makosuのブログ

配信URL:
http://live.fc2.com/5597177


テーマ:

おはようございます。
ピグ大喜利を始めて1ヶ月ほどが経ちました。
昨夜、常連の方々に寄席エリアへ参加する際の留意点を教えてもらう機会がありました。
その際に興味深いキーワードが頻出したのでメモがてら残しておくことにします。
自分では考えてもみなかった(自分の思想と大きく異なる)事柄が多かったので、対比をとるためにぼくも自分の意見も並べていこうとは思うのですが、毎度のことながら「ネタばらし」みたいなことをせざるを得ない、噛み砕いてやらないととても伝わりきらないという現状には閉口辟易気味です。
まあ、ぼくは解説・説明・弁明・言い訳でご飯を食べてるので、一向に構わないのですが。

さて、その留意点とやらを箇条書きにしてまとめることもできますが、まずは結論から。
「寄席エリアでは、人を笑わせるために、他の誰よりも上回らなければならない。」
常連の皆さんはこれを肝に銘じているそうです。
「上回る」に色々な意味が集約されているので、昨夜あった実例を挙げつつなぞっていきましょう。


主役はKKTさん、ぼくと同じコミュメンバーです。前々回の記事参照。
「マコス軍団員がいないときも寄席エリアを見学してはいるが、どうも大喜利する気にはならない」と言うので、参加者4,5人のエリアにぼくと2人で大喜利をしに行くことにしました。
また、彼は司会の経験がほとんどなく、思うように回すことができないとの事だったので、その流れで更に別のエリア(0人)に移動し、「ほな今から司会とはどんなもんか教えたるわ」と、大口を叩いてレクチャーするという"ボケ"を始めました。(なぜ、これがボケだと説明するような野暮ったいことをするのかと言うと、伝わらなかったからです。後述)
先ほど居たエリアからも何人か常連を含む方々が流れてきたのですが、まずはここが第一関門だった訳ですね。
「何をエラそうなこと言うとんねん、ちょっと見てやるか」と思えるか、物事をおもしろがることができるかどうか、という面でふるいに掛けました。

見事突破されたのは、ふかおさん、マミさん、リンダさん他でした。
ところが残念なことに、こちらの女性陣はヘイトと虚栄心に衝き動かされていただけだったのです。
なんでも、「最近makosuっていういけすかねえ新人がいる」みたいな噂まで立っているそうでして。
リンダさんに至っては前回のピグ配信で完全に論破したので、相当根に持ってらっしゃる御様子。
興味を持ってもらえていることには変わりないのですが、私怨と情緒でお目々を濁らせた状態では、ぼくの意図する"ボケ"を汲む余裕は到底ありませんし、そもそもの目的が違います。

そしてぼくがKKTさんに対して、「おもしろいと思った回答には素直におもしろいと言いましょう」とアドバイスを送ったときに、その御三方がとうとう痺れを切らせます。
「それじゃあ回答が広がんねえから」
はい、確かにそうおっしゃいました。突然ものすごい剣幕で捲くし立てられたのをハッキリと覚えています。
ぼくとしては、「初心者や未熟者に対してある事ない事を吹き込む」という"ボケ"をしていただけなのに、さも鬼の首を取ったかのように、全力で"粗"に責め込む訳です。
役割的には、これが彼女達なりの"ツッコミ"なのかなとも考えましたが、次いで「makosu、あんたダメだわ。タイピング遅い。」という人格否定が続きましたので、やはりそういうことなんでしょう。

「回答の感想を言うだけでは広がらないのでダメだ」に話を戻すと、冒頭で述べた「上回る」ことに合致しているのがわかるかと思います。
「俺、私がおもしろくしてやってる」という意識が非常に強く、気の利いた切り返しができるか否かという一点のみしか見ていないようです。
これは前回の記事でも綴りました、もちさんと全く同じ傾向です。
彼らの言い分は「一旦『w』等で反応してるからもういいんだよ」、「それよりもっと広げて笑いをとれよ」なんです。
ボケの手柄を横取りし、全てさらっていく横暴なスタンドプレー。
反応(感想)やツッコミに割いている時間が勿体無いし、「w」の連打でレスポンスを済ませ、この後に控える自身の"本回答"のため時間を稼ぐ。
なので見かけは初手連想ゲーム。ボケにボケを被せて自分のものにしてしまう。

回答者は自分がおいしいと思う料理を出しているのに、「こうした方がウマイ」と言って片っ端からマヨネーズをブッチュ~味の素バッサ~です。
本当に美食を楽しむのなら、作り手の意図を汲み取った上で反応し、感想を言い、薬味程度で「こんな味の広げ方もあるよ」と提案すればよいのです。
化学調味料で舌がバグった自称グルメの常連には、素材そのものの味なんて到底理解できません。
「いかに俺のマヨネーズがウマイかを知らしめるか」しか頭にないのですから。
全ての過程をすっ飛ばし、皿とテーブルまでもをグチャグチャにして悦に入る、なんとも悪趣味です。

