さぼりすぎ

テーマ:

コメント返しもしないで、ごめんなさい。





武丸は元気です。


先日、店の敷地内で、武丸の兄弟らしい子猫を見かけました。

見かけるというより、遭遇。

1~2メートル先に、白黒はちわれの子猫がいる。


汚れもなく綺麗な状態で、もしかして飼われてる?と思えるほど。

でも飼い猫だったら、こんなところにいるとは思えないし、

立派に生きているのかも?



声をかけてみましたが、

姿勢を低くされて、逃げていかれました。


店の敷地内には、荷受場の裏主任と呼ばれているニャンコもいるそうで、

その仲間に入れてもらっているのかもしれません。




長男が、敷地内にいる野良猫をじっと見ている姿を

他の従業員さんに見られてて、

今回の武丸保護に繋がりました。

どこに縁が繋がっているかわかりませんねぇ。



武丸には気まぐれに、ベタベタに甘えてこられまして、

オバサンはめろめろよーー(笑)

下僕な日々。

テーマ:

日に日に、こねこの武丸の下僕になりつつあります。


抱け~と鳴かれて、いそいそ抱っこ。

撫でろ~と鳴かれて、なでなで。

撫で方が足りない、または甘い、と鳴かれて、

噛まれる。


そういう状態。




あたくしのタオルケットが気に入ったようで、

それに吸い付いて、ちゅっちゅ踏み踏みしてます。

母猫に早々に引き離されたんだね。

おじいにゃんずは、ここまでちゅっちゅ踏み踏みは激しくないから。




今朝、おじいにゃんのでかい方「ぐーちゃん」がいつものように

あたくしの側で寝ておりまして、

武丸もその近くで添うように寝ておりました。

くっついてはいないのね。



おじいにゃんたちは優しい。

真剣にシャーシャー怒ってるようだけど、

手加減してるというか、

気づかっている。特に、ごんちゃん。

ぐーちゃんは自分がお坊ちゃんで育ったので、世話するのは苦手っぽい(笑)

ごんちゃんは、そっけなくしてるけど、

ほとんど側にいるもの。

武丸がついてこなかったら、後ろを振り返ったり。

武もよく分かっているようで、

ごんちゃんにいくらうっとおしがられても付いて行く。

かわいいよ、この子達。

白地に色違いな柄だから、親子に見えなくもない。


ごんちゃん、いつもありがとう。




先日、武を保護した店の近くで、捕まえ損ねた

兄弟猫らしきこねこを見かけたそうだ。

ほそっこくて小さくて、後ろ足を怪我していたそうだ。

保護できればいいけれど・・。

保護できても、慣れてくれるまでには日にち掛かるんだろうな。

それでもね。





画像、アップ頑張ります。

猫記事は、画像ほしいよね。