上田昌典の音楽等など

 ゲイであることカムアウトして音楽活動しています。音楽を中心にセクシュアリティなどについて書いています。

NEW !
テーマ:

 今のところ以下の出演予定が予定されています。よろしくお願い申し上げます。 

3月29日(水)19:30東中野じみへんオープンマイク 
https://cafejimihen.jimdo.com/schedule/ 
4月1日(土)18:30小田急相模原エルトビート【TASKE企画】 
http://www.el-topito.com/99_blank003.html 
4月2日(日)18:30三軒茶屋 ラヂヲデイズ ラヂヲデイズ企画「一歩前へ」 
https://cafejimihen.jimdo.com/schedule/ 
4月7日(金)19:00京王よみうりランドGreenWorldCafeオープンマイクイベント 
http://green-world-cafe.com/schedule.html 
4月8日(土)19:00国分寺RubberSoulオープンマイク 
http://www.rubber-soul.jp/schedule/ 
4月9日(日)19:30明大前My Spaceゆーすけホストオープンマイク 
http://meidaimae-myspace.com 
4月16日(日)新宿御苑前Ruto Ruto企画「リアルアンプラグドライブ」 
http://ruto.sa-kon.net 
4月19日(水)19:00 「Cafe&Music」 
http://www.livecafe-sala.com/freepage_26_1.html 
sala.com/freepage_26_1.html 
4月20日(木)19:30東中野じみへんオープンマイク 
https://cafejimihen.jimdo.com/schedule/ 
4月21日(金)19:00京王よみうりランドGreenWorldCafeオープンマイクイベント 
http://green-world-cafe.com/schedule.html 
4月22日(土)18:45相模大野Cafetsumuriブッキング 
https://twitter.com/cafetsumuri 
4月23日(日)16:00相模大野あずましいカバーデー 
http://livebarazumasea.sitemix.jp/calender.html 
4月27日(木)19:30新宿御苑前Rutoブッキングライヴ 
http://ruto.sa-kon.net 
5月4日(木、祝)18:00相模大野あずましいブッキング 
http://livebarazumasea.sitemix.jp/calender.html 
5月7日(日)12:30歌舞伎町ゴールデンエッグ【BOOKING DAY】 
http://www.g-egg.info/sche/sche30.cgi 
5月20日(土)時刻は近日発表 大久保ひかりのうま 【TASKE企画】 
http://hikarinouma.blogspot.jp 
5月27日(土)18:00新宿御苑前Rutoオールジャンルのオープンマイク『 SPARKLE!!!!! 』 
http://ruto.sa-kon.net 
6月10日(土)17:00 赤坂見附Jazz橋の下 そろソロ行こかー! 
http://www.geocities.jp/soloiko/ 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 3月19日(日)新宿御苑前Ruto御苑解放区に参加してこの企画で初めてエレキギターを演奏しました。 
 1曲目はこの季節に因みキャンディーズの「春一番」をクリーンな音で弾き語りしました。先日とあるイベントでかなり話し声がうるさい中弾き語りをせざるをえない状況下声が聴こえるよう自棄っぱちでロックンロールバンドのヴォーカリストがよくやるように怒鳴るように声を割って歌ったら全く意外なことにこれが受けてしまいました。それで今回も同様に歌いましたが当然のことながら今まで私が歌うのを聴いたことがある方々も意外だっようです。2曲目はJohnWettonを追悼し打ち込みを流しながらギターにディストーションをかけてAsiaのDon't Cryを演奏しました。全く破綻なく演奏できました。3曲目はGeorge Martin一周忌をおぼえ打ち込みを流しつつエレキギターをクリーンな音に戻してEleanor Rigby私訳ヴァージョンを演奏しました。これも破綻なくできました。安定して15分(より若干短かった?)を持たせることができましたがまだギターが得意とは言えない私としては無難なところで演奏し慣れた曲を演奏しているわけですから当然といえば当然です。また近日中に冷や汗をかきながらでも何か他のことをしようかと考えています。 
 来月以降いつ御苑解放区に参加できるのかについては未定ですが是非また参加させていただこうと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 3月17日(金)京王よみうりランドGreen World Cafeオープンマイクに参加しました。 
 1曲目は時候に因んでキャンディーズ「春一番」アコギ弾き語り。ほぼ皆さんがご存知なこともあってか手拍子をお願いしたら良い感じで叩いていただけました。「花見スポット」というのが今回のMCのお題ですので私がしばしば出かけるイグナチオ教会や上智大学からもすぐのところにあるソフィア通りを紹介しました。2曲目はGeorge Martin一周忌に因んで打ち込みを流しつつアコギを弾きEleanor Riggy私訳ヴァージョンを歌いました。しょっ中演奏しているので当然ですが全くほつれのない演奏ができました。 
