最近、朝飯で食べるおかゆにはまっています。


これを食べて元気よく会社へ行くことができ、すると、すぐに眠たくなります。


世界一周後的人生記~素晴らしき海外生活を追い求めて~

たったの30バーツ。日本円にするとたったの90円でおいしいおかゆが食べれます。


AD

タイは今週末は3連休です。

何かで知ったのですが、日本は今年8回も3連休があるとか・・・。

正確に数えているわけではないですが、タイの祝日は日本よりも少ないので、

日本と比べて仕事が重くないとは言え、祝日がある週は非常に非常に気分がいいものです。


今日は仏教関連の祝日でしたが、仏教関連の祝日の場合、禁酒デーとなります。

明日は土曜日ですし、絶好の夜更かしデーにもかかわらず、禁酒なので多くのタイ人が

自宅でのんびりしている気がします。道路もすいていました。


週末にもなると多くのタイ人がオープンレストランで食事をしながらビールを飲んでいるのでしょうが、

おそらく今日はそのようなこともできず、帰り際にバンコク中心部の24時間マックを覗いてみると、

夜の10時にも関わらず、店内が広いマクドナルドが満席でした。


タイでは選挙の前日も禁酒デーとなるのですが、禁酒にすればするほど、人が外出しなくなり、

お店の売上げが落ちることは明白です。一大産業の風俗産業しかりでしょう。


お酒が飲めるか?飲めないか?

理由が宗教がらみですからなんとなく受け入れることができますが、

だいぶ人の行動に影響しているはずです。


私はというと、買いだめした缶ビールをチキンナゲットと共に部屋で開けています。

AD

1年の世界一周に終止符を打つべく、日本へ帰国しました。


2006年11月に世界一周を決意した時は、2008年7月7日に本当に出発していることなんて、

イメージできませんでした。


出発した1年前の2008年7月7日に、こうやって全てを予定通りに終えて、

日本へ帰国していることなんて、まったくイメージできませんでした。


「決めれば時は熟すし、事が始まれば、終わる」

貴重な時間だけは、僕の知らないところで確実に進んでいると実感しています。


1年ぶりの日本ってわけではないので、特に目新しさみたいなものはないのですが、

ひとまず、満足度200%で世界一周を完成させることができて、喜んでいます。


「いや~、1年間、本当に楽しかった!」


好きなことだけを好きなだけやらせてもらって、旅中も思っていましたが、

毎日毎日が素晴らしく、幸せな時間を過ごすことができました。


いつか死ぬ時になって、昔のことを走馬灯のように振り返るとすると、

思い出すことの1つは、この1年で脳裏に焼きついた数々のシーンなのかな?とも思います。


部活動で汗を流した1年もあれば、友達と競って勉強した1年もあります。

四苦八苦しながら仕事をがんばった1年も・・・。

この旅をした1年も僕の人生で貴重であり、思い出深い1年になりそうです。


ブログ上なので、読者の方にお礼させてください。

長らく応援ありがとうございました。

ブログがなければ、読者がいなければ、これほど僕も旅を頑張れなかったと思います。


今回、日本滞在は7泊です。

その後はバンコクで次なる人生のスタートを切ります。

特に何も決まったことはありませんが・・・。


ブログも書いていこうと思っていましたが、ここ数日のひどい遊び呆け具合によって、

ブログを書くことすら、面倒になる、軽微なストレスになるという症状が現れちゃいました。

まっ、そもそも書ける内容がしょぼすぎるってこともあるのですが・・・。


改めて、僕の場合は旅あってのブログだったな、とも実感しています。


形を変えてまた書いていきたいと思ってはいますが、

このタイトルとしてのこのブログはこの記事を持って、終わりにします。


ありがとうございました!


世界一周的人生記~素晴らしきこの地球~


終わり





AD

バンコク到着後の日本食比率、実に50%を超えている。


そんな中にあって、昨晩、夕方から1人、ビリヤードの特訓を5時間近くしていた

スパイカー氏とナナで合流し、少し打った後、日本食の大御所、寿司をいただいた。


世界一周的人生記~素晴らしきこの地球~


場所はラチャダー地区の大和という日本食屋なのだが、

このお店、周りは現地の若者向けディスコやらで盛り上がるエリアで、

観光客なんていないし、普通、日本人は来ないところ。


明らかに出店した立地を間違えていて、非常に広くて綺麗な店内に客は我々のみ。

食事をしての我々の感想は、「この店を潰してはならない!」と思うほど、グッド!

