国際開発の分野で就職したいなら

テーマ:

国際開発の分野で就職したいなら

国際開発のキャリアは2種類あります。


第一に、とにかく現地の人の為に自分の身を削ってでもやる仕事。

途上国でのボランティア、現地のNGO勤務、自身のNPOや小さい会社の立ち上げなど、

“お金はなくても良いから、とにかく役に立つ事をしたい”という仕事。

日本のNGOもこのカテゴリーに入ります。

日本のNGOは残念ながら待遇がまだまだ悪いのが現状です。

 

そして第二の選択肢が、国連、政府機関、開発コンサルタント、国際NGOなど、

しっかりお給料をもらって、自分の専門性に磨きをかける仕事。

 

どちらが良い悪いと言うわけではありません。

どちらの仕事が自分に合っているのか、どちらがあなたの目指す仕事なのか?

答えによって職探しの方法が全く変わってくるのです。

 

第一の選択肢が魅力的な人は、とにかく海外に飛び出したり、

日本のNGOでボランティアをしたり、面白い企画を展開している友人を頼りに

海外を渡り歩く。その上、青年海外協力隊もやる機会があれば、

きっと日本のNGO/NPO等でチャンスがあるはずです。

自分の組織を始めるのもあり。とにかく国際開発に関連のある仕事に、

無償・有償を問わず関わり続けましょう。

 

しかし、おそらく生活は厳しいと想定されるので、ライフワークとして

国際開発の仕事をして、生活のためのワーク(ライスワーク)を別で考える必要があります。

結局は、しっかり生活ができるための仕事が必要です。しかも時間の融通が利いて、

仕事がなくならなそうなもの。食うに困らない職。

できればライフワークにも役に立つ職がいいですね。

 

第二の選択肢を目指したい方は、もうすこし計画性が必要です。
国際開発の分野で働きたいと思う人には、海外志向が強い人が多いです。

それはそれで良いのですが、大学在学中に途上国をバックパッカーで渡り歩き、

大学卒業後に就職せずにまたパッカーになって途上国でちょこっと活動、

その後語学力を磨く為にどこかでワーホリ。

 

これじゃ到底、就きたい仕事にはたどり着きません!

そういう人の多くは、日本社会は肌に合わないと嘆き、

かといって海外で就職できる程語学力と経験もない。

これが事実です。

 

私が言えることはただ一つ。今まさに就職をどうしようと考えている皆さん!!

まずは手に職をつけることを考えましょう。
特に覚えておいて欲しいのが、今後国際協力の分野で高給取りを目指す場合、

途上国のとあるNGOではなく日本やオーストラリアの様な

発展した国の企業でこそ学べる事は多いのです。

 

上司や同僚のもとで叩き込まれる正しい仕事のやり方、企業のシステム、

同僚との共同作業、会社内のミニプロジェクトの経験。

そういった経験が2つ目の選択肢の就職活動の際に求められるのです。

その経験が3年ある事の方が、途上国でのランダムな経験なんかより

遥かに重視されます。上司や同僚からのキャリアのアドバイスにも価値があります。

 

途上国での経験も、それはあった方が良いです。

でも、海外で細々とやっているプロジェクトには、

経験が未熟な自分を導いてくれる上司がいなかったり、

プロジェクトを支えるシステムが整ってないためにとりあえず

プロジェクトを何とかまわしているだけだったりします。

途上国では、“学ばなければならない事が学べる環境がない”可能性が

高いことも覚えておきましょう。

 

第二の選択肢では、早く夢から覚めて企業で経験を積んだものの勝ちです。

日本の大学生は、まず新卒で日本の会社でしっかり経験を積むのがお勧めです。

5年程しっかり働き、その間に英語力も鍛える。
海外就職にとらわれすぎて途上国の会社なんかに入ってしまうと、

先に述べた様に5年間、何も学べずに終わるかもしれません。

そうなるといくら職歴があっても国際機関・政府機関・国際NGOや

国際開発コンサルタントへの道は厳しいです。


いつかそういった機関で働きたいと思うなら、日本で5年働いた後に

大学院に留学する。留学中にインターンシップなどができれば、

大学院卒業後にはきっと色んな会社から引く手あまたでしょう。

 

もし職歴のないまま大学院留学をしてしまった場合は、

とにかくいち早く日本の企業でちゃんとした仕事を探しましょう。

日本の企業は合わないとか甘ったれた泣き言を言っている時間はありません。

とにかくちゃんとした企業でしっかりしごかれましょう。

 

企業での職歴は国際開発の分野では特に重視されます。

一に企業経験 二に英語力 三に途上国の経験。国際開発分野で働きたい方々へ、

まずは企業で経験を積んで、手に職をつけましょう。ちなみに当社でなら、

企業の経験と、英語力、ITスキル、国際開発分野で必要な経験を

どれも手に入れることができますよ。

 

 

AD