馬の学校☆東関東馬事専門学院の生徒ブログ☆BAJIGAKU/馬事学院

馬の学校を比較すると、東関東馬事専門学院(バジガク)アニマルベジテイション、国際馬事学校、インターアクションホースマンスクール、日高優駿学園など、多数の馬の学校がありますが、ここでは東関東馬事専門学院(バジガク生徒たち)のブログを紹介しています。


テーマ:

初めまして!テッちゃんからバトンを貰い受けました。

専門学院生の副担任を務めている河島です!

学生ブログですが先生です。

でも、元馬の学校の学生です。

今、そして近い将来、私と同じ

馬の仕事に就きたい!

と思って、このブログを読んでくれている

みんなにちょっと、聞いてほしいかな~と思ってます。

 

近藤先生の記事が好評だったとの話も聞いて、

なおのこと書きずら~~~い!笑

拙い文章ではありますがどうぞお付き合い下さいね!

それでは、簡単に自己紹介から。

河島 先生と呼ばれております。

年齢 22歳(もうすぐ23歳になります🌟)

 

さて、私も近藤先生・伊藤先生・鈴木先生と

同じ東関東馬事専門学院の卒業生!

年齢も同じなのですが、

彼女達とは同期ではありません!

 

実は私の方が2年遅く

(20歳の時に)入学してきました。

それでも高卒で入学してきた

同期の子とは仲良しでしたよ~!

 

この学校には高校を卒業して入学してくる人もいれば、

大学を卒業後に入る人、

社会人経験を経て馬を始めようと

入ってくる人と年齢層に幅があります。

もちろん入学理由も人それぞれ。

ただ共通しているのは馬に興味があって、

馬が好きということ!

 

同期との他愛ない雑談、休日に遊びに行ったり、

たまに衝突して不穏な空気が流れたり(笑)

先生から褒められたり、叱られたり、

進路について相談に乗って貰ったり。

無駄なことなんて1つもなかった!

社会人になった今思い返すとそう強く思います。

24 

私も馬が好きで東関東に入学してきましたが、

20歳で入学に至るまで

どんな経緯があったか少しお話ししたいと思います。

 

まず高校生の時、

自分が将来何をしたいのかわからず、

ただ何となく学校生活を送っていました。

進路についてもパッとせず、大学に行くのか?

働くのか?じゃあどこで働くの?就職活動は?

正直お先真っ暗でした。

 

何よりも

自分で自分の将来を「考える」ということから

逃げていたんだと思います。

なりたいものも見つからず・・・・・・

ただ何となく大学に行くのはお金の無駄と思い

浪人することを選びましたが、

家にこもって勉強するうちに

段々外に出ることが減り

俗に世間で言う「引きこもり」状態に…。(゜д゜;)

 

外に出たいのに出られない。

自分自身を変えたいのにその一歩が踏み出せない。

八方塞がりで、ただただ過ぎていく毎日に

焦りを感じながら何も出来ない日々が続きました。

そんな私を変えるキッカケになったのが

何気なくつけたテレビで放送していた競馬レース!

12

「2012年12月23日有馬記念でした。」

たまたま点けたテレビ画面には

兎に角沢山の人。

人。人!!!

ターフに映る馬の映像を見て初めて、

それが競馬中継だと理解したのと

同時にこんなにも多くの人が観戦しに来る

競馬って何なのだろう?と興味が湧きました。

 

そして、そこで優勝した馬の走りに衝撃を受けて

「馬」という生き物を知りたい!

勉強したい!

と思い、馬の道を目指すことを決心しました。

…と、改めて文字に起こしてみると

凄く単純というか(笑)

 

「え?!そんな理由で?」と

思われる方もいらっしゃるかもしれません((+_+))

(実際に言われたこともあります( ̄▽ ̄))

きっかけはひょんなことからでしたが、

この偶然の出来事が私の人生を変えてくれました。

 

入学してからはそれまでの生活も、

見える景色も180°

変わる目まぐるしい日々の連続!

乗用馬に乗ってレッスンを受けたり

(この写真は入学して3か月くらい!駈歩したら落馬の連続でした。

私、本当に乗れなかった!笑)

 

仔馬の馴致に携わったり!

下の写真はバジガクレッセント1歳の頃!

この時はたてがみがモヒカンでした~懐かしい(*´▽`*)

彼女(クレッセント)も紆余曲折の馬生を過ごし

現在は乗用馬として活躍中!

