馬の学校☆東関東馬事専門学院の生徒ブログ☆BAJIGAKU/馬事学院

馬の学校を比較すると、東関東馬事専門学院(バジガク)アニマルベジテイション、国際馬事学校、インターアクションホースマンスクール、日高優駿学園など、多数の馬の学校がありますが、ここでは東関東馬事専門学院(バジガク生徒たち)のブログを紹介しています。


テーマ:

皆さんこんにちは!

生徒ブログでは2回目の出番!

1年 バヤシです!

 

最近は暑さが和らいできましたが、

雨の降る日がとても多いなと思います(-_-;)

 

雨が降っているとできる

作業も限られてしまうので困りますねー

 

さて、最近では

専門1年生から研修に行く人も

ちらほら出てくるようになりました!

見知らない土地で

色々な経験を積んで頑張っているようです!

 

 

さて、研修に行った人たちの担当馬は

学校に残っている人たちで

世話をしていく必要があります!

その為に担当馬の引き継ぎをするのですが

これがとても重要で

ここで、引き継ぎミスが起こってしまうと

その馬に間違った処置をしてしまったりして

預かった馬に悪影響を与えてしまいます。

 

そのようなミスが起こらないように

するためにしっかりと

メモを取ったりして

残すことが大切になってきます。

 

また、記録だけでなく日々

実際の馬を触り、観察して自分の身をもって

実感や経験をすることも

「生きた馬を管理する」という事には

もっと、もっと、大切なんだ!

とこの機会に学びました。

 

 

自分も何頭か預かっていますが

そういったミスがないように

日々細心の注意を払って馬の世話をしています!

そして人数が減って改めて

少人数で厩舎の作業を行うことは、

とても大変だと思いました

入学当初は、馬より人の方が多い状態でしたが、

 

今では人間より馬の頭数の方が多いです!

でも、本来職場に出れば1人で数頭の

担当馬を見るのが普通なので

やっと少し僕たちも

ステップアップしたことになります。

 

なので、今までの作業のスピードでは

作業が追いつかなくなってしまうところもあるので

この機会をチャンスだと思い

作業効率も良くしていければいいなと思います!

 

「もちろん!生きた馬を扱うということは

忘れずに!!」ですね。(゚c_,゚`。)プッ

自分も10月中旬あたりから

研修に生かさせていただく予定です!

 

研修先でのマナー、挨拶等の礼儀をしっかりとし

この学校で普段からやっていることを

研修先でもできるようにします!

 

そして自分のモノにできることを

ひとつでも多く吸収して

また学校に帰ってこれればいいなと思っています!

 

 

 

 

ここで話が変わりますが

9/15~9/18まで高校生がスクーリングで

福岡に行っている間

 

自分とオダジーとモリちゃんは

競走班厩舎で初めて

活動させていただきました!(^∇^)

競走班では現役のバジガク競走馬たちの

管理をしています!

 

初めての競走班での活動で

わからないことだらけでしたが

先輩や先生方にいろいろ教えていただいて

なんとか一緒に作業をすることができました!

乗用馬とは、食べている主食の形状も量も

もちろん摂取カロリーも桁違いで

餌に入れられる、栄養補助飼料も

各馬によって違い

乾草の種類も変わります。

 

「間違えないように、細心の注意をするように」

と言われました。

 

 

 

競走馬は、普段活動している専門厩舎の馬たちよりも

まだまだ若く、餌も多く食べているので

パワフルで、やんちゃな馬も多数います。

しっかりと気を引き締めこの4日間の

作業を行いました!( ̄^ ̄)

 

 

競走班にいる間には運動後の

現役の競走馬に乗せてもらう機会もありました!

 

普段乗っている乗用馬たちと違い

現役の競走馬たちは、のんびりとは待ってくれません。

ただ、跨いでいるだけでは

まっすぐ歩いてくれたりしないので、

乗り手がしっかりと

指示を出してあげないといけません

 

日々のレッスンでやっていることが

こういうところで活かされるんだなぁ~

と実感!!!( ̄▽ ̄)

 

この先、競走班に活動が移り

競走馬の管理がメインになってくると

このようなことは当たり前にできないと

いけない世界になってきます。

 

 

そういった世界で生きていくために、

毎日の積み重ねで作る土台作りを怠ってしまうと

その先に進んだ時に全部崩れてしまいます。

 

そうならないために、できることを一生懸命にやり

成長していきたいと思っています。

今回の競走班での経験は、

将来JRAの厩務員を目指している自分にとって

とてもいい勉強になりました!

 

 

 

JRAの厩務員になるということは

とても難しいことで簡単な道ではありません。

その受験の倍率は10倍以上とも言われています。

その狭い門を通過していかないといけないですよね。

 

生半可な気持ちでは突破できるものではない!!

ということを肝に銘じ

この学校で3年間を過ごし

この馬業界で生きていく為に必要なものを

作って行くようにしていきます!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

次回は9月28日(水)

ナカノ

がお送りします♪

 



 

今日も、東関東馬事専門学院学生ブログを

ご覧頂きありがとうございました。

 

彼ら、彼女たちは馬の職業を目指す学生です。

将来は厩務員や生産、育成牧場で働く競馬関係者だったり

競技会や乗馬クラブで活躍する

乗馬インストラクターや馬術競技選手かもしれません。

 

馬が大好きなので、観光地やイベント会場で

馬の素晴らしさを沢山の人々に伝える、

馬事振興の現場で活躍する

ホースマンの一人かもしれません。

 

または学校で引退競走馬たちの

怪我や故障の治療やケアーを

毎日、細かく、携わる中で身に着けた

知識や経験を生かして

養老牧場やグルームとして馬の

お世話をする人になってるかもしれません。

 

今はまだ、学生で未熟だったり、

つたない文章かもしれませんが

各々の学生がが自分の夢と将来の目標の為に日々

東関東馬事専門学院で活動する中で

思い、考え、感じたことを書いています。

 

東関東馬事専門ブログ(毎週水曜日公開)を

ぜひ、来週もお楽しみください。

いいね!した人

bajisenmon-blogさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります