善玉菌を増やすには?

テーマ:
最近、腸内細菌とか腸内フローラとかの言葉をよく耳にしますね。

細菌というと、炎症や感染を起こしたりする悪い印象がありますが、
結構私たちとは共存しているというか、助けてもらっているのです。

腸の細菌の種類は1000種類以上あって、
その数は1000兆個あり、重さは1~1,5kgもあり、
私たちの体の重さから考えると相当な重さですよね。

そのうち主なものは、
善玉菌 :乳酸菌・ビフィズス菌(乳酸菌の1000倍も)
悪玉菌 :ウエルシュ菌・ブドウ球菌・大腸菌
日和見菌 :バクテロイデス・大腸菌・レンサ球菌です。

健康な人では,
日和見菌が一番多くて70%、善玉菌が20%、悪玉菌が10%というバランスですが、
その菌たちは一体どこに生息しているのでしょうか?
その腸内での細菌バランスをどこで見ているかというと、
大腸の中で生息している細菌たちのバランスが大切なのです。

どうして大腸かって?
小腸が免疫を活性化させる機能を持っていることと、
腸内細菌は胃酸、胆汁などの影響を受けるために小腸の上部までは数が少なく、
大腸下部に行くに従って細菌の数が増え、
S状結腸、直腸と肛門に近くなるほど多くなります。
ここでは善玉菌よりも悪玉菌が増えやすい部位なのです。

参考までに、
腸内細菌の数と大腸ガンの発症頻度は比例しているらしいです。
ガンは、肛門の直前にある結腸やS字結腸で多く発症しているのです。

ガンを抑えるためには、
大腸の奧はアルカリ性になりやすく悪玉菌が優位となりやすいのですが、
そこで善玉菌が住みやすい環境にすることで、
ビフィズス菌を増やすことで腸内環境を良くできます。


善玉菌のなかでも、
乳酸菌は大腸の入り口付近の上行結腸に多く生息し、
オリゴ糖を好みます。
善玉菌の大多数を占めるビフィズス菌は、
全身の生体調節作用に寄与する短鎖脂肪酸を産生し、
このうち酢酸には強い殺菌作用があります。

ビフィズス菌を大腸の下部で増やすには、
難消化性デンプンなどの糖質水溶性食物繊維を、
下行結腸・S状結腸や直腸にまで届ける必要があります。

乳酸菌は代謝によって乳酸を産生する菌で、
食品の発酵や腸内環境を良くし、免疫力も高めます。
ビフィズス菌に比べて量は少なく、
ビフィズス菌の1万分の1から100分の1ほどの数で、
ビフィズス菌が生息しやすい環境にするなどの役割を担っています。

善玉菌は糖類や食物繊維をエサとしているため、
女性に多い大腸下部のトラブルを少なくするためには、
それらを摂取し、ビフィズス菌に良い環境を整える必要があります。


小腸で消化されずに大腸まで届く栄養とは?

難消化性の植物繊維難消化性のデンプン・オリゴ糖・
エビやカニの殻の成分であるキチンなどがあります。


植物繊維は日本人の食事摂取基準(2010年版)では、
1日の食物繊維の目標量を男性は19g以上、女性は17g以上としていますが、
若い世代では摂取量がかなり少ない傾向があります。


最近話題のレジスタントスターチ
レジスタントスターチ(resistant starch)とは、
ヒトの小腸まででは消化されず、大腸に届くでんぷんのこと、
「レジスタント」=「消化されない」、
「スターチ」=「でんぷん」という意味であり、
難消化性でんぷんまたは耐性でんぷんとも呼ばれる。

でんぷんは胃や小腸で消化されないのでエネルギーになりにくく、
私たちが摂取したでんぷん量の2~10%は、
消化・吸収されずに小腸を通り過ぎると考えられており、
大腸に達して乳酸菌やビフィズス菌によってに発酵され、
酢酸、プロピオン酸、酪酸、有機酸などの短鎖脂肪酸に代謝されます。

これらは腸内を悪玉菌が活動しにくい弱酸性に維持する効果があり、
食物に含まれる糖質の消化吸収速度が遅くなることで、
食後の血糖値の上昇やインスリンの分泌を緩和し、
血清コレステロール値を低下させます。

その効果として、
大腸から体内へ吸収されて大腸癌の予防、大腸炎の予防、
中性脂肪やコレステロールの上昇抑制、脂質代謝の改善、糖代謝
インスリン抵抗性の改善など、


難消化性のでんぷん(レジスタント・スターチ)を含むものは、

インゲン豆・ライ麦パン・トウモロコシ・コーンフレーク・バナナ
ポテトサラダ・雑穀類・冷えた白米(老化したでんぷん)や玄米などがあります。



消化しやすい食べ物がいいとは限らないということですね!


