馬の学校☆東関東馬事専門学院の生徒ブログ☆BAJIGAKU/馬事学院

馬の学校を比較すると、東関東馬事専門学院(バジガク)アニマルベジテイション、国際馬事学校、インターアクションホースマンスクール、日高優駿学園など、多数の馬の学校がありますが、ここでは東関東馬事専門学院(バジガク生徒たち)のブログを紹介しています。


テーマ:
皆さんお久しぶりです!
1年 オダジーです!
先週のてっちゃんからバトンを受け取り
9月の最初を任されました!
この場は約3ヶ月ぶりです!
 
今回は最近入厩してきて
担当を任されたビジュサージュについて
紹介したいと思います!
呼び名は、「ビジュ」、「サージュ」などです。
馬名の意味は賢いなどです!
 
ビジュサージュは地方で
走っていた競走馬で三歳の牝馬です!
しかし屈腱炎のため競走人生を終えてしまいました。
そしてこの東関東馬事に
入厩してきて第二の人生を歩み始めています。
 
 
 
この馬名の意味の通りで
「大人しくて頭がよく、いい子」です。
 
しかし,それゆえに「好き嫌い」や
「嫌な事は嫌!」
などがはっきりした性格です。
見た目も初めて見た時から
大きくて、それは乗っても、実感です。
 
そして顔はなぜか「イケメン」
と言われています。
(女の子なのに・・・・・・)
 
もう何回か乗っていますが
見晴らしは高いです。
初めて乗った時は
先生に手綱を一緒に持ってもらい常歩をしました。
 
そして、今は一人で
ビジュサージュを誘導していますが難しですね。
 
 いつも乗っている経験豊富な馬達と違い
速歩や駈歩はテンポが早いです。
曲がる扶助や止まる扶助にも苦労します。
 
やっぱり、競走馬って感じがします。
僕の知っている馬(乗用馬)とは、
色々な面で違います。
反応やテンポ、柔軟性・・・・・などなど。
 
 さらに地上横木にも最近は挑戦してます。
 
やはり初めは戸惑っていましたが
徐々に慣れてきて超えていました。
運動後には、足を冷却する処置をしてます。
 
なぜなら先ほど書いたとおり
屈腱炎や骨瘤もっているためです。
ビジュは屈腱炎で競走馬を引退してきているので
ケアーも必要なんです。
 
引退競走馬にはビジュのように
屈腱炎や骨瘤を発症している馬は沢山います。
 
 
 
そんな馬たちは、1日数回の患部の
冷却やケアーを重ねることで徐々に良くなっていきます。
 
特に東関東馬事では、乗馬転用の経験だけでなく
病気や故障のケアーも勉強なので
怪我や故障のある馬にも
1日間の時間を惜しむことなく費やします。
 
それこそ、1日に何度も流水での冷却や
引馬など患部の様子を見ながら行います。
だから、獣医さんから褒められるほど
屈腱炎や骨折、骨瘤などの症状が
収まるのが早かったり、
再発の確立が下がったりしているそうです。
 
 
幸い、ビジュの肢の症状は
どちらも軽いものなので
乗馬の基礎運動には支障がなく
乗馬として成長しながら、完治させていく予定です。
 
 
まだまだ、担当になって日が経っていないのですが
この数日でいろいろな事をビジュサージュから
教えてもらいました。
僕にとってクラウド以外の馬にじっくりと
向き合うのは、初めての経験なので
クラウドと違うところを沢山見つけ
経験させてもらおうと思います。
 
これから、もっともっと色々な事を
一緒に学んでいきたいと思います。
 
きっと、色々な苦労や驚き
発見があるんだろうと
о(ж>▽<)y ☆
ワクワクします。
 
 
  
そして僕のもう一頭の担当馬
今回もクラウドの事も書きたいと思います。
 
夏休みの間は大阪にある杉谷乗馬クラブに
遠征し競技会にも出場しました。
僕は、一緒に行けませんでした
クラウドは頑張っってきてくれたようです!!
 
「次の機会には僕も!!」
と思っています!
 
 
さらに、最近行われた
全国高校生馬術選手権にも
2回戦の馬として使われ
三人の高校生が乗り
見事全員クラウドと帰って来てくれました。
 
 
 
今は秋の競技会に向けて調整中です。
 
秋の競技会では最高のパフォーマンスが
出来ると思うので是非応援して待っていてください。
競技会の模様は
ブログでも報告するのでお楽しみに~♪
 
今回は、この辺で終わらせていただきますが
これからも、僕の担当馬2頭を
ブログなどで見ていただけたら嬉しいです。
 
僕もこれからは研修が入ってくると思うので
研修先でも足を引っ張らないように
ここで、学び学んだ事を生かせたらいいなー
と思っています。
 
それでは~。
+.。ヽ(*>∀<*)ノ。.+。キャハッ

 

次回は、9月14日(水)

担当は、1年 モリタで行きます!



今日も、東関東馬事専門学院学生ブログを

ご覧頂きありがとうございました。

 

彼ら、彼女たちは馬の職業を目指す学生です。

将来は厩務員や生産、育成牧場で働く競馬関係者だったり

競技会や乗馬クラブで活躍する

乗馬インストラクターや馬術競技選手かもしれません。

 

馬が大好きなので、観光地やイベント会場で

馬の素晴らしさを沢山の人々に伝える、

馬事振興の現場で活躍する

ホースマンの一人かもしれません。

 

または学校で引退競走馬たちの

怪我や故障の治療やケアーを

毎日、細かく、携わる中で身に着けた

知識や経験を生かして

養老牧場やグルームとして馬の

お世話をする人になってるかもしれません。

 

今はまだ、学生で未熟だったり、

つたない文章かもしれませんが

各々の学生がが自分の夢と将来の目標の為に日々

東関東馬事専門学院で活動する中で

思い、考え、感じたことを書いています。

 

東関東馬事専門ブログ(毎週水曜日公開)を

ぜひ、来週もお楽しみください。

いいね!した人

bajisenmon-blogさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります