Mon, March 12, 2007

人々の記憶に残ること…。

テーマ:football

リーガ・エスパニョーラを牽引する2強,FCバルセロナとレアル・マドリッドの一戦は,こう評される.

エル・クラシコ

今回はバルサがホームのカンプ・ノウでレアルを迎えうつ.

世界が注目する一戦の狼煙(のろし)が上がった.

この試合バルサは,3-4-3という超攻撃的なスタイル.

3トップにはメッシ,ロナウジーニョ,エトーと超快足3トップを起用.

対するレアルはいつもと変わらぬ布陣でクラシコをむかえた.

試合はまず,ファン・ニステルローイのきれいなゴールでレアルが先制.

前半からゲームが動き,スペクタクルな試合が期待された.

1対0のこの時点では,試合を支配するようなワンマンショーが繰りひろげられることは誰もが予想できなかっただろう.

10代にしてバルサでレギュラーを張り,敵将カッペロに「ドイツW杯は彼のための大会となる」とまで言わせた世界が認める天才,リオネル・メッシ

そう,今日の主役はこの少年となる.

先制を許したホームのバルサは,メッシが鋭い切れ味のドリブルで,序盤からカンバヴァーロを中心としたレアルディフェンス陣を切り崩す.

まずは1点ビハインドのこの場面でメッシが,エトーの強烈なグランダーのパスをいとも簡単にトラップしゴールへと繋げた.

完璧なポジションどりは完全にレアルディフェンスの裏をとった.

圧巻のプレーであった.

伝説の幕開けとなるゴールだった.

レアルはまたしてもファン・ニステルローイの得点で勝ち越すが,その得点をまたもメッシが無効化する.

再びメッシがゴール前で仕事をしたのだ.

そう,世界最高峰の戦いで,10代の少年が2点も奪ってみせたのだ.

しかしバルサはオレゲールの退場で,数的不利となり前半を折り返す.

さらに後半に入りバルサは,エトーを交代させた事で,前線の流動性を失い,攻撃が実を結ばない時間が続く.

そんな中,後半ゴールを先に奪ったのはレアルだった.

セルヒオ・ラモスのヘディングがバルサゴールへと吸い込まれた.

非常に効果的な加点だった.

2度も追いすがったバルサを「3度目の正直」を言わんばかりの加点で突き放したレアルが,カンプ・ノウでのレアルの20年ぶりの勝利を限りなく手繰り寄せた.

オレゲールの退場も,1点を追う立場になるとより大きな重圧となった.

しかしその重圧を1人の少年ははねのけてみせた.

最後のビックプレーを夢見たファンはいただろうか,彼のような少年に期待したファンはいたのだろうか.

そう,メッシは2度ではなく,3度もレアルのゴールネットを揺らしたのだ.

パスをうけ,鮮やかなステップと,誰にもついて来られないようなスピードで振り切ると,振りぬいた左足から放たれた強烈なシュート.

ボールはカシージャスの手など気にもせず,自ら好んでレアルゴールに飛び込んだように見えた.

生きているかのように….

そう,それは偶然ではなく必然だったのかもしれない.

「3度目の正直」を信じたレアルイレブンに「2度あることは3度ある.」と言わんばかりのこの日の主役は,未だに19才だというのだから,世界は彼にどんなに夢をみればいいのだろう.

彼は人々の夢を超える,そう,天才の域を超える存在なのかもしれない.

メッシという偉大な少年のハットトリックは.20年間守り続けたバルサの誇りを守り,なおかつ後世にのこる新たなる伝説を生んだ.

彼は,人々の記憶に残る事に長けすぎている.

できるかぎり彼の成長をこの眼に焼き付けたいものだ.


メッシ

blog ranking

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
Fri, March 09, 2007

華がきえ,様相は激化する.

テーマ:football

チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグが行われました.

結果は以下の通りとなっています.

 

ポルト 1-2 チェルシー

ローマ 2-0 リヨン

バルセロナ 1-0 リバプール

インテル 0-0 バレンシア

アーセナル 1-1 PSV

  ミラン 1-0 セルティック

リール 0-1 マンチェスター・ユナイテッド

バイエルン 2-1 レアル・マドリッド

stレグの結果とあわせ,ベスト8進出となったのは

チェルシー,ローマ,リバプール,バレンシア,PSV,ACミラン,

マンチェスター・ユナイテッド,バイエルン・ミュンヘンとなった.

 

バルセロナがリバプールにアウェーゴールの差で敗れる結果となった.

前回覇者が1回戦で姿をけすことになったのは決して偶然では無いだろう.

知将ベニテスとライカールトとの差であったのかもしれない.

明らかにチーム力で上回るバルサを沈めたのはこの名将の力だと言っていいかもしれない.

もしもバルサの副監督に今もテンカテがいたらと嘆いた方もいただろう.

もちろん他の要素も複雑に絡み合った結果だということは明らかなのだが….

そして個人的にはもうメッシの雄姿がCLという大舞台で見れないことはとても残念でたまらない.

彼にはもっともっとその姿を世界にアピールしてほしかった.

昨年が怪我で泣かされただけに….

 

インテルもバルサ同様アウェーゴールの差で敗れ去る結果となった.

バレンシアは嫌いなチームではないが,インテリスタの私にしてみればこれは非常に残念な結果となった.

個人の力で圧倒していたにも関わらず,勝ちきれなかったことが非常に残念である.

そして試合後の乱闘こそ一番残念な事だが,これについては私がかいたところで何もかわらないので深く触れないこととしよう.

 

さて,この強大なチーム力を誇る2チームの敗退は,今シーズンのCLの激化を意味しているのかもしれない.

