もっさん

中央競馬、地方競馬の軸馬を公開していきます!!


テーマ:

皆さん、お疲れ様です。3着以内の軸馬ですm(__)m



今回はですね、予てからあった質問にお答えしていこうかなと思いますので最後までお付き合いくださいm(__)m



今回は、短距離馬と長距離馬の見分け方についてです。



短距離馬と長距離馬の見分け方は大雑把にわけて二つあると考えていて、まず一つ目は普通に血統で見分けるという方法。



ただ、ただですね。血統だと予想外な馬が長距離で走ったり、予想外なところで短距離で走ったりしますよね?



だから、基本的に血統だけで判断するのは止めたほうが良いと思う!というのが私の個人的な考え方です。




そこで推奨したいのが、馬体です




馬体での短距離馬と長距離馬の見分け方を今からお伝えするので、しっかりと頭に入れるようにしてくださいね!



まず、人に例えてみると分かりやすいです。



(長距離選手)




長距離選手はみんな細いですよね?





これは無駄な筋肉がついていたら走りにくいのと、長距離は別に太い筋肉がいらないから細いのです。





では短距離選手はどうでしょうか?




(短距離選手)



 



はい、これは言わずと知れたウサインボルト選手ですが、見ての通りですね!






筋肉もりもり。これは、短距離選手だからです。理由はそれだけ。






短距離選手は瞬時にエネルギーを爆発させなくてはならないので、こういったもりもりの筋肉が必要だと言われています。






もちろんボルト選手だけではありません。短距離選手の殆どがこういった筋肉をしています。






では馬ではどうでしょうか? 問題はそこですよね?下記の画像を見てください。




(長距離馬)


 


簡単にひらたく言うと、これが長距離馬の馬体。





赤い線で書いている首筋がありますよね?筋が長いのは長距離向きだと言われていて、人間の長距離向きと同じく筋肉があまりありません。





簡単に言うと細身の馬体なんです。






では短距離馬はどうかというと、、、






(短距離馬)


 



はい、これが短距離馬の馬体です。先ほどの長距離馬の馬体と全然違いますね?





まず首筋の太さが違います。先ほどの長距離馬の首筋と比べて、こちらの短距離馬のほうが太く見えますよね?これが短距離馬の特徴の一つです。





そして赤い〇で囲んだ個所があるかと思いますが、ここは人間でいう胸筋?部分だと思うのですが、短距離馬はここの筋肉が非常に発達していると言われていて、モッコリとしている事が殆どです。






こんな風にして、短距離馬と長距離馬は見分けます。






まあ他にも色々とあるのですが、これ以上見ても馬券には別に役立たないのでここまでにしておきます。







参考にしてもらえれば幸いですm(__)m

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

3着以内の軸馬を公開さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「ブログ」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。