということは、14時の時点で分かっていたはずだし、

 

僕らの事務所はサヌールにあるのだから、

 

1時間もかけてウブドゥに来る必要もなかったのだ。

 


17時30分にケンタッキーに到着。

 

店はピークタイムに差しかかる時間で、お客でごった返している。

 

この雰囲気で、不動産の契約かよ。

 

 


日本からいらしていただいた投資家さんには、申し訳ないし、

 

恐縮するほかない。

 

契約が無事に終わったことだけが救いだった。

 

 

 

6月10日(土)セミナーはこちら 「三上純平の中長期グローバル投資術」

 

クリックいただけると嬉しいです。

↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日、日本人オーナーが購入したヴィラでの、ささやかなパーティ。

 

バリ人スタッフは、緊張気味。

 

彼らにとって、ヴィラのオーナーは「ビッグボス」で、

 

雲の上の特別な存在だ。

 

ちなみに僕らは、彼らにとって「ビッグ」はつかないただの「ボス」である。

 


このヴィラは、敷地が740㎡もある豪邸。

 

プールから庭に落ち込む水が滝になっていて、メチャクチャ格好いい。

 

 

 

プースサイドでバーベキューをやったのだが、

 

スタッフが買ってきた魚がデカすぎて、中々焼けず。。

 

せっかく綺麗に磨いたプースサイドが汚れまくっていたが、

 

太っ腹オーナーは、終始上機嫌でくつろいでいた。

 

 

 

 

このオーナーご夫婦は、18歳から一緒にいるとのことだが、

 

60歳を超えた今でもラブラブだ。

 

いいなあ。

 

末永く、お幸せに。。

 

 

 

6月10日(土)セミナーはこちら 「三上純平の中長期グローバル投資術」

 

 

 

クリックいただけると嬉しいです。

↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日の記事「長時間労働は、悪いことなのか!?」では、集中砲火を浴びた。

 

ブログ炎上とまでは言わないが、コメント、メッセージの辛辣な言葉の数々。

 

それでも、このタイトル。

 

今回は、同じ轍を踏まないようにしたい。

 


バリ島でのヴィラ管理は、1年365日24時間休みのないの仕事である。

 

利用者にとってはこちらの都合は関係ない。

 

「水道が出ない」「電気がつかない」「幽霊が出る」など、

 

いつ、どこで、どんな問題が起きるかわからないから、待機している必要がある。

 

その点では、ホテルと同じだ。

 


特に大切なのが、予約や問い合わせの対応である。

 

バリ島のヴィラには、世界中から予約が入る。

 

予約サイトや旅行会社で、お客が勝手に予約してくれれば楽なのだが、

 

現実にはそうはいかない。

 


日本では、バリ島旅行というと旅行会社を通して、3泊5日のパッケージが多いが、

 

ヴィラを利用する客は欧米人が中心。

 

彼らは2~3週間ほどバリ島に滞在するのだが、基本的に慎ましい。

 

長期間になるから当然なのかもしれないが、スーパーで買物をし自炊は当たり前。

 


日本人のように、旅行会社が勧めるオプショナルツアーに参加するわけではなく、

 

自分たちであれこれと考えて計画を練る。

 

それだけに彼らは、事前に細かい質問をしてくるのだ。


「スーパーまで、歩いて何分か」

 

「自転車を借りることができるか」

 

「運転手付きのクルマをチャーターしたいがいくらか」

 

などは、簡単に答えられるが、困るのが値引き交渉だ。

 

 

「1日◯◯USドルとあるが、1週間にしたらいくらにできる?」

 

それに回答すると、

 

「10日にするから、◯◯USドルにしてもらえないか」

 

というやり取りだが、これが面倒くさい。

 

 

面倒なだけならいいのだが、こういう質問には誰もが回答できるわけではない。

 

こちらとしては、オーナーから物件を任されているわけから、できるだけ売上を上げたい。

 

だからといって値引きに応じないと、予約を空けてしまうことになりかねない。

 

ハイシーズン、ローシーズン、曜日、予約日までの時間の有無、前後の予約状況、

 

などを踏まえての決断が必要だ。

 

 

夜中の質問に対しては、翌日に担当者が回答すればいいのか、というと

 

そういうわけにもいかない。

 

お客は、複数のヴィラに対して、同じ質問をコピペして送っているから

 

レスポンスが遅いと、他のヴィラを予約してしまうからだ。

 

 

お客さんにこちらの都合は関係ないわけで、欧州、アジア、北南米と

 

すべてのお客に対応しようとすると24時間対応となる。

 

 

しかし、さすがに僕らも、24時間対応には当初踏み切れなかった。

 

もちろん交代制にするのだが、それでも長時間勤務は避けられない。

 

日本と違って、法律の規制はないとはいえ、ムリなことはあるわけで。。。

 

 

考えていても仕方がないから、恐る恐るスタッフに聞いてみた。

 

女性スタッフは、全員が反対したが、男性スタッフは

 

「やりたい!! 給料が増えますよね!?」と口を揃えた。

 

やるなあ、コイツら。

 

 

そういえば、日本では過重労働で鬱になる人や自殺者が出たりして問題になるが、

 

バリ島ではそういう類の話は聞かない。

 

どうしてだろう?