担当者ナナちゃんの愛馬なんですよ~

2年も経つとたてがみもすっかり伸びました。

 

他にも!競走馬の管理もさせて頂きました(*’▽’)

東関東初の現役競走馬エレガンテ号!

現在も馬事学院の最高齢競走馬として

船橋競馬で現役活躍中です^^

こちらも現役競走馬のラクルース!

走路で走ったり走られたり?笑

 

他にもご紹介したいことは沢山あるのですが、

このへんで区切らせて下さい((+_+))

この学校に来て沢山の人に出会い、

沢山の馬に出会いました。

 

その中で感じたことは

何かを始めるのに遅すぎることはない!

ということ!

興味があったら何事も

チャレンジしてみて良いと思います。

大事なのはその第一歩を踏み出せるかどうか。

 

ただ馬が好きで馬に携わる仕事がしたい

という気持ちだけで入学してきましたが、

でも、

今人に教える立場になって実感することは

何よりも、その「したい」「やりたい」「なりたい」

という本人の思いや気持ちこそが

チャレンジするにも、努力するにも、

耐えるにも、ゲットするにも

必要不可欠な素材ってことです!!

私が歩き始めた新しい道には

想像以上に馬の業種は多く、学ぶことも沢山!

11

馬について本格的に学ぶ場を

提供してくれたこの学校には感謝しています。

大切な母校でもあり、今の私の職場でもあります。

そしてもう一つ!実感してるからこそ

みんなに言えること。

悩むときはじっくり悩んでいいということ!

誰しもが何かしらの壁にぶつかる時があると思います。

そうした時に立ち止まってもいいから

その壁から目を背けないで欲しいです。 

問題と向き合わずにいたら

痛い思いをした私の経験論ですが(;^ω^)笑

 

解決に向かって「考える」こと、「行動」すること。

馬業界にいってもそうでなくても

必要になってくることなのかな、なんて思います。

 

最後に!

私が人間としてへこたれていた時期に

向き合い続けてくれて、

考える時間を与え続けてくれた両親。

生徒時代に毎日の学校生活を

共にしてくれた同期達。先生方。

出会った全ての馬たち。

 

そして今専門学院生・高等学院生として

活動している生徒諸君。

私と関わってくれた全ての人と馬に感謝です!!!

 

 自分が生きる中での物事や人々に

自然と感謝の気持ちが持てるようになるものなんですね。

私も、大人の階段を上り始められたということなでしょうy。

 

今、ブログを読んで昔の私のように悩んだり

すっきりしていない若い人たち

きっかけは、何であろうと出会う事始める事

閉めてしまっている扉や世界も開き

階段をのぼり始めることができるんですよ。

同い年でありながら

立派な「先生」として沢山のことを教えてくれた20歳先生方!

これからは、その後輩として

同じ職場で頑張っていこうと思います(`・ω・´)

そして、東関東馬事の学生として出会う

後輩たちの力に少しでもなれればと思います!

でも!甘やかさないからね!みんな~!

 

以上になります。

読んで下さった方々、ありがとうございました!

馬の仕事を学ぶ学生ブログ!

今日も、東関東馬事専門学院学生ブログを

ご覧頂きありがとうございました。

 

彼ら、彼女たちは馬の職業を目指す学生です。

将来は厩務員や生産、育成牧場で働く競馬関係者だったり

競技会や乗馬クラブで活躍する

乗馬インストラクターや馬術競技選手かもしれません。

 

馬が大好きなので、観光地やイベント会場で

馬の素晴らしさを沢山の人々に伝える、

馬事振興の現場で活躍する

ホースマンの一人かもしれません。

 

または学校で引退競走馬たちの

怪我や故障の治療やケアーを

毎日、細かく、携わる中で身に着けた

知識や経験を生かして

養老牧場やグルームとして馬の

お世話をする人になってるかもしれません。

 

今はまだ、学生で未熟だったり、

つたない文章かもしれませんが

各々の学生がが自分の夢と将来の目標の為に日々

東関東馬事専門学院で活動する中で

思い、考え、感じたことを書いています。

 

東関東馬事専門ブログ(毎週水曜日公開)を

ぜひ、来週もお楽しみください。

 

次回は11月9日(水)

2年アカマでお届けします

 



いいね!した人

bajisenmon-blogさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります