~エピローグ~

テーマ:



およそ3カ月後




漠では08年度が卒業した後、

およそ一カ月の拵えによる新歓公演「CRIMERS」は無事終了した。

フレッシュな一年生が10名近くも入部し、

現在はお披露目公演ともなる「ナツヤスミ語辞典」の製作に取り掛かっているのだった。

その一方で――




当局はとある要注意人物の身柄を東京学芸大学構内で確保することに成功した。












$劇団漠2008年度生卒業公演ブログ





SATSUKIの脚演を担った、
関谷和也、その人である。

事件は今年6月某日、「シガク会大会」において関谷氏が「ワーキング・グループ」の報告発表に報告者として出席していたところを、たまたま居合わせた当局局員が声をかけ関谷氏本人であることを確認、身柄確保へと乗り切った。



$劇団漠2008年度生卒業公演ブログ

△身柄確保直前の写真。漠を既に卒業しているとはいえど、装置・小道具・客席をこなしてきたその腕力は衰えておらず、身柄確保は困難を究めた。





当局の調べによると関谷氏は当学大学院に「入院」後、この「シガク会」の「ワーキング・グループ」なる現地の研究活動強制サイクルに組み込まれ、およそ3カ月もの間研究活動に貢献していた模様。
漠内でも目撃情報が多発しており、「学内を風間の服装で歩き回っていた」「北側講義棟4階でトイレに入っていく姿を見かけた」などという証言があるが信憑性に欠けるものが多く、一部の証言を除いて、それは関谷氏ではなく関谷氏の生霊だったのではないかとの見方が強い。

また当局では、去年の1月20日近辺にも類似性の高い事件(『卒業論文=修羅の道』)に関谷氏が巻き込まれていたことを確認しており、東京地険に事態の究明を急がせている次第だ。
しかし一方で、東京地険は関谷氏がSATSUKIによって多くの漠部員を長期に渡って拘束していた疑いが強いとして、近日家宅捜査及び任意同行のもと連行し事情聴取を行う予定。


身柄が確保された後の会見で関谷氏は、時代考証で有名なО石教授や昨年退官を惜しまれたK村教授にM淵教授、ソウル大学のK島教授らの見守る中、見事「ひとりじゃないの/天地真理」の1フレーズを歌いあげ、拍手喝采の沸き起こる中会場を後にした。


$劇団漠2008年度生卒業公演ブログ

△学生部ゼミ長として出席していたうっちょとの一枚。鬼門とのうわさ名高いワーキング報告終了後、そのほっこりとした笑顔は「解放感」そのものであった。




――――記述はここまで、上の報告を作成した局員は報告の2日後、謎の失踪を遂げている。



私としては、是非誰かにこの事件の真相を暴いて欲しい。この事件とそれに関わる全貌を。

この鉢合わせに事件性は無かったのか?なぜまた修羅の道は再版されたのか。
関谷氏の「入院」とは何を意味するのか?なぜ新学期になってからの方がひのきさんとのエンカウント率が高いのか?逆に岡田さんと一切遭遇しないのは何故か?
謎は深まるばかりだ。



<おわびに>
脚色が多くってすいません。でも歌ったのは本当ですよね。
後輩として誇らしかったです。
せきさん、本当にお疲れ様でした。
歴史資料の大切さを改めて考えるよい機会になりました。
漠に残る歴史資料は長く保全していこうと思いました。


<さいごに>
もう使われないと思って遊んじゃいました。ごめんなさい。
※申請があり次第、ちゃんと消します。

またみなさん揃って飲みにでも行けたら―――


$劇団漠2008年度生卒業公演ブログ




エピローグ『―――帝都の闇に融けてゆく』
















AD

これにて

テーマ:
昨日、コワシが終わった。

結局終了時間よりも2時間遅れて終わった。
1月の終わりからサ棟は24時に施錠されてしまう。早く出なければ。

三日月を挟む2つの明るい星はなんだろうか。もう4月と言うのに寒い。

日付は3月28日になった。

自転車が見つからない。明日早い人は帰ってしまった。

どう言っていいかわからなかったから、別れる時は「お疲れ」といった。


ぷつりと途切れたようだった。「カットアウト」。暗転。


いたたまれなさに国分寺の駅の方に出かけた。離れていく人はこの駅から電車に乗るのだろう。
ここも駄目だ。

嗚呼、私はほとほと情けない。やけ食いとアルコールに走った。

ガサゴソと鳴るビニール袋。そう言えば何時だ?