 

 

なにはともあれ、サービスで差別化を図るのは、ラクじゃない。

 

 

 

6月10日(土)セミナーはこちら 「三上純平の中長期グローバル投資術」

 

 

クリックいただけると嬉しいです。

↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

バリ島では、経済成長と観光人気で人材不足が続いている。

 

よい人材は、募集してもなかなか集まらないし、

 

期待して採用した人間も、簡単にやめる。

 


現在、バリ島の最低賃金は、IDR2,175,000である。

 

(1円=IDR117 日本円で18600円)

 

月給で18,600円だから、日本と比べたら安い。

 

約10分の1といったところだろう。

 

 

しかし、これは最低賃金であって、この給与で募集広告を出しても

 

応募はほとんどない。

 

実際の最低賃金は、IDR2,500,000~3,000,000くらいだろうが、

 

それも年々上がり続けているし、人材不足だから自然とあがっていく。

 

 

そうした状況だから、すぐに次の仕事が見つかるから、

 

ちょっとしたことで簡単に辞める。

 

 

高い給与で雇えばいい!?

 

それができれば簡単だが、ヴィラのオーナーさんたちからすれば、

 

できるだけ安く管理をしてほしいワケだ。

 

 

安く働いてくれるよい人材。。。


そこで考えたのが、ホテルの専門学校との提携である。

 

この状況で「いい人材」の条件は何か、と考えた時、

 

一番は辞めないこと。

 


募集広告を出して面接に来るということは、仕事を辞めているということで

 

そういう人は、すぐに辞める可能性が高い。

 

それならば、新卒から、できれば学生のうちに、人材を探そうと考えた。

 

 

卒業した学生の就職先ではなく、研修先として受け入れる。

 

そうするとかなり安く雇える。1日IDR48,500(1日415円)

 

 

しかし、学校はすでに大手のホテルチェーンと提携しているから、

 

うちみたいな小さい会社を研修先に選ぶはずがない。

 

案の定、学校側は

 

「うちは名門だから研修先には困っていない。そちらの会社を研修先にするメリットは?」

 

と言ってきた。

 

 

とっさに

 

「うちは、日本人がオーナーの会社だから、英語の他に、日本語を勉強できます。

 

 日本人スタッフには教員免許を持っている者がおり、常駐のコンサルタントは

 

 米国でMBAを取得し、米国の不動産会社で働いてきた実績があります。 

 

 アヤナでジェネラルマネージャーをしていた者もおり、新人教育には長けている。

 

 大手のホテルと違って少数精鋭でやっており、そうしたスタッフが

 

 仕事を教えるだけでなく、週に2時間は日本語と英語を教えます!!」

 

とブチ上げた。

 

学校の担当者は、大きくうなづき、提携が決まった。

 

多少大げさにアピールしたが、嘘はない。


実際、うちのインドネシア人スタッフの9割は英語を話せるし、

 

日本人スタッフには教員免許を持っている者が1人いる。

 

コンサルタントの話も本当だ。

 

 

これから、若いフレッシュな学生が来る。

 

大変なことは増えるだろうが、転々と職場を変えスレた人間より、

 

これから社会に出る人を育てるほうが楽しい。


彼らにとって、うちが初めての職場になるわけだから責任は大きいが

 

どんな子たちがくるか、今からワクワクする。

 

 

6月10日(土)セミナーはこちら 「三上純平の中長期グローバル投資術」

 

 

 

クリックいただけると嬉しいです。

↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、管理しているヴィラのスタッフが突然、仕事に来なくなった。

 

「おい、支払いをチェックしてこい」

 


こんな時、気をつけなければならないのは、代金の未納だ。

 

連絡もなく突然辞める人間は、何かある。

 

その1つが、支払代金の持ち逃げなのだ。

 


ヴィラの管理では、電気、水道、ネット回線、設備の故障、修繕など

 

毎月様々な支払いがある。

 

それらは現金での支払いだから、ヴィラのスタッフに現金を渡して

 

支払いをさせている。

 


支払った領収書をチェックするのだが、

 

そのヴィラでは電気代の領収書があがってきていなかったのだ。

 

何度も請求し、持ってこないから追求をし、そしてばっくれた。

 

案の定、電気代が未納だった。

 

 

これに気がつかずにそのままにしてしまうと、突然電気が止まり、

 

宿泊客がいる場合は大クレームになる。

 

 

これはよくあるケースで、特に多いのがバンジャールに支払うごみ処理代だ。

 

他の支払いは領収書が出るからチェックしやすいが、バンジャールは業者ではないから

 

領収書が出ないから、本人が「支払った」といえば、しばらくは分からない。

 

だから、これを着服してばっくれる奴が多い。

 

 

こういう費用は、こちらの管理ミスだからヴィラのオーナーに請求できない。

 

各々は5,000~10,000円だが、度々だとツラい。

 

 

それにしても、どう考えてもバレることを、なんでやるんだろ。

 

もっとも、それを考えられないから、低賃金で働くのかな。。

 

 

 

6月10日(土)セミナーはこちら 「三上純平の中長期グローバル投資術」

 

 

クリックいただけると嬉しいです。

 

 

↓↓↓


にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)