更にタチが悪い、質が低いのは、ここで使用されるマヨネーズや味の素が、定型文であることです。
どこにでも売ってるし、誰でも使えるし、「俺の~」と思い込んでしまっているのも気の毒です。
自身に能力がなくても、チューブを手に持つ僅かな握力さえあれば場の環境に順応できるのですから、見栄や体面を第一に考えた結果の行動としては適切と言えますが。
必ず後攻が勝つコピペ早撃ち合戦。もはや大喜利と呼べるものではありません。

「寄席エリアでは、人を笑わせるために、他の誰よりも上回らなければならない。」
さて、改めまして冒頭の文章です。
ぼくはこの言葉を最初に聞いて、えも言われぬカルト臭さみたいなもの、強迫観念に囚われ妄信を続けているような印象を受けて気味が悪かったんですが、ここまで読んだ皆さんはいかがでしょうか。
そこまでは至らなくとも、「気負いしていて余裕が無さそうだ」とは思いませんか。
本人達は「タノシー、自分が楽しむためにやってる、だからタノシー」と口を揃えて言います。
もはや言い聞かせているというか、そう言うしかないというか。

もっと余裕をもって、大喜利してみませんか。


目ざめよ!


(ものみの塔 2013年7月号)
AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます。
ピグ大喜利を始めて10日ほどが経ちました。
ここがどういった環境か知るため、様々な時間帯に寄席エリアを見学して回り、色々と見えてきたことがあるのでここいらでまとめておきたいと思います。
ぼくはウソをつくのが苦手なので、このブログに綴ってあることは全て本心だと思ってくださいね。念のため。



【1】寄席エリアに集まるユーザーの特色

寄席エリアには既成の秩序が存在し、大喜利をコミュニケーションツールの内の1つだと捉え、親和を求めて参加しているユーザーがほとんどのようです。
言い換えれば、コミュニケーションをとるための手段がたまたま大喜利であっただけで、大喜利に対して思い入れやこだわり、執着心、理念などはさして無く、自身のユーモア・エスプリといった能力を訴えかけてもよいというエクスキューズが目的として用意されているので、それにあやかりたい者が集まるのでしょう。
そういった力の誇示をしたがる男性には恰好の環境です。
司会者であれ回答者であれ客であれ、場数を踏むことによって学習し、模倣する。
これらは全て、アメーバピグの正しい使い方です。


【2】寄席エリアでの力の均衡

圧倒的に司会者が優遇されています。
なぜなら、仕事量が多いからです。
場を回すという処理能力や瞬発力が問われるアウトプット作業の連続により、場に最も大きな干渉を与えることができ、目立ちます。
そういった力の誇示をしたがる男性には恰好の役割です。


【3】司会者に求められる資質

先ほども述べた「場回し」が肝心で、所謂ネタフリ・ツッコミができなくてはなりません。
ネタフリとは出題(前振り)、ツッコミとは回答(ボケ)に対する指摘・訂正・補足・軌道修正などです。
つまるところ、「ボケの意図を汲む」、これが全てです。
円滑な進行はもちろんのこと、「ボケの意図を汲んで伝える」という立場にいるので、壇上と客席、全体を見渡せる広い視野が必要になります。



ではこの辺りで、【1,2,3】と見比べながら具体例を挙げてみましょう。
寄席エリア常連司会者である、もちさん。
タイトルで期待されていた方、お待たせしました。
今回は彼をなぞっていきましょう。

まず、彼の特筆すべきは点は、やはりレスポンスの速さでしょうか。
回答に含まれる語から、まるで早押し連想クイズのように切り返しをおこないます。

「こんなドラえもんは嫌だ」というお題に対して、
「5本指ソックス」という回答があったとしたら、
「しまむら」とだけコメントし、「つんぎぃ(次の回答いきましょう、の意だと思われる)」といった具合です。

これは【3】に示したツッコミの役割を放棄しています。
「気持ち悪いわ!」、「指ねえだろ!」、こんなシンプルなツッコミで充分ボケの意図は満たされるのに、本来最も重要であるはずのツッコミをすっ飛ばし、「与えられた語から広げる」という、より力の誇示をし易い(と本人が思っている)方を優先するのです。
これでは「ボケの意図を汲んでいる」とは到底言えません。
もしかしたら、単純にボケの主体性を理解できていないのかもしれません。
一切のツッコミを返さないということは回答者に対する裏切りだし、マジカル超インスピシャウトがしたいだけならご自宅のセットでお願いしたいものです。
「拾う」こと「広げる」ことというテクニカルで大きな効果が見込める一点のみに前傾姿勢で息巻いている彼の様子は、メガネが曇っており視野が狭いという他ならないでしょう。