 今回は相当時間があるので2巡目が回ってきて2曲できるということでした。その1曲目は打ち込みを流しつつアコギを弾きThe BeatlesのThe Fool on the Hill私訳ヴァージョンを歌いました。先日のRutoでのブッキングでの演奏を反省して一部日本語を変更しました。しかしやはり何故か「グルグルグルグル」つまりRound and round and round and roundの部分のコードがとても単純なのに、いや単純すぎるからかDとEmの繰り返しでどこをやっているのかわからなくなったところがありました。今まで他の曲でも経験してきましたが単純だからといって侮れないものです。最後の曲はKeith Emersonの一周忌を覚えてELPのLucky Manを打ち込みを流しつつアコギを弾いて歌いました。これは昨年12月にGreg Lakeを追悼して演奏しましたが必ずしも今回居合わせた方々が全員この曲の私のコピー演奏を聴いた方ばかりではなかったのとミキシングし直して全てのパート、特にEmersonによる音があちこちに移動するmoogシンセサイザーをより忠実に再現できたので再度演奏しました。 
 今回は全員ソロでギターの弾き語りをしましたがボサノバ、Stray Catsのカヴァー、日本の70年代フォークのカヴァー等皆さん全く趣が異なりバラエティに富んだ回となりました。ほぼ常連のどうもとさんは残念ながらいらっしゃいませんでしたが。 
 次回GreenWorldCafeオープンマイクに私が参加するのは4月7日の予定です。よろしければいらしてください。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 3月16日(木)新宿御苑前Rutoブッキングライブに出演しました。今回は全曲アコースティックギター使用で最初の2曲は完全アンプラグド、最後の3曲はロックの名曲と私のRutoでの演奏としては地味な者となりました。 1曲目はいつもどおりHeartのAloneアコギ弾き語りで今回もほつれなく演奏できました。2曲目はキャンディーズの「春一番」アコギ弾き語りで私のアレンジではギターを休んでて票しを叩く部分がありますがこれまでは何か唐突感があったので開始直前に「手拍子してください」と皆さんにお願いしたらありがたいことに皆さん手拍子を叩いてくれました。George Martin一周忌を覚えてThe Beatlesを2曲連続して日本語で演奏しました。4人が揃って演奏する曲のコピーは打ち込みを使用すれば不可能ではないものの彼らの強烈なビジュアルのイメージがなれゲストがいなけれが原則的に一人という編成(?汗)とはあまりにもそぐわないので2局とも事実上ほぼMaCartneyのソロ曲です。まずThe Fool on the HillをRutoでは初めて打ち込みを鳴らしつつギターとヴォーカルを生という形で演奏しました。前回アコギのみで弾き語りした時の反省にたって和訳の表現を一部修正したもののやはり字余りな感じで2小節ごとの最後の部分に沢山言葉を詰め込んだので歌詞を間違えそうできついしh, round and round and round and roundの部分を「オー、グルグルグルグル」という日本語で歌う部分のギターの伴奏はとても単純なのになぜかコードを間違えました。ギターだけの伴奏の時よりかなり難しく感じました。次に去年の3月からことあるごとに演奏しているEleanor Rigbyを打ち込みを流しつつギターと歌を重ね演奏しましたがこれは難なく演奏できました。最後は昨年12月に亡くなったGreg Lakeて一周忌を迎えてKeith Emersonを追悼してELPのLucky Manを打ち込みを流しつつ生のギターとリードヴォーカルを重ねて演奏しました。これは1年間ことあるごとに演奏していますので今回もほつれなく演奏できました。しかし最後に笑える曲を演奏したり場合によっては茹り踊ったりするいうバカバカし過ぎて強烈に終わるのかと思った人もいるようで「もう終わり?」という声もありましたあせあせ 
 Martin一周忌だからか偶然かはわかりませんが私の後に出演した21‘sREXはRain、マッキーはデュオでHere Comes the SunとAnd I Love Her、リターンズはOh Darlin'を演奏しました。The Beatlesの曲は曲調が多様なので選曲で演奏者の好みが如実に分かって面白いですね。 
 他の演者さんで私が今回最も興味を持ったのが21‘sREXです。男性ギタリストと女性ヴォーカリストのデュオですがテクノ的な打ち込みとほとんどが地味なリフのギターがインダストリアルロックの好きな私には気持ちが良かったです。Martinの力で当時としては大変なテクノロジーを駆使して出来上がった普通に楽器を弾くだけでは鳴らせない音この曲を21‘sREXさんが選んだのは納得できます。しかし一方でThe KinksのYou Really Got Meやなんとアンデスのフォークローレの曲でその第1部がSimon&GarfunkelによってカヴァーされたEl Cóndor Pasaは原曲の跡形もなく(わあ、すみません!)それもまた痛快でした。21‘sREXさんのツイッターはこちらです 
https://twitter.com/21sREX