しかしながらその一方で,CLに華がなくなった感じは否めない.

それでも世界が注目している大会であることには変わりはないのだが….

ベスト8に残ったチームの中ではけが人が回復しつつあるチェルシーが,優勝候補の最有力だろう.

FAプレミアシップを独走しつつあるマンUも対抗馬になれる力は十分にあるが,私としてはローマ,バレンシアあたりがビックイヤーを掲げる事になる気がしてたまらない.

こういった予想は無意味であることは誰もがわかっているのだが,やはりやめられないのがサッカー人である証拠なのかもしれない()


blog ranking


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
Mon, March 05, 2007

個人の力と組織力

テーマ:football

ついにJリーグが開幕した.

ファンには待ちに待った「蹴春」の季節の到来だ.

昨季リーグ制覇を達成したわれらが浦和レッズは,開幕戦でJ2王者の横浜FCとの対戦となった.

スーパーカップに大敗して1週間.

どれだけチームが修正されているのかが注目されている点だった.

前半は個人の技術とパスワークで,横浜FCを圧倒.

最初に試合を動かしたのは浦和だった.

ワシントンの見事なポストプレーから,ポンテがゴール前に蹴りこんだボールがオウンゴールをさそった.

対する横浜FCは新加入の久保が魅せた.

前半終了間際,第一節のベストゴールは生まれた.

ハーフラインを超えたあたりでボールをキープしていた久保の左足が,突如牙をむいた.

まさに圧巻だった.

GKを責めることもできないほどのビューティフルゴールだった.

美しい軌道を描いたボールはゴールに吸い込まれた.

もしかすると,今シーズンのベストゴールが開幕戦で生まれたのかもしれない.

このゴールにより1対1で前半を折り返す.

後半,運動量の落ちた浦和は連動性をかき,攻撃は前線の選手,守備は守備的な選手が担当.

スーパーカップに続きあまりにも不甲斐ない戦いぶりを露呈した.

対する横浜FCは久保以外が個人の力で対等に戦うことができず,両チームともに攻めあぐねる形がつづく.

たよりの久保も気をはく横浜FCの中で運動量が落ち,集中力をかいており見せ場は作れなかった.

浦和の攻撃も,中にボールを放り込むだけの単調なものになっていた.

それでもゴールの匂いが漂うのは,前線にワシントンと言う最強の「個」がいるおかげだろう.

彼の威圧感はJの中で群を抜いており,その強さは誰もが知るところだ.

両チーム決定機を欠く中,試合が動かしたのはやはり浦和の「個」の力.

ここまで浦和の「個」を,チームとしての「組織」でカバーしてきた横浜FCの守備のほころびを見逃さなかった.

後半終了間際,横浜ディフェンスの中途半端なクリアが,レッズ永井の下に.

ボールをとった永井は,トラップの次の瞬間,目の前にいたDFを股抜きで交わし,追いすがるDFを置き去りに,力強いシュートを横浜ゴールにぶち込んだ.

「組織」を「個」の力が圧倒した瞬間だった.

試合結果は2対1で浦和に軍配.

それでも内容の悪さに,誰一人納得する事はできなかっただろう.

今後に大きな課題を残したレッズ.

対する横浜は個の力では到底及ばぬレッズに予想以上の善戦をした.

昨シーズンJ2を制した,高木監督が築き上げた守備力はJ1でも通用する.

あとは久保頼みとなっている攻撃陣をどう奮起させるかだ.

高木監督の本当の実力が試されるのは今年なのかもしれない.

それでも一昨季と違い,可能性を感じさせるチームに成長した事は間違いない.

その右腕に注目していこう.

J1第一節の試合結果は以下の通り.

千葉 0-2 名古屋

広島 4-2 FC東京

磐田 0-4 

大宮 0-1 G大阪

清水 1-0 神戸

浦和 2-1 横浜FC

鹿島 0-1 川崎F

大分 1-1 新潟

甲府 0-1 横浜FM

 
blog ranking

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
Sat, March 03, 2007

期待のルーキーの活躍は…

テーマ:baseball

「マーくん」こと楽天田中将大投手が,昨日行われたソフトバンクとのオープン戦で好投をみせ,その実力の高さをうかがわせた.

前日,駒大苫小牧の卒業式に出席した右腕は,ソフトバンク戦でオープン戦初登板.

6回から3番手として登板すると「伝家の宝刀」スライダーで2三振を奪うなど1回をぴしゃりと抑えた.

安定した内容で野村監督を喜ばせるとともに,開幕ローテーション入りを確実なものとした.

以前に行われたロッテとの練習試合でも4回を無失点に抑え,プロでもその力が十分に通用する事を証明している.

甲子園では「ハンカチ王子」こと斎藤佑樹投手ひきいる早稲田実業に甲子園3連覇を阻まれたものの,私は,線の太さ,球の重さなどを考えると,田中投手のほうが実力では上だと考えている.

ただし,走るのが苦手と言うのは大投手になる最大の壁かもしれない.

「ピッチングは下半身から」というような言葉があるとおり,下半身の安定なくして大投手への道は開かれないと言っていいだろう.

それでもすでに150キロの球を投げられることを考えると,伸びしろがあるという意味でとらえれば,とても楽しみであることは隠せない.

そしてプロをも切りきり舞させる完成されつつあるスライダーこそ,田中の最大の武器だと言っていいだろう.

このスライダーのでき次第で,田中のできがきまってくることになる.

野村監督の下で,多くの事を学び,偉大な投手に成長してほしい.

 

田中将大

 田中将大

 
blog ranking

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。