Tue, July 11, 2006

ワールドカップを終えて

テーマ:football

4年に1度のサッカーの祭典ワールドカップ。

2006年ドイツ大会はイタリアの優勝で幕を閉じましたね。

今大会は過去に例を見ないくらい強豪国が順当に勝ち進み、ベスト8が決まった時点では、ブラジル、イタリア、アルゼンチン、ドイツ、イングランド、フランスと数少ない優勝国の中のなんと6チームが残るというサッカーファンにとってはたまらない大会となったことでしょう。

今大会の波乱が最も起きたのはベスト4を決める4試合と言って間違いないでしょう。

イタリア対ウクライナだけはイタリアが順当な勝ち上がりを見せました。

しかし王者ブラジルが、予選リーグで韓国などに苦戦していたフランスに敗れ、イングランド史上最強とうたわれたイングランドは、エリクソン監督の下、非常につまらないサッカーをベースとしており、デコを欠いたポルトガルに土を付けられています。

そして今大会最も美しく、面白いサッカーを見せていたアルゼンチンが、批判が耐えなかったドイツに敗れ去っています。

現在は3トップを張るチームも多く、世界的に攻撃サッカーの時代といわれています。

ベスト8の国の中でも守備的な国はイタリア、フランス、ウクライナくらいでしょう。

伝統的な守備の国、イタリアでさえも、名将リッピは攻撃的なチームをうたってワールドカップに望んできました。(ふたを開けてみれば、他の国に比べ、多少守備的な面が多く見られた。)

エース、シェフチェンコあってのカウンターサッカーを展開するウクライナは今大会きっての守備的なチームでした。

ジダン、アンリと攻撃陣にタレントをそろえたフランスは守備的と言っても、他のチームに比べてであり、実際にはどちらにも偏らない総合的なチームと言っていいかもしれません。

準決勝ではイタリアがリッピの積極的な攻撃的な采配でドイツを下し、フランスはアンリのもらったPKにより決勝へとこまを進めましたね。

最後になってみれば、いくら攻撃サッカーの時代だと言われていても、守備的な2チームが勝ちあがる結果となりました。

「いいストライカーがいれば試合に勝てる。だがいいディフェンダーがいればタイトルがとれる」

というジョン・グレゴリーの言葉を実感するワールドカップとなりました。

もちろん両チームとも攻撃陣にタレントをそろえていることは間違いでなく、総合力で他のチームを勝っていたから決勝の地を踏むことができたことは言うまでもありません。

大会前から前評判の高かったイタリアと、優勝候補に挙げられる事のなかったフランスとの対戦はご存知の通りイタリアの勝利という形で幕を閉じました。

ジダンの退場は本当に印象的でした。

W杯の決勝が引退試合で、引退試合に退場しながら、優勝はできなかったもののMVPを獲得するという最高にかっこいいですね。

世界一を決める祭典で、一番活躍したとされる選手が現役を引退するのだから、サッカーというスポーツは不思議ですね。

もちろん、僕の中でのMVPはジダンではなかったと思っています。

ジダンは守備面での活躍がほとんど見られない上に、優勝もしておらず、7試合で2回もレッドカードをもらっており、3得点1アシストといっても、そのうちの2得点はPKによるもので、本当はPKをもらった人こそ評価を受けるべきだと考えるからです。

フランスであれば、守備面、攻撃面(2得点2アシスト)の両方で大車輪の活躍を見せたヴィエラこそが、MVPにふさわしいといえるでしょう。

そしてもっとふさわしい人物はイタリアのカンナバーロブッフォンの2人と言っていいでしょう。

大会を通して2失点という脅威の数字を残したイタリアの守備を支えたのは、間違いなくこの2人です。

リッピ監督の機能美さえ感じさせる守備の戦術はもちろん賞賛に値します。

それを体現し、なおかつ目を見張るプレーを見せ続けた2人にはMVPをとってもらいたかったですね。

神がかり的なスーパーセーブをし続け、オウンゴールとPKによる失点しか許さなかったブッフォンと、その直前で世界最高のフィルター役となったカンナバーロこそMVPにふさわしいです。

ブッフォンは以前、

「フットボールとは極めてシンプルだ。俺がシュートを全て止めれば、チームが負ける事はないのだから」

という発言をしていましたが、思い出さずにはいられないプレーを今大会みせてくれました。

MVPは人の主観によって決められます。

世界最高峰のプレーヤーの引退がかかっていたとはいえ、そこは公平な判断をしてほしかったです。

大会のMVPは世界最高のプレーヤーに贈られる賞ではなく、世界最高のプレーをみせた人に贈られる賞であるのだから・・・。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
Sat, July 01, 2006

逃げ勝つ時代の到来は許されない

テーマ:特集

逃げ勝つ時代の到来は許されない。

昨晩行われたW杯のアルゼンチン対ドイツの試合。

試合結果は1-1(PK2-4)でのドイツの勝利。

結果を見れば強豪国同士がすばらしい試合を展開したかのように思われる。

だが、実際の試合はそれとは程遠いものだった。

ドイツはこれまでの4試合を攻め勝って来た。

スーパーゴールも生まれ、自国開催ということもありベスト8に残ったチームの中で最も勢いのあるチームと言っても間違いないだろう。

「ドイツのサッカーはおもしろい。」

と思った人も少なくないだろう。

対するアルゼンチンは1試合目はペケルマン監督の弱気な采配が垣間見え、1点を守りに行く最悪な展開。

それでも何とか勝利をおさめ、2試合目以降は人が変わったような積極的な采配をみせ、世界を魅了するチームを作り上げてきた。

ブラジルの監督に「アルゼンチンサッカーに感銘をうけた」と言わしめるほどである。

リケルメ、アイマール、サビオラ、テベス、クレスポ、メッシと攻撃陣には癖の強い主役がそろい踏み。

この攻撃陣が魅力的な攻撃を展開し、とにかく攻め勝って来たのがアルゼンチンだった。

こんな2チームの戦いは意外な展開を見せることになる。

これまでの攻めきる姿勢がウソのように守りを固めるドイツ代表。

これに攻めあぐねながらも、攻撃の手を緩めず、攻め続けることでドイツに攻撃をする暇を与えないアルゼンチン。

前半は完全にこういった試合が展開された。

支配率がアルゼンチン65%、ドイツ35%という驚きの前半も特にチャンスシーンも生まれずに終わることとなった。

後半開始早々、リケルメのCKをアジャラがあわせて先制をしたのはアルゼンチン。

ここまで守り続けてきたドイツが攻撃を開始する。

ここからはそれなりに面白い試合が展開されると思ってまもなくアルゼンチンのペケルマン監督はW杯1試合目に戻ったかのような弱気な采配。

王様リケルメをピッチの外に追いやって守備を固める最悪の展開。

案の定後半35分に追いつかれ延長へ。

延長はそれなりの試合をした両チームですが均衡は破れずPK戦へ。

攻撃サッカーを売りとする両チームの試合は2人の小心者のおかげでくそ試合に。

決勝トーナメントで守り勝つことは至難の技であり、最後まで攻めきるチームだけが金色の宝物を手にしてきた過去を誰もが知っているはずなのに。

いつになってもW杯では逃げ勝つ時代の到来は許されない

攻めて、攻めて、攻めて観客を魅了するチームこそが優勝を手にできるのである。

サッカーの祭典は最高のジンクスを持っているのである。

全てのサッカー選手が目指す黄金に輝くトロフィーは誰の手に掲げられることになるのであろうか。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。