バカの二つ覚えのブログ

農業から政治経済について、はたまた自分の関心事までブログを綴っております。現在とりわけ興味があるのは天文関係のニュースです。新しい概念が次々と出てきて非常におもしろい。


テーマ:

みなさまこんにちは。最近やたらと太陽光発電パネルを見かけるようになりました。しかし私はこう思うのです。太陽光発電って本当に良いものなのか、と。爆発的に普及しているようにも感じる一方で、先進国の太陽光発電パネルを製造しているメーカーが相次いで破綻しているという話も聞きます。一体何が起きているのか自分なりに考えたいと思います。

 

まず、太陽光発電パネルの問題点をまとめました。

 

1 発電量が既存の発電方法と比べ桁違いに少ないこと

 

2 天候に左右されて発電量が安定しないこと

 

3 補助金を投入しないと事業として成り立たないこと

 

4 広大な敷地を必要とすること

 

5 有害物質を含み処分ができるか不明なこと

 

6 一斉に設置したため同時に耐用年数を迎えること

 

などが思いつきました。はっきり言って太陽光発電なんているのは夢物語だと言わざるを得ません。一つ一つ問題を考察してみます。

 

まず1番について。そもそも日本の電力需要は莫大であり、1世帯をなんとか賄える程度の発電量では話になりません。発電所など行けばわかりますが、100万kw程度の発電量が求められます。しかしメガソーラーなどを見ても1000世帯分とか言う謳い文句ですが、実際には何100万世帯と工場の電力を供給せねばなりません。桁違いに発電量が少なすぎるのでこれは話になりません。1番に持ってきましたが、なぜかというとこれが1番大きな問題だからです。

 

次に2番について。1番について見た後なので、どうでもよい事にもなりますが、発電量が安定しません。ただでさえ発電量が少ないのにおまけに安定しないではどうしようもないです。

 

続いて3番。普通は経済活動というのは補助金を使わずに行うものです。補助金を投入せねば成り立たないような産業は必要ないと私は感じています。他に方法がないのであればわからなくもないですが、火力をはじめ様々な発電方法がある中であえて太陽光発電を選ぶ意味はないでしょう。しかも補助金の財源は税金です。税金をこんなことに使われるのは勘弁願いたいものです。

 

4番目を見ましょう。発電量が少ない上に広大な敷地を必要とするのであれば、もはや有効な発電方法とは言えません。私が危惧しているのは、山肌を切り開いて太陽光発電パネルを敷き詰めていることです。あれは土地の保水力を確実に減少させます。そのため大雨が降れば土砂崩れなどが起きても不思議ではないでしょう。実際すでに起きているという報告も聞いています。またそこに生息していた生物の生存圏を脅かします。環境に優しいという謳い文句は完全に破綻している事を認識すべきです。

 

そして5番。意外と知られていませんが、太陽光発電パネルは多量の有害物質を含みます。最初にも述べた通り、先進国ではメーカーの破綻が相次いでいます。そのため現在は中国製がほとんどです。中国の基準についてはここでは述べませんが、相当緩いです。有害物質であっても平気で使っています。まず含まれている物質としてカドミウムがあります。みなさんご存知のようにイタイイタイ病という公害をかつて引き起こした原因物質です。こんなものを平然と使っているのは如何なものでしょう?他にも砒素を含んでおります。これもみなさまご存知の猛毒物質です。さらにシリコン、これも知られていませんが、毒性があります。このように有害物質を多量に含むため今後処分に困ることが予想されます。

 

最後に6番。5番とかぶる部分もあるのですが、有害物質を大量に含んだパネルが数十年後に一斉に耐用年数を迎えます。その時に処分できるのでしょうか?それこそ処分する上で有害物質が漏れて公害を引き起こす可能性だってあります。太陽光発電パネルは決して環境に優しくないのです。

 

以上のように多数の問題を抱える太陽光発電は即座に中止すべきでしょう。そうしなければいずれ自分たちの身に降りかかってきます。先日火力発電についての記事を書きました。そちらも見ていただけると幸いですが、現在では汚染物質を完全に取り除くことだってできるようになりました。出すのは水蒸気と二酸化炭素のみです。それほどクリーンにエネルギー生産ができるようになったのです。二酸化炭素は温暖化に関係すると言う方もいらっしゃいますが、私はそうは思いません。それよりも砒素やカドミウムなどの有害物質の方がよほど危険でしょう。その上税金を投入せねば成り立たないシステムであれば誰も文句は言えないと思います。その上発電量が少なすぎる。これを進めるのははっきり言って犯罪と変わらないのでは、とも思えます。作るのにだって相当なエネルギーを消費しているでしょう。消費するエネルギーと発電できるエネルギーを天秤にかけてもやってはならないこととはっきりわかるとおもいます。

 

さて、長くなりましたが、私は太陽光発電に断固として反対します。理由は今まで述べた6つ以外にもあるのですが、長くなるのでこの辺にしておきましょう。では今日はこのくらいで。今日もここまで読んでくださった方に感謝です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

バカの二つ覚えさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。