昨日のサッカー

テーマ:
久々すぎるブログ。
なんかブログって気合いを入れて書かないといけないと思って、
なかなか書き出せない感じがしてモヤモヤするけど、あまり構えず脱力して書こうと勝手に
開き直っています。


おもしろくなくても感じたことを書けばよし。
自分の整理のために。


タイトルにも書いたんやけど、昨日のU23、日本対韓国の試合がすばらしかった。
というか、今のU23はドラマチックな試合をしすぎやほんまに。


まずは準決勝のイラク戦でのロスタイムのゴール。
日本人のサッカー好きの脳裏に焼き付いているドーハの悲劇。
ドーハ世代がドーハという地でドーハの悲劇と同じイラク戦でロスタイムにイラクから追加点を取って、勝ち越し。

深夜一時に家でドーハをリアルタイムで見たおっさん(僕)は叫んじゃったわ。

昨日の日本対韓国の試合も
0‐1

0‐2

1‐2

2‐2

3‐2

ドラマチックすぎる。
世界大会で全く勝てなかったこの世代が気づいたらアジアの頂点に。
これもドラマチックやで。

監督の手倉森さんすごいなぁ。一度話聞いてみたい。
自分たちの実力を見極めた上でどう勝つかを徹底して実践している。
手倉森監督も選手も外からいろいろ言われて、悔しかっただろうなぁ。

仕事も一緒なわけで、
お金がないとか人がいないとかノウハウがないとか、
ないものねだりもしても仕方なく、
結局は自分がもっているものでどう勝つかを自分たちで考えて、
決めたことをやっていくしかない。

U23にとても元気をもらったいい週末になりました。

ブラジルの人~聞こえますか~
ドラマチックな日本代表がもうすぐ行きますよ~
※サバンナ八木を想像しながらお願いします

【これはひどい】手倉森リオ五輪代表監督 ダジャレ傑作選 #daihyo【サッカー】
http://matome.naver.jp/odai/2140780689002461701




AD