振り込め詐欺撲滅月間中の1日、警視庁の岩瀬充明副総監が東京都台東区浅草の三菱東京UFJ銀行雷門支店を訪れ、高齢者が優先利用できる現金自動預払機(ATM)などを視察した。
 同支店は5月18日、浅草署の発案で65歳以上が優先的に使えるATMを導入。「65歳以上の方優先機」と書かれたポスターを掲示して高齢者を誘導するとともに、被害を未然に防ぐための「声掛け」をしやすい環境をつくるのが狙いだ。
 岩瀬副総監は支店幹部の説明を受け、詐欺への注意を促すATMの画面などを見て回った。
 撲滅月間は16日までの1カ月間。1~5月で、被害の7割近くは65歳以上が占めており、同庁が警戒を呼び掛けている。 

【関連ニュース】
ゆうちょ銀、振り込め詐欺被害金返還ミス
振り込め詐取金で借金返済させる=容疑で稲川会系組長逮捕
振り込め詐欺、4月は27%減=「おれおれ」は増加
声掛け徹底、限度額引き下げを=金融機関と会議
ホームレス使い口座開設=詐欺容疑で4人逮捕

「3年間新卒扱い」 公約で就活支援策 公明の参院選マニフェスト(産経新聞)
参院本会議流会=民主・平田氏(時事通信)
<中電グループ>EV用充電スタンドを発売(毎日新聞)
日米密約文書 情報公開法施行前に破棄の可能性 岡田外相(毎日新聞)
「ジャガー」が50万円から! 兵庫・芦屋市が6月29日に差し押さえ品公売(産経新聞)
AD