上着に手を突っ込んだその時、痛みが走った。何かと思えば38のビス。右側にはそのほかにベニ釘とバインド。左側には小道具の破片。

なんじゃこりゃ。ビスケットにはほど遠い。一応叩いてみたらじゃらじゃら鳴る。面白い。

なんだ詰まってるじゃないか。


ありがとう。みんな。                      

ばいばい。

おつかれ。

またね。
                             えんしゅつ。


AD

全イベント終了!

テーマ:
4年とぅです。

ご来場下さった皆様、本当にありがとうございました。

最後の公演を沢山の方に見送ってもらえて楽しかったです!

最後の公演なので、私はとにもかくにも、全力で楽しんでいる姿を見せて終わりたかったです。そして、その楽しさがちょっとでも伝染したら…なによりです。



昨日は、コワシ(舞台セットを木片にする)&部室掃除でした!

それも無事(だいぶ延びたケド;)終わり、これで08年度生卒業公演「帝都一夜奇譚 SATSUKI」のイベント(やらなきゃならない事)は全部ぜーーんぶ終わりです!
皆様お疲れ様でしたっ(`∀´)


大楽後には、前にハリーが書いている、追いコンがありました!めっちゃ楽しかった♪(^O^)

一年生&すみよしお母さんの料理はめちゃ上手だったし
(お母さんの大量おにぎり。想像通り料理上手なニモコロッケとかなちゃんサンドイッチ。意外と(?)料理上手男子と判明したようこうの手包み餃子。ソルジャーの戦場ティラミス!ケーキまで鍛えてしまうなんてww)

二年生は会場準備やプレゼント、とてもうれしかったし
(私は歌のプレゼントとか人生で初めてされました!照。てぺはよくイベントの司会をするなぁとww)

三年生は卒公本番のあのくそ忙しい中、出しものをしっかりつくってきました!
去年の出しものに自信のある私が悔しくなるレベルに良かったです←
卒部証書、ほんとーにありがと!


私は最後まで後輩や同学年、先輩に迷惑をかけまくり、
自分勝手に楽しく終われました。
もぅ本当にごめんなさい!!!


うちの代は何やらかんやらでまだまだ何人かいそうですがww

これからの劇団漠をよろしくお願いします。

新入生の皆様、濃くて夢中になれる大学4年間を過ごしたいとお思いなら
「劇団漠」をのぞいてみて下さい。
皆ちょっぴり人見知りで、ネジがちょっぴり抜けた愉快な方々が出迎えてくれるはずです!!

私の場合は、大学で色々とやれましたが
うーん。やっぱベースは漠でした。
なんだかんだありましたが、今となってはみんな楽しい(?)思い出です。

ぜひ、見学に来てください♪

ではでは!さようなら。誰か締めてくれるさww(´∀`*)

AD

漠卒業

テーマ:
こんにちは。
そしてさようなら。
どうも、ハリーこと上條織会です。

今、打ち上げです。
後輩たちが追いコンを企画してくれました!
わーい!

ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました!
このブログは使われなくなるのでしょうが、卒業公演の軌跡として残りますかね。

我々はこれで卒業です!
寂しいです!


でもとりあえず今は楽しみ尽くします!

それでは!

卒業!

テーマ:
卒業式でした!

袴じゃ!
化粧じゃ!
謝恩会のドレスじゃ!

舞台以外で「衣装(晴れ着)」を着る機会があんまりないですから、自分も楽しいし女の子見るのも楽しいです。

ウハウハです!

着替えは面倒だけど、一生に一度の機会ですからね。
こんなときは楽しんでおきましょう。

って言いながら、今朝は寝坊して予約していた袴の着付けに2時間遅れたんですけどね!



明日からまた本番だなんて!
1日だけ女の子に戻った大久保ことハリーでした。