子供のころ、何度も読み返した絵本のタイトル教えて ブログネタ:
子供のころ、何度も読み返した絵本のタイトル教えて
…参加中

ありません…というのも
お答えになりますよね?私の母は、
なかなか、トンチが利いた人でね。

私が本が欲しい…って言ったら
字が沢山あるヤツを買ってきてね~。
(いわゆる、普通の本?(;^_^A)

なので、私が、絵本で持っていたのは…。

チビクロひるね/森 まりも



¥1,365

Amazon.co.jp



ちびくろサンボとピノキオ―差別と表現・教育の自由/杉尾 敏明



¥2,940

Amazon.co.jp




ほら、あの、サンボという小さな少年?幼児?
…が、虎に襲われて…。帽子ジャケット
ズボン
…を取られて、どんどんストリップしてく話。

最終的に、サンボくんの服を奪った虎たちが
ヤシの木の前でバッタリ会って…。
別の虎が持ってるモノが欲しくなった虎達が
ヤシの木の周りをぐるぐる回って、
バターになっちゃって…。

サンボママが、そのバターで
ホットケーキを焼いて、美味しかったね
…って感じの話。

なんか、人種差別だからと、
発禁になったみたいだけどね。

はっ!!┐( ̄▽ ̄)┌ 虎がヤシの木の周りをぐるぐる回っても、バターにはならないよ
…と、メチャクチャ冷めた子だったけどね。
あれしかなかったと思う。
安いからって文庫本買ってくるし。
せめて、新刊サイズにして欲しいナ、
文字、小さいと読みにくいんだから…。(´・ω・`)

ハイジ (上) (岩波少年文庫 (106))/ヨハンナ・シュピリ



¥756

Amazon.co.jp



ハイジ〈下〉 (福音館文庫)/J. シュピーリ



¥630

Amazon.co.jp



アルプスの少女ハイジ (徳間アニメ絵本)/ヨハンナ スピリ






¥1,680

Amazon.co.jp


赤毛のアン (新装版) (講談社青い鳥文庫)/L.M. モンゴメリ



¥693

Amazon.co.jp



赤毛のアン (徳間アニメ絵本)/ルーシー・モード・モンゴメリ



¥1,680

Amazon.co.jp



こんにちはアン〈上〉 (新潮文庫)/バッジ ウィルソン



¥620

Amazon.co.jp



こんにちはアン〈下〉 (新潮文庫)/バッジ ウィルソン



¥620

Amazon.co.jp



私の場合は、絵本ではなく、テレビアニメで
アルプスの少女ハイジ
赤毛のアン…というルートを
歩いたタイプです。

赤毛のアンは、どこの出版社が出すかで
微妙に、刊数が違うみたいだけど…。
学校の図書室で置いてあった、愛蔵版で言えば、
7巻の『虹の谷のアン』までは、
読んだなぁ…。
個人的な意見だけど、やっぱり、
子供時代が可愛いですよ。
赤毛のアンアンの青春
アンの愛情くらいまで…。

今読めば、大人になってからのアン
娘(リラ)が生まれてからのアンにも、
共感出来るのかな?
久しぶりに読んでみたい気も…(^m^)


みんなが一般に『赤毛のアン
…と呼んでいるのは、アンの少女時代を描いた
Anne of Green Gables
(グリーンゲーブルスのアン)』

…んで、妙にロリロリの
アン
をスキンに
使ってるんですが、コレ、
世界名作劇場の第26シリーズ
こんにちは、アン
(原題:Before Green Gables
↑ ↑ ↑
グリーンゲーブルス以前)

赤毛のアン(Anne of Green Gables)で、
カナダのプリンスエドワード島の
グリーンゲーブルスの町へ、
マシュウとマイラ兄妹の元へ、
養子にもらわれるまでの話。

世界名作劇場の書きおろしっぽい
雰囲気がありますが、
カナダの女流作家バッジ・ウィルソン
書いたものらしいです
(ちなみに、赤毛のアンは、
ルーシー・モード・モンゴメリー)

グリーンゲーブルスの豆知識ですが、以前
緑色の切妻屋根
という話を聞いた事があるんですよ。

どうも、化け猫の勘違いで、単なる、
町の名前だったみたいですけど。

ただ、赤毛のアンに、確かに
緑色の切妻屋根の描写は出てきて…。


まっ、写真を拾ってきたので、
現物を見て下さい。

実際にプリンス・エドワード島にある
お家で、モンゴメリーもこの家をイメージして
赤毛のアンを描いたと言われてるみたいです
そうそう、こんな感じの家、世界名作劇場の、
赤毛のアンで見た覚え、ある(≡^∇^≡)…

新ウォーリーのふしぎなたび (新ウォーリーのえほん)/マーティン ハンドフォード



¥1,365

Amazon.co.jp



ウォーリーのゆめのくにだいぼうけん!/マーティン ハンドフォード



¥1,365

Amazon.co.jp



ポケット判 ウォーリーのゆめのくにだいぼうけん!/マーティン ハンドフォード



¥714

Amazon.co.jp



余談ですが
絵本じゃないかも知りませんが
ウォーリーを探せ…は
何巻か持ってました。

頭の体操にでも…と思っていたんだけど
化け猫って、超☆目ざとくて
…あれは、高い買い物だった。

…まぁ、ウォーリーを探す早さで、
私に勝てる人は、知人の中にはいませんね
(大体、知人は一回問題を解いておいて、
大体の位置を把握しておく…というハンデが
あって、やっと化け猫と五分五分です。

化け猫が答えを知ってたら、絶対に勝てません)

…抽象的で分かりにくいか…。


要するに、化け猫って
15秒もあれば、ウォーリーを探し出すの

15秒以内に、ウォーリー
探せなかったら、あなたの負けですよ

…って話。

一回、見た問題だったら、まぁ、かかっても
5秒でしょうね
一度ウォーリー見つけちゃったら
位置を記憶しちゃうのね、化け猫って。
便利なような…こういう時には
不便なような…。

あの本、結構高いんだけど、
頭の体操にも何にもならなかった事を
追記しておきます。

向き不向きがあるみたいで(;^_^A)

ペタしてね
AD