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

  3月12日(日)相模大野あずましい邦楽デーに参加しました。この日は何せ邦楽デーということで基本的に英語圏の曲をコピーしている私には珍しく日本の曲だけを演奏しました。またギターは全てエレキギターを使用しました。

 1巡の1曲目は季節に合わせてキャンディーズの「春一番」をエレキギターで弾き語りしました。最近ずっとこれを演奏していて全く破綻のない演奏ができました。2曲目はゴダイゴのMonkey Magicを打ち込みの伴奏で演奏しました。これは去年の年始に申年に因んで演奏したものです。通常ゴダイゴの曲のシングルカットされる曲の歌詞は奈良橋陽子が英語で書いたものが日本の作詞家により日本語に翻訳され英語ヴァージョンと日本語ヴァージョンの二つがあるのですがこの曲には日本語ヴァージョンがないので原曲通り英語で歌いました。この日私が歌った中で唯一歌詞が英語の曲となりました。3曲目は平良愛香作曲でキリストの風でもよく歌われる「主に作られた私」をエレキギターで弾き語りしました。これもマラナ・タ名義で活動した最初に演奏した曲で破綻なく演奏できました。8分の6拍子の曲ですが昔は2部音符と4部音符を繰り返すので精一杯でしたが今ではかなり手数を増やして演奏できるようになったなあと改めて思いました。

 時間があるので2巡目に2曲演奏できることになりました。まずは日本人によって日本語で歌詞が書かれた聖歌「マラナ・タ」をギターで弾き語りしました。これもマラナ・タ名義で活動していた時にはギターの手数が少ないのにどう3番まで持たすか苦労しましたが今はその日の環境に合わせて打ち込みがあってもなくてもアコギでもエレキギターでも演奏できるようになりました。最後の曲はオリジナル「フィルター」をエレキギターで弾き語りしました。今まで人前で演奏したことは確か5回もないと思いますがロックらしいできで実は気に入っています。問題は2番までしかなくて2分で演奏が終わってしまうことですが焦らず思い浮かんだ時にそのあとの展開を考えてもいいかと思っています。

 Rutoのブッキングライヴで以前お会いしたカナリア王子さんがこの日参加されただ一人全曲オリジナルで演奏されました。コピーをしないのが彼のポリシーのようです。次から次へと新曲を作曲し続けるのは才能と努力と両方が揃ってできることでしょうね。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

