何度観ても

テーマ:
LOTR旅の仲間、アモン・ヘンの場面だけ見返して、さて何度目でしょう?

三桁には到達してませんが、
両手両足分は数えられるかな。




ボロミアが走ってくる姿見て、
号泣。
角笛の音聞いて号泣。


一本目の矢を胸に受けて、号泣。




マイキング、遅いんだよ!と、
また号泣。


泣きっぱなしです。




映画館で、母と子供たちと4人で観て
大泣きしたのでありました。



一生の友人に出会えましたし、特別です。

今も大好きな映画です。





ニュージーランドに行きたいね。
アモン・ヘンのロケ地は私有地で、入ることは出来ないそうですが、
近くに行ってみたいものです。

過酷なロケ地だらけで、
体がついていけなさそうですが(笑)




腐れたこと申せば、
この映画でナマ、半ナマ妄想に目覚めました(笑)
おじさんずの可愛いこと(笑)



声のいい俳優が揃ってたし。
クリストファー・リーさま筆頭に。
ショーン・ビーン、ヒューゴ・ウィービング、ケイト・ブランシェット。



さて、本編再生しつつ、
用事しますかね。
AD

買っちまったよ~♪

テーマ:
大奥 華の乱 のDVDボックス。



うむ。
時代劇好きだね。
でも水戸黄門さんは、何代か前から見なくなったな。
風呂場シーンなんかどうでもいいんだ(笑)



DVDはスペシャル目当てで購入したのです。
柳沢さま~♪


お亡くなりになる場面では涙がポロリと。
この方も死にシーンの多い方で、よく演じてらっしゃいますね。



あたくしのこの年齢までで観た、最高のお亡くなりシーンは、
LOTR旅の仲間でのボロミアが逝去する場面でございます。
あん時は、息止まったなと思いましたもの。
あれを超えるのはなかなか……。




さて、しばらくはDVDを見て過ごすことにします。

意外なことに

テーマ:
人見知りする? ブログネタ:人見知りする? 参加中
本文はここから

人見知り、これがするんですなぁ。
とても見えませんが(笑)


基本、とても人見知りします。

懐っこくみえますが、実際はそうじゃないのですよ。


意識の変革と訓練と経験のたまものでしょうか。
度胸つけなきゃやってられないことがありましたので。



まずは就職を決める時、
どうにもこの性格のままじゃ、一生引っ込んだままだと思ったので、
接客販売業を選んだことですね。

心病みそうになりましたが、持ちこたえました。
図太さが今ほどになる前に、辞めることになりましたが。

それから、
子供を守るのは自分だけだと、思い知った時。
特に赤の他人の男性を頼ってはならないと思いました。

それから、
PTA関連での役員。
二人の子供が中学を卒業するまでやった役員を列挙します。

保育所で、副会長。
小学校で、交通部、コレ下っ端だったけど、
       地域の会合に出席義務あったなぁ。
小学校で、子ども会育成会で、女子部部長。
       これは市の会合に出席義務あり。
中学校で、PTA会長。
       市連合PTA理事兼任した。



人見知りしてては、やっていけない。
ある程度度胸はつく。
ついちゃう。

生徒数が300人強の中学校とはいえ、
なんどか壇上で挨拶もしてりゃ~、度胸つかざるを得ない。
しまいにゃ、「市連合PTAで、劇しましょう」だ。
2~30分でも舞台だ。
その時の活動が評価されて、県から表彰されたって。

今現在の、市連合PTAでも内容を替えて
舞台やってますよ。
他市から呼ばれて舞台披露しているとも聞きますし。


このとき培われたPTA気質とか度胸が、
ついでに根底にある人見知り引込み思案さが、
あの、あの!、あの!!集合写真での不覚につながるのですな!!

ぎゃぁあああああ~。




ということで、
あたくしは人見知りです。

それを前面に出してたら、仕事できないだけなんです。







携帯サイト更新

テーマ:
ばけばけ日記(ヤヌス日本支部)-100328_094658.jpg

携帯サイト 布梨魔屋 更新しました。


設営と販売は任せっきりでありました。




次のイベントは8月を予定しています。
5月と6月は、布梨魔屋メンバーのほとんどが勤務の都合上参加できませんので、期間あきます。



ドールドレスはブライス服の数を増やせるようにしたいものです。

待ち構える現実

テーマ:

夢の余韻は一日持ちませんでした。



くそう・・!

辞めるだろうなと思ってた人が仕事辞める。

予想できてたことだし、

原因はあたくしだろうし(ここら辺は別ブログに書いたので、省略)

明日からのワークスケジュールに、

おのれの精神と体力がついていけるか

不安でありますよ。




仕事片付けてから、帰宅したいんだ。

翌日に残して帰るの、我慢できないんですがね。

残すの、どうやって割り切ろうかしら・・。






ファンイベは楽しゅうございました。


お隣の席のかたとイベント後、食事に行って、

話ししたり。

1回目2回目、と微妙に展開が異なり、

2回参加できてよかったです。



1回目の写真のことで、みた人全員に

「もったいない!!」と指摘されたことだけが心残りであります(笑)

でもね、あたし、このポジションの人間だと思うのよ。

テンションがね。


いいっす、もう。あんまり言わないで(苦笑)



2回目、顔認識されたみたい?!と思えたので、

それで充分。






とこういう余韻に浸りたかったよーー。


昨日の大阪でのイベントで、2回ファンイベ参加して、

なおかつこっちのイベント参加の同志、いらっしゃいました(笑)


自分だけではないのですね。



たまに余韻思い出して、

仕事乗り切ろうとオモイマス。