2011-04-01 10:58:32

東海地震から子どもを守る防災セミナー実施報告

テーマ:地震から赤ちゃんを守る
こんにちは。ベビーウェアリングコンシェルジュの園田 正世です。
先日、3月30日に今年度最後の防災セミナーを実施しました。
募集開始から2日もかからなうちに、午前午後とも各50組の申し込みがうまりました。
入れなかった方も60組くらいいらっしゃり、申し訳ない思いです。

会場はこんな感じです。

防災ファシリテーターのあんどうりすさんによる「ナチュラル防災講座」からスタートです。
$だっことおんぶログ-110330防災セミナー1

今身の回りにあるモノをどうやって防災グッズとして利用するか、新しく子育てグッズを購入するならどんな点に気をつけると防災仕様に早変わりしてくれるのかなど、ママ目線の内容が大好評です。


内容が盛りだくさんなので、皆さん熱心にメモをとっていらっしゃいます。

$だっことおんぶログ-110330防災セミナー2


途中で「高いところに逃げる時のちょっとした体の使い方」や「倒れた人の起こし方」なども実際にやってみます。

$だっことおんぶログ-110330防災セミナー3

火事場の馬鹿力というものがありますが、それは背筋を有効に使うことなんだそう。
普段赤ちゃんを抱っこするときにも腕だけで支えていると腕が痛くなってたいへんなので、背筋を使えるようになるととても良いのです。


次にだっことおんぶの研究所によるさらしの使い方、緊急時のおむつや糖水の作り方・飲ませ方などの説明をします。

$だっことおんぶログ-110330防災セミナー4

これは何もない状態でコートで抱っこする方法を実演しています。
ウエストをしばるものはロープでなくても、ストッキングでもいけるし、長いベルトがあればそれも使えるでしょう。我が家の場合は小学生がいるので縄跳びでも結べるし、延長コードでもいいと思います。格好よりも命が大事ですから。

ただし、夏場は上に羽織るものはすぐに取り出せないでしょうから、バスタオルとかトートバッグに入れちゃうなんてことも考えておいたほうが良いでしょう。

さくっと前で実演するだけなので、あとから個人的にご質問される方も多いです。

$だっことおんぶログ-防災セミナーでさらしの使い方レクチャー

いちど見ておいたり、やってみるといざという時にも機転が利きます。
急に困った時に何も発想がないよりは、記憶だけでもあれば助かる可能性大です。

以前ここで紹介した5%糖水も今作ってみて味見をしておくといいですよ。災害時にスケールや大さじなんてあるかどうかわからないですから。
私にとっては
『すご~く甘い甘い
飲み物でした。


2011年度の予定は決まっていませんが、開催要領ができたらサイトにアップしておきます。
興味のある方はぜひご覧になってお声掛けくださいませ。


なお、静岡県内在中の方は来週の月曜日あたりの静岡新聞夕刊に当日の内容が掲載される予定です。
ご覧くださいね。

では!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

そのだまさよさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