3月11日(土)歌舞伎町ゴールデンエッグBookingDayに出演しました。前回出演時には偶然でしょうが専らアコギ弾き語りをしましたが今回はバラエティに富んだ顔ぶれでした。今回私はその曲目から自分のエレキギターとクラシックギターを使用したいと思いましたが前後の移動のため2台持ち歩くのは大変なので私があまり慣れていないエレキギターは自分のものを使用しお店にあるクラシックギターを貸して頂くことにしました。
というわけで1曲目は椅子に座りマイク取りでクラシックギターを弾きました。1曲目は「春一番」を弾き語りしました。1か所コードを間違えた以外は破綻のない演奏となりました。2局目はGeorgeMartin一周忌を覚えてThe BeatlesのEleanorRigby私訳ヴァージョンを打ち込み弦楽8重奏バックボーカルを流しながらクラシックギターを弾き唄いました。ここでこの曲をこの編成で演奏するのは1年ぶりになりました。やはりゴールデンエッグの音響は素晴らしく弦楽8重奏は重厚に響き気持ちよかったです。ここで椅子を片付けて立ち上がりストラップでエレキギターを抱えてJohn Wettonを追悼しAsiaのDon't Cryを歌いました。生バンドではないものの音響設備がよく大迫力で打ち込みが鳴り響きやはりとても気持ちがよかったです。そして最後はMCでトランプ政権の批判をしてスーパーボウルでのLadyGagaのハーフタイムショーのメドレーの中で演奏されたBorn This Way私訳ヴァージョンをサングラスをかけて打ち込みを流しエレキギターを持って歌いました。
いつもそう言われますがこの曲は相当面白かったようです。しかしDead Or AliveのYou Spin Me Roundを歌い踊るときもそうですがヴィジュアル的にも盛り上がる曲を最後に追ってくるとその前の曲の印象が吹っ飛んでしまうのをどうするかというのは課題です[m:206]
他に私に特に興味深かったのは私の次に演奏されたヴォーカル&アコースティックギターとエレキギターの二人組みY&K。Led ZeppelinのAll of My Love等ハードロックバラードの弾き語りヴァージョンを連続して演奏されたかと思うと最後はなぜか私の方を見ながらMCをしてCyndi LauperのTime after Timeを演奏されました。Lauperはその奇抜なヴィジュアルが注目されがちですが実はヴィジュアル面のならずリズムがダンス曲としてもロックとしても成立するように周到に作られているのでリズム隊があるとダンス曲ではなくなるもののロックバラードとして成立するように最初から作られているわけですが。Y&KさんにGagaを演奏する私を意識していただき大変光栄です。
次回ゴールデンエッグBookingDayへの私の出演は5月7日(日)に予定されています。よろしければお越しください。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 遅れましたが2月16日(木)新宿御苑前Rutoプッキングに出演しました。PinkShirtDayの直前なので大々的にその告知としての演奏となりました。 
 1曲目はこの場では毎回同じですがHeartのAloneをアコギ弾き語りしました。私自身の思いつきではなく他人の提案でコピーした曲ですがこの曲を練習することでギターの技術が目に見えて向上したと自分でも思います。曲調もハードロックバラードの王道でありながらアンプラグドではフォークロック引き語り曲の王道に表情を変えますししかもクラシックギターで弾いも格調高く聞こえます。しかもハードロックバンドが多数雨出演する場所でも日本でHeartをコピーする人がその人気にもかかわらずなぜか少ないのかこれを一人で打ち込みなしで演奏すると「初めてHeartのカヴァーを聴いた」と良い評価を得られるのでこれをやってよかったといつも思います。ここから先は全て打ち込み、アコギ、歌と3つが同時進行する演奏形態にしました。関口店長に許可を得てチラシを置いていただいているPinkShirtDayを告知してAerosmithのPinkを首につけたハーモニカをも吹いてまた歌いました。ある時はドラムスのトラックが再生されないのでもう一つドラムトラックを入れたらドラムスが大きすぎてどこをやっているのかわからないなど打ち込みのパートと生のパートのバランスが難しいのですが今回はミキシングが音場に会っていたようで問題ありませんでした。またハーモニカも最低限まともに吹けていたように思います。3曲目はPinkShirtDayでさのともさんをオカリナでフィーチュアする予定の「マラナ・タ」。これが私音楽活動再開の原点ですがこの曲は4つしかコードがなくメロディも簡単なので、もちろんそうでなければ会衆賛美できる聖歌として成立しないのですが、商業施設用にアレンジするのがなかなか難しく今回はパイプオルガン、シンセベース、エレキドラム、トランペットの打ち込みにギターと歌を重ねての演奏となりました。盛り上がるための曲ではないもののやはりこのような場で演奏するにはかなり地味ですね。今回のアレンジが自分としては気にいらないわけではないもののまた次回も一捻りしてこの曲の地味さを生かしつつそれなりに盛り上がる工夫が必要だと今回も思いました。ここで楽器をアコースティックギターからエレキギターに持ち替えましたがここでエレキギターを弾くのは初めてのこととなりました。4曲目はJonWettonを追悼してAsiaのDon't Cry。この曲はJournyやStyx同様80年代のプログレハードのバンドがシングル向けに書き大ヒットした曲の一つとして有名で当時を覚えている人は懐かしんでくれるし聴いたことがない人にも普遍的なかっこよさがあるようで今回も好評でした。最後はトランプ政権の批判とスーパーボウルでのハーフタイムショーのニュースに触れ再びいじめ反対運動であるPinkShirtDayを告知してLady GagaのBorn This Wayを試訳ヴァージョンでサングラスをかけて歌いました。勿論Gagaのヴィジュアルには全く及ばないのですがサングラスだけでも充分奇抜なようで日本語なのでメッセージも伝わりオリジナルとは別のミックスですが生楽器ではありえないシンセサイザーの音や効果音や編集で大受けでした。 
 私以外では私の前に出演したどうもとさんが真面目な曲を演奏したけれどもやはり最後や「キュンキュン」と「女子力向上委員会」で笑を誘って盛り上がっていました。 
 というわけでどうもとさんと私が続きその直後の真面目にアコギ弾き語りをする方は大変やりにくかったそうです(苦笑)。勿論正統派の実力のある演奏をされましたが。 
 次回私のRutoブッキングライヴ出演はは3月17日になります。よければお越しください。 
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 3月4日(土)六本木虎寅虎でWeekend Rumblr vol.15に出演しました。私はビビりなので通常知った場所での無いし知った人が企画か出演しているイベントにしか参加しないのですがこれに関してはmixiの音楽関係のコミュニティで知りダメでもともとと思ったところ思いつつ応募したら単純にエントリー枠が空いていたからだと思いますが出演する運びとなりました。転換を別として25分いただけるということですがこれはRUTOのブッキングライブと同じ時間です。しかしRUTOでは関口店長をはじめとして見知った人がいる中で定期的に出演しているので実験しやすいのに対して初めての場所で実験はできないけえれど面白いものにしたいと考えて選曲しました。