それに悪玉菌が多いようだったら、
大腸の中をリセットするために、
大腸の中を清潔な温水で洗浄する腸内洗浄</strong>をお勧めです。
腸内を洗うことによってリセットがしやすくなりんですよ。

 
ホクロに毛が生えているんだけど・・・
 
ホクロから毛が生えても不思議ではありません。
もともと私たちホモサピエンスは猿が進化して生まれたものですから、
猿のように全身に毛が生えていました。
その名残として、頭髪やワキ毛などに、
その他、全身にわたってうぶ毛が生えています。
その毛穴を含んだ部位にホクロがあれば、
ホクロはメラニン細胞が活発化して増殖した部分ですから、
そこに含まれている毛母細胞も元気になるのです。

ホクロはメラニン細胞の働きが活発ですから、

他の部分の毛穴よりメラニン色素の生成も多いので、

生えてくる毛もどちらかというと色が濃く、

太めなことが多いのです。

とはいえ、単純な下っ端のホクロよりも、
悪性じゃないかと疑うようなもっと大物の、
母斑細胞母斑と診断されるようなホクロに多くみられます。

 

もともとホクロは、

色素細胞母斑、色素性母斑、母斑細胞母斑などと呼ばれます。

ホクロは、色素細胞(メラノサイト)という細胞が変化した、

母斑細胞と呼ばれる細胞のかたまりです。

母斑細胞も毛母細胞もメラニン色素を産生しますから、

母斑細胞が増殖すると同時に毛母細胞も活発になりますから、

隆起すると同時に毛も黒く太くなります。

 

 
 
 
 
 
生え際にできているギャングみたいなもの。
 
 
 
 
 
 
 
目頭にできたホクロというよりも母斑細胞母斑。
 
切除するか炭酸ガスレーザーによる蒸散の二者択一でしたが、
切るのは嫌ということでレーザーを照射しました。
部位的に傷が目立たない部分でしたから、
傷跡は目立たなくなりました。
 
毛だけが気になるという方もおられますが、
その場合の脱毛はレーザー脱毛では、
かえってメラノサイトを刺激しますから、
皮膚部分を痛めない医療針脱毛を選択します。
 
この方法は小林医師によって完成されたものです。
それまでのものは皮膚に炎症や瘢痕を残すものでしたから、
小林式脱毛針によって安全に行えるようになりました。
 
 
 
 
 
 
ジージャ・ブースト(ZIJA BOOST)に含まれているオリゴ糖って、
最近よく目にしますが、どのように体のためになっているのでしょうね。

オリゴ糖は、
糖と名乗っているからには、糖分の仲間ですが、
砂糖よりは低カロリーなのでダイエットには有効です。

オリゴはギリシャ語で少ないという意味があります。
ブドウ糖などの「単糖」が 数個でできているものをオリゴ糖といいます。
オリゴ糖は小腸では消化されにくく、
大腸で乳酸菌やビフィズス菌の増殖因子として利用されます。

主なオリゴ糖は、

フラクトオリゴ糖
玉ねぎ、キャベツ、アスパラガス、ゴボウ、大豆などの野菜に含まれ、
腸内の善玉菌を増やしてくれ、便秘の改善、虫歯の予防にもいい。

ガラクトオリゴ糖
大豆や牛乳などの乳製品に含まれ、
たんぱく質の消化吸収を助け、脂質代謝の改善、ミネラルの吸収を促進。

大豆オリゴ糖
大豆、味噌、醤油などの大豆製品に含まれる。
ビフィズス菌を増殖させ、腸内環境を良くする。

イソマルオリゴ糖
酒、蜂蜜、みりん、味噌、醤油などに含まれている。
カロリーは高めだが調味材料にいい。

乳果オリゴ糖
ビフィズス菌の増殖、整腸作用や骨密度の改善効果も。

ラフィノース
砂糖大根から作られ、キャベツ、アスパラガスに含まれる。
免疫力を高め、アトピー性皮膚炎、便秘改善、肝機能改善にも。

キシロオリゴ糖
トウモロコシの芯から作られ、たけのこやキノコに含まれる。
ビフィズス菌が大好きで低カロリーで便秘改善にも。

キチンオリゴ糖
エビやカニの甲羅に含まれ、腫瘍抑制効果があります。

アガロオリゴ糖
寒天が胃酸によって消化される時に生成され、
リューマチの抑制効果や抗がん性が認められています。

オリゴ糖の作用は、
ビフィズス菌などの腸内細菌が、オリゴ糖をエサとし、
その際に産生される酢酸酪酸などの単鎖脂肪酸の働きによるものです。

酢酸の作用は、
大腸上皮細胞のバリア機能向上、ガン細胞などのアポトーシス誘導
肝臓での脂肪合成やコレステロールの前駆体、末梢組織でエネルギー源

酪酸の作用は、
大腸上皮細胞のエネルギー源、大腸炎やアレルギーの抑制、
ガンなどの変異細胞の細胞死(アポトーシス)への誘導

これらの単鎖脂肪酸によって大腸でのPHが下がり、
カルシウムやマグネシウムが吸収されやすくなります。


腸内洗浄の後には、腸内環境を整えるために、
ヨーグルトや食物繊維をお勧めしています。

ヨーグルトには乳酸菌やビフィズス菌を豊富に含んでいるので、
それだけでも腸内細菌のバランスを整えてくれる効能がありますが、
それにプラスして乳酸菌やビフィズス菌など、
有用菌の餌となるオリゴ糖を含んでいる食品を摂ることで、
腸内環境の改善がさらに期待できます。


オリゴ糖を多く含んでいる食材としては、
大豆・玉ねぎ・キャベツ・ジャガイモ・アスパラガス・ごぼう
ニンニク・砂糖大根・トウモロコシ・サトウキビ
ヨーグルト・牛乳・母乳
バナナ・りんご・ブドウ・ハチミツ・味噌・醤油・
などがあります。



乳酸菌やビフィズス菌が増えるということは、
便秘の改善に効果がありますが、
お腹がグルグルしたり、柔らかな便になるので摂りすぎにはご注意を!







ワタシタチも大地の中の細菌たちにお世話になっていますよ!