戦火の馬

テーマ:
ええ、今更ですよ。


息子その2が借りてきたのを斜め見しました。



泣き所はたくさんございました。


馬が走ってるだけで泣けるあたくしですからね(笑)
美しい馬が登場するだけで、よろしいかと(笑)


内容は、






お金かかった、ゴージャスな『黒馬物語ブラックビューティー』でございました。
馬の毛色が違うだけ、
命の危険度が違いますけども。




どっちの映画を好むかは、
どちらの映画を先に見たかによるんじゃないかしら。


あたくし、
黒鹿毛青鹿毛青毛の馬が大好きなんです。
(それにしては大好き競走馬は栗毛が中心、おや?)

ブラックビューティーをなぞった戦争映画だと思った時点で、
あたくしの結論は出ました。



大きい画面向きの映画ですから、
大きめのモニターお持ちでしたら、御覧になってはいかがでしょう。

外れの映画じゃあないと思います。
AD

ホビット 観てきた。

テーマ:
3Dは吹き替え版しか上映されてなかったので、2D字幕版で。



系列の従業員割引利用期間が過ぎる前になんとか観に行けてよかったわ~。



長かったけど、戦いばっかりだけど、
退屈じゃないし、
飽きることもない。

それから
不覚にも涙がポロリ。

理由が、まあその、何だ、
山の下の王の死に顔が、愛猫のぐーちゃんの死に顔に似てて、ぐーちゃんを思い出してしまったんだな。
ぐーちゃん、洋猫顔だし、強面だったんで、
おーけんしーるど似かも(笑)



いやいや、そういう事だけの感想じゃなく。




オークとか日中に活動出来るんだっけ?
太陽光にさえ当たらなければいいってことなの?
そこに引っかかったまま鑑賞してるんで、
どうにも消化不良です。

日の高い内に偵察すべきだと思ったりね~。


エルフ王は、動いているのを見て、
綺麗だと思いましたです。
ガラ様、最強だし(笑)



あん時トドメを刺しときゃ、ゴンドールがボロボロにならなかったのにとも思いますが、
それでは物語は続かない。



ともあれ、大きい画面で観るべき映画です。

行ったのは平日の夕刻ですが、
全然観客が少なくて意外でした。
あれれ!?


ダークナイトライジング

テーマ:

観てきてました。



避暑を兼ねて(苦笑)、映画館に行ってきました。




さて、ですよ。

上映時間は長く感じませんでしたが、中だるみはありました。

要らないストーリーはないけれど、中だるみはある。


ホントの敵は誰か、が鍵です。

コイツなんかあるな?!は当たりでした。


ダークナイトもビギンズも観ておく方が、ストーリー展開やキャラの把握には役立ちます。



なんかすごい盛りだくさんかもよ。

背骨骨折とかさ、娘登場とかさ、コミックでのお話があるコト知ってるとちょい楽しめます。

アメコミは、あたくしバッツ贔屓だからねぇ。

ほかのキャラより、好き。

それが、大前提ですわ。



ノーラン版バットマンは、これにて退場でしょう。

多分。

あれでしか退場できないかも?というような終わり方でした。

物凄く突っ込める爆発があります。

そこ、ツッコンでしまうとストーリー成り立ちませんし、終われませんから(笑)

許してあげましょう。



ヒース・レジャーのジョーカーだけが評価の一人歩きした感がある「ダークナイト」と、

今回のライジング。

俳優のアンサンブルは、今回のほうがいいかなぁ?


涙、ぽろぽろシーンがございますよ。




執事は、若いにーやんが「お帰りなさいませ」というより、

渋いマイケル・ケインが「ブルースさま」と言う方が、

めっちゃときめく。

若いのは、まだ執事までランクあがれてへんもんな。




何度か観たい映画ですが、

どうなりますやら。

1回でも観ておけて、よかったよかった、ですよ。




今頃ですが、戦国自衛隊

テーマ:

レンタルDVD利用でございます。


千葉真一ではなく、江口洋介主演の、

「戦国自衛隊1549」です。



評価がイマイチなので、観るのを渋っておりましたよ。


観た感想は、

リメイクが旧作を凌駕するのは難しい、そんな1作です。


ほんとに、

いつかは観ようと思ってたのは事実です。

面白くないという評価だったので、

二の足を踏んでいただけ。


カズキのファンになって、この作品にも出演してたことを知ったわけで、

それでも、評価を気にして観ていなかった、と。

感想以外で、

で、気付いたこと。


あたくし、カズキのちょんまげ姿大好きのようです。

所作が、ぱきぱきしてて、張りがあって、

釘付け状態で観ておりました。


あ、ここにいる~~とか、

ここにいた~~とか、

内心キャーキャー言いながらね、観てるのよ(笑)





旧作の戦国自衛隊も、辻褄が合わなくて、

考えると混乱しますが、

「1549」はそれ以上です(笑)

全然解決してない!と、突っ込みまくり(笑)

時間軸をいじるストーリーは無理が生じますねぇ。


突っ込みどころが多いのが、面白いというか、

ということで、


あたくし、結構平気です。



ゴジラシリーズやら、ガメラシリーズやら、

そういうの全然楽しく観れるから。


嫌いじゃないのよね。

自衛隊協力映画はね~~。




破天荒で、いいやん。

そういう映画で、一括りしちゃいましょう(笑)

戦国自衛隊1549 廉価(期間限定) [DVD]/江口洋介,鈴木京香,北村一輝
¥2,793
Amazon.co.jp


戦国自衛隊 関ヶ原の戦い [DVD]/反町隆史,渡部篤郎,藤原竜也
¥6,090
Amazon.co.jp


戦国自衛隊 デジタル・リマスター版 [DVD]/千葉真一,夏八木勲,真田広之
¥2,940
Amazon.co.jp












パイレーツ・オブ・カリビアン

テーマ:

3Dで観てきました。



あーーーーー、面白かったですよーーーー。




エンターテイメントでした。




3D眼鏡かけるのが、邪魔でしてね。

眼鏡オン眼鏡はウザイです。



観てる最中、でかいびんぼーゆすりだな~と思ったら、

和歌山での地べたが貧乏ゆすり起こしてました・・(大汗)



さて、映画ですが、

大きな画面で観る作品であるのは、相変わらずです。

面白いかどうかは、個人にまかせます。

前シリーズと比べて、です。

音楽は、基本変わらず、です。

スパニッシュ風味加味してくださってます。



人魚さんたちが、

水の中の吸血鬼みたいだ、と思いましたよ。


ま、いんじゃない?!