郵便不正事件で、虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた厚生労働省元局長、村木厚子被告(54)の第14回公判が18日、大阪地裁であり、取り調べを担当した検察官の証人尋問が始まった。障害者団体「凜(りん)の会」代表、倉沢邦夫被告(74)を調べた大阪地検の坂口英雄副検事(51)が出廷。「倉沢被告が『課長(村木被告)らにあいさつして、正規手続きを経ずに証明書を発行してもらった』と自ら打ち明けた」と述べ、捜査段階の供述の信用性と村木被告の関与を主張した。

 これまでの公判で、村木被告の指示を認める供述調書に署名した厚労省職員らは、証人尋問で「指示はなかった」「調書はでっち上げ」などと調書を否定する証言を繰り返している。また倉沢被告は公判で、村木被告から偽証明書を厚労省の部屋で受け取ったことは認めたものの、受取日については、手帳を見ながら「見当たらない」と発言。受け取りの際、村木被告から「何とかご希望に沿う結果にしました」と言われたとする検察側主張についても、否定していた。

 これに対し、坂口副検事はこの日の公判で「倉沢被告は『会話はあった』と言っていたので、記憶を喚起しながら聞き出した」と証言。適正な捜査だったと主張した。

 一方、坂口副検事は尋問の中で、検察側が関係者の供述内容を記した取り調べメモをすべて廃棄したことを明かした。【日野行介】

【関連ニュース】
郵便不正:元局長の部下が出廷 「記憶にない」と証言
郵便不正:障害者団体の元幹部、起訴内容認める
郵便不正事件:枝野行政刷新相「検察の間違いの疑い濃厚」
郵便不正:別の元部下も否定 大阪地裁
郵便不正:石井一参院議員、関与を否定 証人出廷

「がん医療のトータルケア、巻き返しが必要」(医療介護CBニュース)
<排ガス>積雪で車内に逆流 男性死亡 岩手(毎日新聞)
【Web】18歳未満にみえるキャラ=「非実在青少年」?(産経新聞)
民主 複数人区、擁立進まず 「政治とカネ」が影(毎日新聞)
うがい・AED…「何でも反対」北教組中央委(読売新聞)
AD