 1曲目はHeartのAloneをアコギ弾き語り。昨年9月以来私にとって初めての場で必ず演奏する曲です。今回はかなり緊張していたのでイントロのリズムが若干崩れたのですが幸か不幸かほぼ誰にもそのことはバレていないようでした。おそらく原曲を知らない人が多いからだとは思いますがHeartが大好きな私には今回はそれで救われたとはいえ嬉しいような悲しいような。2曲目はKeith Emersonの一周忌でまたGreg Lakeが昨年12月に亡くなったことにふれてELPのLucky Manをスタジオヴァージョン完コピ打ち込みに70年代のGreg Lakeによる弾き語りをのっけた形での演奏しました。Moogシンセサイザーをグリッサンドでまた左右に音が飛び移りなが打ち込みで再現することにやっと成功し他のすべてのトラック、特にドラムスの音を野太くできてやっとプログレらしい音でコピーできました。3曲目はGeorge Martinの一周忌について話した上で彼のプロデュースしたThe BeatlesのEleanor Rigbyを打ち込みの弦楽8重奏とバックヴォーカルを流しつつギターで弾き語りしました。つまり現在のMcCartneyと同じように演奏したということになりますがただしいつものように私のヴァージョンは日本語でしたが。また打ち込みを流すよりアコギ伴奏だけの方が好評なのでこの10pヶ月ほどは打ち込みをお蔵入りにしていましたがストリングスの音を重厚にすることに成功したので再度打ち込みを流しましたがこれも好評だったようで今後音響設備がしっかりした場所ではこのヴァージョンで演奏したいと思います。4曲目は最近毎度になりつつありますが合衆国トランプ大統領を批判した上でスーパーボウルでのハーフタイムショーでのメドレーの中で演奏されたLady GagaのBorn This Wayを打ち込みを流しつつアコギも鳴らして演奏しました。正直音楽的にはアコギの存在の必要性はないのですがさすがに昔のようにデタラメな踊りをする気にもならないわけで😅カツラはしませんでしたが代わりにサングラスをかけました。顔曲で小さい音でなっている打楽器の音に最近初めて気付きそれをドラムスのトラックに加えまたそのトラックの音を野太くしてやっと原曲のエレクトロニカらしいしっかりしたドラムスの音を再現することができました。演奏し慣れた3曲が続きましたが打ち込みの一部を修正し満足して演奏できました。実はAloneとLucky Manの間にキャンディーズの「春一番」を演奏する予定でしたが別の演者さんがUnder Pressureを演奏されたので急遽「春一番」をやめて時期的には特に必然性もありませんがギターなしで打ち込みのみの伴奏でQueen&David BowieのUnder Pressureを一人デュエットしました。

 演奏自体は満足にできましたが今回最大の収穫は私の次に出演された「ぴゅああだると」さんと出会えたことです。サラリーマン風の二人の男性が歌いながら打ち込みの感想が流れる中オーディエンスに公式サイトのURL等が連絡先が書かれた名刺を渡すという思いもよらないパフォーマンスに驚きました。MCで「ググってください」とか「次回のライヴ演奏に来てください」とMCしてもほとんどの場合あまり効果がないように思われますがこれは演奏時間内の宣伝としては最大に効果があるかもしれません。実際私は数時間前に連絡を取ったら丁寧なお返事をいただきました。そして今youtubeを視聴しているのですが生演奏は笑いが弾けるような楽しさでしたが明るい感じは共通しながらも動画では落ち着いた感じがありまだ詳しく存じあげますんが心理カウンセラーでもあられるというのも納得できます。短い曲が多数アップされているのですが特に私の気に入っているは「わかるわけないじゃん」です。最後の「パンパンパランパンパンパーン」の脱力感はたまりません。この時には参加されていなかった女性と犬を含む彼ら(?)と今後交流する機会があれと願います。