続いて【1,2】を見てみましょう。
彼がツッコミの役割を放棄しながらも奮起し続けるヒントがここにあります。
場を取り仕切り支配できること、ましてや司会は骨の折れる仕事なので敬遠されがちだが、敢えてそれを買って出るという義侠心をアピールできること。
もうお気付きですね?そうです、モテるための打算でしかないのです。

「場の支配」についてもう少し言及すると、ここでもやはり目に余る言動があります。
先ほど例に挙げたような、回答者の心を踏みにじり、自身のレスポンスの速さのみを振りかざす乱暴なスタンドプレーを続ける訳ですから、たちどころに挙手する者がいなくなります。
そうすると彼は、あろうことか「ないか~、(回答は)もうないか~」と回答者を煽り始めるのです。
心を折られた回答者に追い討ちをかけ、更に「10,9,8…」とカウントダウンで詰め寄ります。
手は挙がるはずもなく、「しゅうりょっ(終了、の意だと思われる)」で勝利宣言をしてゲームセット。
果たしてこれは司会者の、ツッコミの、あるべき姿でしょうか?

ネットの世界では接続時間が物を言います。常連はエライのです。
【1】で述べたような、学習と模倣の対象となる常連がこの調子では、「ツッコミとはこういうものなんだ」というミスリードが蔓延し、うんこちゃんフォロワー同士で糞の塗り合いをする場になってしまうでしょう。

ぼくは大喜利が大好きです。
大好きなものを穢されたら、そりゃあ怒ります。
そうそう、大喜利が好きで思い出しましたが、もちさんも大喜利は大好きなはずなんです。
彼が毎回音声司会配信で用意しているお題なり企画なりの、番組に対する工夫や努力には本当に頭が下がります。
リスナー、もとい寄席を楽しませよう、一丸となって楽しもう、という姿勢はエンターテイナーの鑑であります。

でもなあ、もう、おんねん。そういうやつ大喜利phpにもおんねん。
見てきとんねんこっちは。そういうクソ連中を。
大喜利を用いた企画等で率先して舵をとり、運営の上層部気取りでそのポジに気持ち良うなってもうてるクソがなあ。
やっぱし、ありがとうありがとう言われるやん?それって気持ちエエやん?
いや、わかるねんけどなあ。でもそれ、大喜利じゃなくてもいいよね?っていう。
我がの私利私欲を満たすためのツールとして利用してるだけだよね、っていう。
詳しくは「ちゃんこフォンデュ」でググったらよろしいわ。

まあね、今のもちさんも同じように見えてしまっている訳なんですよ。
それはぼくが穿ち過ぎだとか、邪推し過ぎだとかって思う人が中には居るかもしれない。
10日足らずの観察で、数回配信を聞いただけで決め付けるのはよくないという声が上がるかもしれない。

でもね、それは「ほしはほしでもすっぱいほしは?」と訊かれている場合なんですよ。
今回の場合はね、「干しは干しでも、赤くて、酸っぱくて、梅の果実を数日間塩漬けにしたあと、日光で乾燥させ、シソの葉とともに梅酢に漬けた、長期間保存できる食品は?」と尋ねられとる訳なんですわ。
そしたらそれはもう、「梅干し」と答えるしかないでしょう。


もちさん、あなたはうんこでも梅干しでもないことを、魅せてくださいよ。
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます。
この度、コミュニティ「キクチサヨコの大喜利部屋」のリーダーを任されましたmakosuです。
これまでのリーダー、職人の足音(キクチサヨコ)くんのIN率が著しく下がるという訳で、現在求職中であるぼくがこのコミュニティの方針を決め、統率していくこととなりました。
そうです、彼はピグ大喜利ではなく実生活を選択したのです。絶対に許しません。

さて、現在「キクチサヨコの大喜利部屋」はぼくを含む6名のメンバーで形成されています。
ピグ大喜利歴はまだ1週間程度の新参者ばかりなので、まずはメンバーの紹介からしておくことにしましょう。



【リーダー】職人の足音

大喜利phpやその他長考型大喜利サイト等で活動。
ニコ生の女性配信者にアンチコメをしつつTwitterのDMで口座番号を聞き出し、無言で2万円を振り込むというキチガイっぷり。
その後も金銭や物品を送り続けるが「古参の囲いには情報量で勝てない」と悟り、アメーバピグに新天地を求め移住。
夜勤の社会人で金を持て余しているため、ピグ開始後5分でアクションを片っ端から購入し、日夜ギャグ制作に勤しんでいる。
ハンドルネームの名付け親はケンドーアラシ氏。


