馬の学校☆東関東馬事専門学院の生徒ブログ☆BAJIGAKU/馬事学院

馬の学校を比較すると、東関東馬事専門学院(バジガク)アニマルベジテイション、国際馬事学校、インターアクションホースマンスクール、日高優駿学園など、多数の馬の学校がありますが、ここでは東関東馬事専門学院(バジガク生徒たち)のブログを紹介しています。


テーマ:
皆さんお久しぶりです
今回2回目の登場します
ナカノでございます。
 
近頃は、2年生は就職先決定のための
研修やオーストラリア研修のため
学校に先輩は、ほぼゼロ
 
1年生も9月から杉谷研修が始まり
学校で活動する人数が少ないながらも
頑張って活動しています。
 
最近では引退競走馬の入厩もあり
1人1人の担当馬が増え
大変な毎日を過ごしております。
 
自分も研修に行っている
柳さんから引き継いでいる
アスターやダマちゃん
入学してからついている担当馬の
ギルドなど、4頭の馬を見ています。
 
4頭の馬を見ていて1頭1頭
それぞれ性格や扱い方も違うので
ただの流れ作業にならないように
気を使いながら、
馬に合った方法を選択できるように
考えています。
 
厩舎全体としても僕以外の子も
担当馬が増え1人1人の
仕事量が増えました。
 
そのため、それぞれがただ自分たちの
担当馬や自分のことだけを
考えて行動していたら
厩舎は上手く回りません。
 
自分の1日のスケジュールを
ちゃんと立てて、そのスケジュールと
決められた時間の中で
作業が終わらすことが
出来るようにしよう!と
がけて動くようになりました。
 
 
 
 
さて、ここで先週任された
新しい担当馬を紹介したいと思います。
オヤマホクト
 
前髪が長く細めでイケメンです。
まだ若く歯が痒いのか
色々なものを口で遊び、触ってきます。
 
でも、繊細なところもあり
若馬らしい反応もします。
 
「ただ、止まっているだけの自転車」でも
警戒したり、たじろいだりします。
 
今まで、経験のある落ち着いた
馬たちを扱ってきたので
ホクトのそんな行動は新鮮な反応です。
 
そんなオヤマホクトは
9月11日までJRAで走っていた馬です。
自分は新馬を担当馬するのは
初めてで、馬がどう動くのか?
何に反応するのか?
繊細なホクトの反応に僕は色々戸惑います。
 
ホクトを見ていて大変なことは
たまにバックガードのない所を
噛まれると痛いです。
 
大変なことばかりではなく
嬉しいこともあります。
新しい馬なので僕しか
ホクトの事を知らないので
「可愛いね~」とか
言ってもらえるのが嬉しいですね。
 
今は、ホクトの動きが
全くわからないので色々なことに
緊張感を持ちながら接しています。
 
厩舎作業に・・・・
引馬に・・・・・・
手入れ・・・・・・そして運動
 
ホクトの東関東での
初めての運動では、
サーカス状態(^▽^;)サーカス玉乗り
ちょうど施内で大掛かりな
工事をしているので
工事の音とともに跳ね上がり跳ぶ
通りかかる車にびびったり
乗っていた岡本先生も大変そうでした。
 
今の僕では、この状態の馬に
乗りきるのは無理そうです。
あんな馬に乗れるようになりたいと思いました。
 
そんなホクトも今日で
東関東に馬事に来てから
1週間になりますが
だんだん落ち着いてきて
ちょっとは慣れてきたかなと思います。
 
今回、引退直後の馬を
担当馬させていただけることができたので
今までの担当馬とは違うところを
これからも
学んで、もっと色々な
馬を見ていきたいです。
 
その一歩ですが、昨日は講義の一環として
現役の競走馬の厩舎で
競走鞍の馬装や扱いの注意点などの
講義に参加しました。
 
競走鞍は乗馬鞍よりずっと小さく
馬の背中にはまるという感覚が少ないので
鞍の置く位置や腹帯など注意が必要です。
 
歩くスピードや気持ちも強いので
運動開始時にすぐに走り出したり
することがあるので
手綱や腹帯など注意するポイントがありました。
 
昨日は特別に運動後の競走馬
バジガクラフィーネに跨らせて頂きました。
僕にとってモンキー鞍に初めての経験です。
 
木馬のモクモクの背中に
ついている鞍にはありますが・・・・・
いつも乗っている乗馬鞍とは
違い鐙が短くバランスとるのが難しかったです。
 
今は乗馬の駈歩を含む経路練習で駈歩を含む
馬のコントロールや基礎の扶助を
マスターするべく頑張っているので
モンキーで走路を颯爽と
走る日はもう少し後ですかね。
 
 
でも、自分は来月の頭から
ナさんやモリ達のように
初めての研修に行かせていただきます。
 
学校から離れての活動ですが
学校とは違う環境なので
やることも違うと思いますが
社会という場を学んできて
騎乗面でも成長して
帰ってきてきたいと思います!!
今回は、ここまでにしようと思います。
また、帰ってきた後の
ブログ担当の時にでも
書かせて頂きます。
 
最後まで読んでいただいて
ありがとうございます。

 

次回ブログは

10月5日(水)

次回は、2年 ミルミルです。

2年生は、就職に向けての研修で

学校での滞在期間は短いですが

是非ぜひ、研修のお話しを聞いてみましょう♪



今日も、東関東馬事専門学院学生ブログを

ご覧頂きありがとうございました。

 

彼ら、彼女たちは馬の職業を目指す学生です。

将来は厩務員や生産、育成牧場で働く競馬関係者だったり

競技会や乗馬クラブで活躍する

乗馬インストラクターや馬術競技選手かもしれません。

 

馬が大好きなので、観光地やイベント会場で

馬の素晴らしさを沢山の人々に伝える、

馬事振興の現場で活躍する

ホースマンの一人かもしれません。

 

または学校で引退競走馬たちの

怪我や故障の治療やケアーを

毎日、細かく、携わる中で身に着けた

知識や経験を生かして

養老牧場やグルームとして馬の

お世話をする人になってるかもしれません。

 

今はまだ、学生で未熟だったり、

つたない文章かもしれませんが

各々の学生がが自分の夢と将来の目標の為に日々

東関東馬事専門学院で活動する中で

思い、考え、感じたことを書いています。

 

東関東馬事専門ブログ(毎週水曜日公開)を

ぜひ、来週もお楽しみください。

いいね!した人

bajisenmon-blogさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります