テーマ:
ばけばけ日記(ヤヌス日本支部)-CA3F1016.jpg

那智の滝です。
飛滝神社に来ました。


土砂災害の爪痕が大きいんですね。



で、不届き者が登ったという御滝。
御神体だと知らなかったと言ってましたが、あれって、
自分は物事を知らない大馬鹿者ですと宣言したようなものですね~。


青巌渡寺には行きませんでした。
駐車場から、めっちゃ遠くて、挫折しました(^_^;)


石段が効いた。

年頭に階段落ちしてから、ゆっくり降りる様にしてまして、余計にね。


宿泊先は勝浦です。
景勝、最高(*^o^*)
楽しみます。
AD

近況

テーマ:

経由先で、ちびにゃんは元気にしているそうです。


先住猫とバトルして、勝利する気の強いにゃんでございますが、

現在は仲良くしているそうですよ。

運動量も上下関係なく、走り回っているらしいし。


あまり捕まらせないくせに、側にそっと寄り添うとか。



かわいいんだって。




あとは噛み癖があるみたいなので、

それの躾ですね。




ちびにゃんの受け入れ方って、猫の個性がでるんだなぁと、

実感します。

ごんちゃんは、特別なタイプだったんだな~~と。

武丸もちびにゃんも、ごんちゃんにはわりと最初ッから甘えていった。

すりすりのべたべたでした。

ぐーちゃんに対しては、これまた一目置いている状態で、

甘えにも行かずシャーとも言わず、でしたもの。

で、他の猫にはシャーシャーでした。


ごんちゃん、ありがとうだったよ。




そのごんちゃん、どうも目が悪くなっているみたいです。


生活に特に支障ありません。


階段の上り下りがしんどいのは、人間も同じですわ。

ゆっくりでいいんだけど、

足をおろす先々に歩くのはやめてほしいですねぇ。


高校野球開幕して

テーマ:

選手権大会の開会式を録画したのは初めてですわ(笑)


オリンピックの開会式は録画しますがね、

たまに冗長的でしょ。




で、開会式の後の試合も続いて録画されておりまして、

世間はオリンピックというのに、

夜には高校野球の試合を見ておったのです。昨晩。


で、気付いたこと。



2塁ランナーが外野へのヒットで3塁を躊躇せずに回ってるんです。

外野手の肩があまり強くないと判断してるんですよね。


相手チームの外野手の肩なんて、いつ判断するのか。





今年、県大会を母校の応援で見に行ったんです。

試合前の守備練習から見るのは、じつは初めてです。

ノッカーの先生方の上手さとか、そういうの楽しく見てましたが、

外野手の肩の強さを相手チームにアピールする場なんですね。

ホームまで、内野の中継なして返球する。

これが、外野手全員やると、

このチームは2塁から、1ヒットでホームに帰るのは難しいから、

ランナーは3塁でストップする、牽制になるんです。


当たり前のことですけど、

見てみないとわからないことでした。



そうそう、某阪神タイガースからの指名拒否はしておいたほうがいいと思います、

高校生諸君。

あそこは辛抱して使ってくれることはありません。


ヤングオールスターで活躍しても、ぜーーーーーーんぜん使わないでしょ。


選手名グッズの売り上げが多い選手を使いたいのよ。

商売人だから。

グッズが売れ残るの、心配だものねぇ。

不良在庫持つの避けたいの。


ウチが某選手の悪口書くと、成績上がるので、むかつくんで、

今まで書かずにいたんだけど(笑)、

ホンマに足の速い子は、塁上にいるだけで速い雰囲気もっているんだよねぇ、

ヤツはソフトボールルールで塁にいるのかと思うくらい走りそうに無いよね。

まぁ、びっくりしたのは、盗塁を阻止するためのキャッチャーからの送球を受けなかった時。

ほぼストライクな送球にもかかわらす、実況は「あー、ボールが逸れたーーー」と言っておりました。

グラブにボールが届く前に、走者にタッチにいってました。

自分のグラブがある、ここにボールが入るはず、と、見当たりキャッチをするんです。


人のため、人のためと連呼する人は、

本心からはそう思っていないと、あたくしは考えています。

自分に言い聞かせねばならないほど、実は全く人のためには動かないからです。


なんか、ボロクソに書きました。


仲良しグループの仲間内で楽しく野球してる阪神タイガースの姿勢がきらいなだけです。

選手は首脳陣の言うことを聞きません。

選手たちは、マスコミとファンの2大モンスターペアレンツに守られた甘えっこに成り下がっています。

ほんと、嫌だわ。



で、阪神タイガースはいつから、選手を育てることを止めたんだろう。

もうさ、他球団にお金だして、育成してもらったらと思うわ。

育成したのは、暗黒時代といわれた野村監督のころ。

それから、星野時代にその芽が育ち、

何もしなかった時代が続く。

加齢による劣化があるのに、昨年より良い成績が残せると、

なぜ思えたのでしょう。


どうせなら、がんばれ、最下位だよ。





ダークナイトライジング

テーマ:

観てきてました。



避暑を兼ねて(苦笑)、映画館に行ってきました。




さて、ですよ。

上映時間は長く感じませんでしたが、中だるみはありました。

要らないストーリーはないけれど、中だるみはある。


ホントの敵は誰か、が鍵です。

コイツなんかあるな?!は当たりでした。


ダークナイトもビギンズも観ておく方が、ストーリー展開やキャラの把握には役立ちます。



なんかすごい盛りだくさんかもよ。

背骨骨折とかさ、娘登場とかさ、コミックでのお話があるコト知ってるとちょい楽しめます。

アメコミは、あたくしバッツ贔屓だからねぇ。

ほかのキャラより、好き。

それが、大前提ですわ。



ノーラン版バットマンは、これにて退場でしょう。

多分。

あれでしか退場できないかも?というような終わり方でした。

物凄く突っ込める爆発があります。

そこ、ツッコンでしまうとストーリー成り立ちませんし、終われませんから(笑)

許してあげましょう。



ヒース・レジャーのジョーカーだけが評価の一人歩きした感がある「ダークナイト」と、

今回のライジング。

俳優のアンサンブルは、今回のほうがいいかなぁ?


涙、ぽろぽろシーンがございますよ。




執事は、若いにーやんが「お帰りなさいませ」というより、

渋いマイケル・ケインが「ブルースさま」と言う方が、

めっちゃときめく。

若いのは、まだ執事までランクあがれてへんもんな。




何度か観たい映画ですが、

どうなりますやら。

1回でも観ておけて、よかったよかった、ですよ。