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=SCe_37aSIqM&list=PL-6BMgfsUH7GyhjDDfvZMQwQmVpdOFawx&index=5 

わかるわけないじゃん(アカペラver.)/竹馬士心

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 2月25日(土)新宿御苑前RUTOでのSparkle!!!!!に参加しました。今回は女性三人の司会者のうち二人が欠席し司会者はNorikoさんだけでした。彼女は中庭の空でのオープンマイクやブッキングを企画・司会されていた方です。

 今回は用意した曲のがアコースティックギターよりはエレキギターの方が合うものなので打ち込みとエレキギターで歌いました。1曲目はJohn Wettonを追悼してDon't Cryを演奏しましたが2番の最初で打ち込みとギターの音量のバランスが悪くなり歌いながら調整してサビになってやっと再度バランスが良くなりました。譜面台を立てておきましたが何回か人前で演奏して歌詞とコードがほぼ全部頭に入っていたので調整しながら歌うことができました。短時間のオープンマイクだと打ち込み、ギター中でも特にエレキギターと歌の3つが同時進行している場合音量のバランスの調整が大変なのではありますが中庭の空からの参加者の方々には私がアコギで弾き語りをする人だと思っている方が多いのでそのイメージを壊すためにもこのオープンマイクでは執拗に打ち込みを使用しています。2曲目はトランプ政権への批判とスーパーボウルでのLadyGagaのハーフタイムショーが政治的だと批判されたことについてMCしてBorn This Wayの直訳ヴァージョンを打ち込みとエレキギターでと歌で演奏しました。この曲でエレキギターを持って歌うことには音楽的な意味はないのですがある程度はギターが弾けるようになってきたのでGagaが踊っているからといって私は以前のようにデタラメに踊る気もしないのでギターを持って一応音は出していましたが。今回の参加者中には誰もエレキギターを弾くところを見たことがある方はいらっしゃいませんでしたが中でも中庭の空からの参加者の方々の私へのイメージをまた壊したのではないかと思います。

 3月4月は都合がつかないのですが次回は4月27日にまたSparkle!!!!!に参加する予定です。よろしければお越しください。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 2月24日(金)高円寺MoonStompゆーすけホストオープンマイクに参加しました。

 私は最初に到着したので最初に演奏することになりました。MC無しに演奏を始めましたがイントロが終わり1番を歌い出すと当然皆さん私の演奏しているのがキャンディーズの「春一番」だと分かったようです。3番は基本的に1番の一部と2番の一部を合わせて繰り返すだけで変化に乏しいので盛り上げるために最初の7小節の間3と7で手拍子を打ちましたが私が歌謡曲をしかも手拍子を打ちながら演奏するので「やり慣れないなー」という声も上がりましたが皆さん手拍子を打ったくれまた私のギターもヴォーカルも全く間違いがなくでき今までで最も良いできだったと思います。次に3月でGeorge Martinの一周忌を迎えるとMCしてから2曲目はThe BeatlesのEleanor Rigby和訳ヴァージョンをアコギ弾き語りしました。これも散々いろんなところで演奏してきたので全く間違いなく演奏できました。ゆーすけさんは「これは誰か有名な人の和訳ですか?」と質問するので「これは私の和訳です」と応えました。youtubeで発見したお二方の和訳を参考にしたもののどちらも原曲歌詞の内容がスカスカになっているのでかなり早口になるものの言葉を詰め込んでかなり原曲に忠実になるよう和訳したわけです。

 最初に演奏したのであとはゆる〜い気分で他の方々の演奏を鑑賞しました。修一郎さんのアコギ弾き語りはいつも通りおしゃれで暖かいものでした。我ながらブルースさんはBob Dylanの曲の和訳や昔作曲したオリジナルなどを演奏されましたが歌詞を忘れて演奏を途中で辞めたり練習していない曲をつかえながら演奏するなどかなり荒っぽい演奏でした。何かの実験だったのでしょうか?

 次回ゆーすけホストオープンマイクは3月10日(日)18:30から西荻窪ジジアネベルで開催される予定です。興味がある方は是非お越しください。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。