もしくは、「俺、ラチャダーに住もうかな?」なんて感想も出るくらいだ。

僕は中トロあぶり焼き丼寿司セットを頼んだが、刺身のサーモンとトロもうまかった!


ちなみに、隣の奴隷リーマン氏は、中トロ丼とユッケ丼、どんぶり2つを注文していた!


「我々はこの店を存続させる義務がある」と言いつつも、食べたメニューは

プロモーションメニューで、写真の僕の注文でも約850円。

ちなみにスパイカー氏が納得できないと言っていた味噌カツ定食は1500円程度だ。


結局、この日は前日のビリヤード大会無敗の優勝者ですっかり自信満々の山もっちゃんと

合流し、ホイクワンのビリヤードバーで【ブラジルvsイタリア】という

最高の組み合わせをliveで観戦し、その後は、深夜4時前にカオマンガイ屋台で締めた。


前日の深夜3時の帰宅時間をさらに1時間超える深夜4時に帰宅。

旅の生活リズムから一気にバンコクリズムへ。

バンコク到着後、初のタイ料理はタイスキ~。

「ワタシ、タイスキ、スキデスネ~」


今回、僕の世界一周祝賀会ということで、心優しき奴隷リーマン氏

幹事をしてくれたのが、タイスキMK金の予約ボードにはBONDの名が!


世界一周的人生記~素晴らしきこの地球~


さすがは奴隷リーマン。奴隷でもリーマンでもない!


男だけ8人でタイスキ鍋を囲んだが、いや~、顎が痛くなるほど、笑えた!

このおかしな人たちとの宴会はバンコク最大の楽しみになっている。


19時から始めた食事の後は、ナナへ場所を移し、奴隷リーマンの仕切りのもと、

8人での第1回ポーランド杯(ビリヤード大会)が開催された。


4人のグループを2つ作り、一次リーグ上位2位までが決勝リーグへ進むという

結構、マジに勝ちたいルール。


僕が入ったAグループは奴隷リーマン3連勝で1位通過し、1勝しかできなかった僕は

決勝リーグへ進めずに下位リーグへ・・・。僕の代わりにポーランドはんが決勝へ。


死のグループとなったBグループでは、

「今日は2位を狙う!」と鼻息荒く語っていたスパイカー氏が早々に敗退・・・。


結構、みんなマジになるほど、予想外な盛り上がりを見せたビリヤード大会。

決勝リーグの台からは、「俺からビリヤードを取ったら何も残らない!」

予選3連勝の奴隷リーマン氏が吠えている声が聞こえてきたが、

結局、決勝リーグでは3連敗を喫していた。


僕のいる下位リーグでも、序盤こそ、気楽だったが、

「そう言えば、ビリにはなりたくないよね?」という言葉で決勝リーグ同等の盛り上がりを見せる。

結局、「今日は2位を狙う!」と序盤に豪語していたスカイパー氏が3連敗!


そのスカイパー氏は最も時間とお金をビリヤードに使っている人であるが、

先ほど、電話をすると、早速、昨晩と同じ場所で一人練習に励んでいるようだった・・・。


最終順位は言いたくないので、知りたい人は奴隷リーマン氏のブログ にて詳報を。

その後、僕はポーランドはんとビヤバーに1時間ほど繰り出し、

ポーランド流タイ語レッスンなどをタイガールとともに少々。

御歳65歳のぽーらんどはんと深夜1時に別れた後は、ビリヤード場に残る彼らと合流。

最下位だったスパイカー氏と自爆合戦という冴えない試合をこなして、その場を後にし、

最後は男4人(+タイガール)でスクンビットソイ3のアラブ街のカレーで締めた。


世界一周的人生記~素晴らしきこの地球~

コンフェデのスペインvs南アフリカのライブ中継を見ながら、日本では味わえないカレーを食す。

深夜3時前という時間にも関わらず、そのほとんどを奴隷リーマンとスカイパーの2人で

食べつくしていたが、見ているだけでおもしろかったり、すげ~な~と思ったりする面白キャラだ。


3月に1ヶ月遊びまくっていたバンコクであるが、まだまだ遊べてしまいそうだ。