7/2 ベストアルバム2タイトル&DVDリリース!リリース


6/1に無期限活動休憩した花少年バディーズから嬉しいニュース!
7/2にベストアルバムを2タイトル『Binder』『Breed2』をリリース決定!
バディーズらしくただのベストアルバムにとどまらずアルバム『Basic』で録り切れなかった楽曲やリメイク、リミックス、未収録音源も収録。
加えて2タイトルと5/2 TSUTAYA O-WESTでの行われた単独公演を収録したDVDを1つにパッケージしたスペシャルBOX『Big Bonus』もリリースされます!

発売元:BadeggBox販売元:BM.3

『Binder』

花少年バディーズがカップリングベスト集をリリース!ライブで人気曲『ベーコンレタスチーズバーガー』『鎖骨に眠れ』を始め、初期曲のリミックスに加え、ラ イブでしか表現されてこなかった『球体重力(完全版)』、音源未収録曲『ライカエジソンのテーマ-限りなく透明に近いイエロー-』『テッシューマン』、そ してなんとアルバム『Basic』のレコーディング途中のまま収録される事のなかった『ビジネスマン(完全版)』も収録!これはただのベスト盤ではない! ブックレットにはファンとの連動企画『10年後の未来へ』掲載。

ショップ別購入特典はコチラ


品番:BDBX-0023
価格:¥2,800(税込)
CD収録曲数:全15曲予定
【収録曲】
1. ボンビーマン
2. ビジネスマン
3. ベーコンレタスチーズバーガー
4. Blind Good Girl
5. Breakfast-干涸びた皿-
6. モトカレ(アパレル編)
7. ビードロを吹けば
8. Blank-ボクは世界に嘘をついている-
9. ジャンバーマン
10. ブシドーマン
11. アタリハズレマン
12. 鎖骨に眠れ
13. ライカエジソンのテーマ-限りなく透明なイエロー-
14. 球体重力(完全版)
15. テッシューマン

『Breed2』

前身バンドとなるビリー時代の楽曲のセルフカヴァー集第2弾をリリース!今回はビリー時代の楽曲にとどまらず人気アーティスト達が集いギター ミネムラの為に作った『老いWAKAME』や自身らのルーツともなる『Fighting Boys & Fighting Girls』もバディーズらしい形でカヴァー収録!そしてなんと活動休憩を発表しながらも新たに制作された『サラババン歌(不良品種EDIT)』『花が散 り行く頃にも(不良品種EDIT)』も収録!もはやオリジナルを越えた最高傑作!

ショップ別購入特典はコチラ


品番:BDBX-0024
税抜価格:¥2,800(税込)
CD収録曲数:全11曲予定
【収録曲】
1. サラババン歌 (不良品種EDIT)
2. [Bit;]雨に接続された世界 (不良品種EDIT)
3. Slim Smart Slender (不良品種EDIT)
4. 少年[B]チェンジ (不良品種EDIT)
5. 老いWAKAME (不良品種EDIT)
6. シャイニングダンサー (不良品種EDIT)
7. MIKADUKI (不良品種EDIT)
8. Another青春時代 (不良品種EDIT)
9. Fighting Boys & Fighting Girls (不良品種EDIT)
10. ビューティフルグッバイ (不良品種EDIT)
11. 花が散り行く頃にも (不良品種EDIT)

『Big Bonus』

7/2にリリースされるカップリングベスト集『Binder』とセルフカヴァー集『Breed2』に加え5/2TSUTAYA O-WESTで行われた『Boys Learn Basic』TOURファイナル『Application-幸福への実践-』のライブDVDを1つのパッケージにしたファンにとってはマストアイテムとな る作品!バデッグボックスオンライン通販のみで数量完全限定生産!豪華オリジナルパッケージ仕様!

2014.07.02 Bloom
発売元:BadeggBox


品番:BDBX-0025
税抜価格:¥9,000(税込)

【購入方法】
BadeggBoxオンラインショップ限定販売 ※数量限定
http://badeggbox.shop-pro.jp/?pid=74826862
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014年07月27日 10時34分52秒

幸福の応用力4

テーマ:ブログ
「ブロッコリー」

メンバー紹介、ソロプレイがある曲としてこのツアーでは定番化した曲。

ボクはアコギでのプレイなんだけど
アコギってレコーディングとライブでは音の扱いがまるで違うから
外音ってどういう風に聴こえているんだろう?ってたまに不安になったりする。

でもこのライブ映像のソロプレイとか確認して、
おお!なかなか!と安心した。

といってもこれもライン録音だからライブハウスのスピーカーから聴こえてるのとは異なるんだけどね。
要はプレイ?弾くニュアンスがどのくらい反映されているか?ってとこなんだけどね。
ライブハウスによってはモニター(自分のところへ返す音)環境がイマイチの会場もあったから
アコギ専用のモニター欲しいなっていつも思ってた。
ちなみにキーボード専用のモニターは常設してた。
そんな事言い出したら、コーラス専用のモニターも欲しい!とかなってまわりがスピーカーだらけになっちゃうよね。
2012年の赤坂BLITZ単独公演あたりではメンバー全員が、イヤモニ(ワイヤレス電波で音を送ってイヤフォンでモニターするヤァツ)にしてたけどアレ定着しなかったな?なんでだろ?

と、モニターの話しはそのくらいにしておいて曲の話。

いつからかアコギを弾く曲が琢磨よりボクの方が多くなった、

それっていつからだっけ?と思いだすとライブでの立ち位置を変えてからかなぁと。
ライブハウスでの生音(オーディエンスがアンプから直接聴こえる音)のバランスを考えたら下手(ステージ向かって左側)にベースがある分、上手(ステージ向かって右側)にエレキの分量が多い方がバランスが良いと考え。かな?

いや、それ以上にボクと琢磨、それぞれのやりたい事より実際の得手不得手を優先し始めたんだと思う。

ギターソロとかのリードは琢磨のがじょうずだし、
アコギのストロークとかはボクのが向いてる。

たまに『モトカレ(アパレル編)』みたいに逆になる事もあるけど
それも実際レコーディングでお互い両方弾いてみて得手不得手を決めるみたいな。

もっと前からそうであったなら
もしかしたら『NBL』や『Blank』などもボクがアコギを弾いていたかも知れないね。

…んーと、

アコギの話はこのくらいにして
『ブロッコリー』の話をしよう。

『バナナ』と対比した?いや、『バナナ』のような状況に陥る以前の二人を描いた曲だと言うのは前にも書いたけど
本格的な倦怠期入る前にある程度の節度を保ったら良いかもね?というシグナルを込めた曲です。

が、倦怠期も越える事ができたなら、
それすら良い思い出になるかもねとも思うけど。


図々しい愛情を向けるも受けるも
人間性より相性のコントロールが大事。

“どっちが正しい?悪い?”より
二人だけの“正義”を探す。

そんな曲です。
キミの人生に応用してください。

ミネムラ

花少年バディーズ BEST BOX
『Big Bonus』NOW ON SALE!!





花少年バディーズ ミネムラさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み

minemuraakinoriをフォローしましょう