【リーダー】makosu

大喜利php等で活動。
ネット大喜利暦10年。ネット大喜利ギャング集団「マコス軍団」を率いている。
ライブストリーミング配信サイトStickamにて日夜声を振り絞りながら喚いている随想家。
感情と理論のバランスが歪であるため、実生活でも度々損をしている。
2/14生まれ。誕生花はカモミール。花言葉は「逆境に耐える」。
好きな私立ジャスティス学園のキャラは恭介。


【メンバー】ヤマモト

ネット大喜利スクリプト「ボケグラム」の作者。
ボケグラムは、大喜利用に作られた無料のPHPスクリプトです。
自動/手動で投稿・投票を締め切り、投票された点数を集計、結果画面を表示します。
「ネット大喜利ププゥ」さんのサイトで配布されていた大喜利CGIを見ながら作らせていただきました。
大喜利CGIを作られた31さんには大変感謝しております。
との事。


【副リーダー】ド下品

大喜利phpやその他長考型大喜利サイト等で活動。
メンバー内の誰よりも純粋にピグを楽しんでおり、どんな服を着ても似合う。
毎日規則正しい生活をしており、公私ともに魚を獲る。
握力は右72左70。大卒。


【副リーダー】妖怪ニャンコ

Stickam等で活動。
大喜利phpの古参でもあり、当時はねとらじで放送もしていた。
男を見るときは、ソーシャルゲームに課金するためのiTunesカードを買ってくれるかどうかでしか判断しない非人道っぷり。
愛猫家でもあり、8匹いる実家の猫の名前はどれも乾かして保存できる食品名ばかり。
バストはKカップ。


【副リーダー】KKT

大喜利php等で活動。
軍団員の中では数少ない常識人。
makosuがとあるネット大喜利サイトの管理人と思想の違いから口論になりアク禁処置を受けた件の後日談が話題にあがる度、毎回「双方の気持ち・立場もわかる」とオトナの意見でお茶を濁す。
常識人の皮を被りながら他の大喜利コミュニティに対する諜報活動を担当している。



2013/6/27現在、このような感じでしょうか。
我々は「大喜利php」というリアルタイムで競う一問一答式の大喜利サイトから来ました。
そこにはルールやシステム上、どうしても現実でおこなう大喜利とは異なる点、足りない点がありました。
しかし、アメーバピグの浅草の寄席エリアでの大喜利は、そういったしがらみから解放され、実際に舞台に立ってホワイトボードとペンで回答する大喜利に最も近いのだと気付きました。

アメーバピグ自体は「ごっこ遊び」です。
その延長にあるのが「大喜利ごっこ」です。
司会者ごっこ、回答者ごっこ、芸人ごっこ、客ごっこ、細分化すれば何とでも言えます。
ただ、その「ごっこ遊び」を、皆さんは本気でやってますか?
本気で遊ぶことをしてますか?
本気で楽しむことをしてますか?

してへんなあ?
「ヒマつぶしにやってるだけだから」とか言うわなあ?
ヒマつぶしにしろ何にしろ、真剣にやった方がおもしろいですよ、楽しいですよっちゅうだけの話なんですわァ。
しかも君ら、10分15分ちゃうやろ?
まあまあ費やしてもうてるやん?
ほなそれ相応のもん、求めてもええんちゃうんけ?

ここにはそれがある。
キクチサヨコの大喜利部屋には、それがある。

アイル ネバー ギブアップ、ファッキュー。(ガチンコラーメン道Ⅱオーディションで佐野に「帰っていいよ」と言われた志願者の捨て台詞)



ではこの辺りで、現メンバーへの今後の方針を発表します。
まず考えているのが「ボケグラムでの定期大喜利」です。
せっかくこれだけのメンバーが集まったのに、ライフスタイルがバラバラという理由で大喜利ができないのは勿体無い。
こういうときこそ長考大喜利、そう、ボケグラムの出番ちゃうんかと。
ヤマモっさん、是非お願いします。
伝言板やブログのコメント欄でスパンの調整したらええやろし。
あっ、そうそう。職人の足音くんが言うてたけど、ヤマモトさんだけ副リーダーじゃないのは、コミュエリアに家具の寄贈を1つもおこなっていないから、だそうです。

あとついでに、ぼくが配信する際は日時を事前告知するようにした方がええのかな、とか考えてます。
それこそボケグラム大喜利の結果発表的な感じで、定期配信をしてもいいかもしれないですね。

ほんで次が肝心なんですけど、やっぱ「他コミュニティとの交流戦」、これっすね。
だいぶスポーツマンシップ尊重して言うてるけど、詰まるところ「ピグ大喜利の連中全員ぶっ潰す」ですね。
ぬるい大喜利してるカスどもを根こそぎ矯正させたる、感謝せえよワレです。
ですので、もし目が合ってしまった方々は全力で抗ってください。まあ無駄な足掻きに終わるとは思いますが。
それでは今回はこの辺で。


We do the justice.(ガチンコの副題)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。