バリ島七転び八起き

バリ島に嫁いで暮らしてゆく中で起こる様々な出来事を描いた生活記録絵日記です。言葉、文化、習慣の違う人達との暮らしはとにかくビックリする事ばかり。ことごとく固定概念を壊されながら葛藤を繰り返す中で何かに気づき、ちょっとづつ前へ進み歩いている奮闘記です。


テーマ:
こんにちは。
久しぶりのブログアップです。
今回のタイトルは私のライフスタイルそのまんまです。

私が日本に住んでいたのは16年前迄。だいぶ昔…と言っても、あの頃の日本だって物が有り余る程十分にあって、便利な物も沢山ありました。



買い物はもちろんスーパー。冷蔵庫には今では滅多に食べない乳製品や玉ねぎやレタスが必ずあったし、自分でよくお菓子やパンも作ってました。



ところがバリでの生活は大違い。日本で当たり前に食べていたような物を食べなくなりました。だってバリの人達が普段あまりくちにしない、そういう物こそが高いんです。便利な家電もなこっちでは高価だし、食生活が一変したのは確かです。



それでもお菓子作りは好き。そこで興味を持ったのが、こっちのお菓子。嫌いな市場で材料を探して試行錯誤のお菓子作り。でも以外とバリのお菓子と和菓子って共通点があるんです。そこで幼い頃の記憶を辿って作ってみたお菓子が、大成功。



最近はそこそこ食べれる市販のパンも出てきたけれど、パン屋さん巡りをしたり、パン屋でバイトしていた程のパン好きの私には、バリのパンのマズさが辛かった…。そして当たり前にあった便利な道具もない。でもそれがこっちの当たり前。当たり前が当たり前じゃない生活。っていうか、もう当たり前なんて何処にもないんです。初めは新鮮で、そのうちストレス…。



そしてあるの時、あきらめと共にふと気づきました。そして辺りを見回して身近なバリの人達を見てみると、もっと大事な事が見えてきました。やっぱりこっちの人はスゴいや。



情報と言うのもまたクセモノ。私達は常に色んな情報に振り回されて、洗脳されているんだと言う事を分かった上で、だからこそシンプルに、幸せを感じて生きる事が大事だと思うんです。


結果:便利な物はあればあったで助かるし嬉しいけれど、なければないで、あるものの中で十分に生活出来ちゃうもの。

おまけの写真:
今年からウブドにあるカフェトピのサンデーマーケットで、おはぎと大福を売ってます。材料は全部バリにあるもの。結構、好評です。作っていると自然と日本の家族、ご先祖様の事を思います。だからおはぎ作りは、なかなか日本に帰れない私の先祖供養。私のおはぎを食べた人も、日本のご先祖様を思い出して貰えれば嬉しいです。

AD
いいね!(13)  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。