手をつないで歩きたい

2011年4月我が家にやってきた黒柴犬のクロマルとの毎日
心配したり悩んだり、寝顔を見てあったかーい涙をながしたり
大切な大切な私の犬と私の絆、そしてクロマルの成長記です。


テーマ:

久しぶりのブログになってしまいました。
iPhoneからの投稿、テストみたいなものです。

今までPCから長ーくゆっくーり書いておりましたから^^;

保存して・・・とかもできるのかな?iPadからだと写真が変換しないとUPできませんでした。
まず写真テスト
{9B6D5AC5-835C-43D0-BF41-F4898D2B51F1:01}




4月末日、引っ越しました。
といっても実家の真下です。
いろいろ慣れるのが苦手なクロマルですが、そこそこボチボチな毎日を送れています。

又、ちょっと頑張ってブログ書こうと思います!

iPhoneからの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先週末の雪は横浜もすごかったです。
我が家の庭では強風で木から落ちた雪も積もり、一番深いところで私の膝上になりました。

ふわふわの雪の中だと完全にうもれたクロマル
少し固めたり道をちょっと作ってやったら、大喜びで遊んでいました!(^^)!


写真は翌々日の公園、日曜が晴れたとはいえ、まだまだ雪がいっぱい(^_^)

♪♪ 君の心に続く長い一本道は ♪♪



♪♪ いつも僕を勇気づけた ♪♪



♪♪ とても とても 険しく細い道だったけど ♪♪



なあんて古ーい歌を歌いながら歩きたくなる(笑)
この後は恋の歌になっちゃうからこの3フレーズだけが好き・・・
今でもクロの心に続く長い1本道を模索しながら歩く飼い主(笑)

犬の足跡って可愛いですね(^_^)




深いところもガンガン攻めて探検を楽しんでいました。




お友達も来てくれてこの日も楽しいお散歩になりました。




楽しみとか期待って、人生でも犬生でも同じように、とても大事なことなんだなあと思うこの頃。

単独散歩でもクロの様子がどんどん変わってきて、もちろん少し自信もついた、そういう変化も感じるけれど

何か楽しみがある、何かを期待しながら歩いている
大げさに言うとそんな感じ

お友達の明日香ちゃんやテリーくんはどこにいるのかな?
他のワンコさんにも会えるかな?
そう思っているかもしれないし

かくしておいたボールはまだあるかな?
今日もお馬はいるかな?
はっきりとそう思わなくても場所が近付いてくれば駆け出したくなるようなワクワク感
そういうものを感じる時が多くなった。


急に歩かなくなる、そんなことが多かったクロマル

自分の自信も少しついて、散歩の満足度が増えた分、外を歩くことを楽しめるようになったのだと思う。

単独散歩でも楽しく歩けて何より何より

楽しいことは本当に大切だね!


もちろん散歩に連れて行く飼い主が
クロにとって楽しい人、安心できる人であることが大前提!


そこで又、私は歌います・・・


♪♪ 君の心へ続く長い一本道はいつも僕を勇気づけた
とてもとても険しく細い道だったけど~   ♪♪

この3フレーズだけが好き!← しつこいよ(笑)

クロマル、
君の心に私は届いているかい???



雪が溶けないうちに又、明日も雪予報ですね。

皆様、通勤、通学、お散歩、気をつけてお出かけ下さい。

のちの雪かきも・・・筋肉痛になりませんように・・・





にほんブログ村 トラコミュ 犬との暮らしを考えるへ
犬との暮らしを考える



にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
クロマル今日で3才になりました!(^^)!

振り返るとあっという間の3年でした。



今日はクロマル地区も雪が降りました。


お誕生日でしたが苦手な気温の変化で^^;

一日中落ち着かず、ひっついておりました。

早々に夕飯をすませ、後片付けをして

さっさと寝室に上がり

ようやくまったりしています。


夕飯は大好きなものでお祝いしましたが・・・写真はありません(笑)


写真嫌いは・・・今年はちょっと好きになって欲しいです^^;


FBでお誕生日のお祝いメッセージを頂きまして、本当に感謝しています。


これからもクロマルをどうぞ宜しくお願いいたします。




写真はいつもの寝姿です^^;


毎晩、同じ寝相でぐっすり眠り

いつもと同じ朝を迎えられる

そんなことがありがたくて仕方ない・・・


この仔が教えてくれたことです。



これからも健やかに育って欲しい


3才おめでとう、

3才ありがとう

ずっとこんな日を続けていこうね



クロマル、お誕生日おめでとう。












にほんブログ村 トラコミュ 犬との暮らしを考えるへ
犬との暮らしを考える



にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
1月30日チャーリードッグスクール横浜お散歩トレーニングに2回目の参加ができました。
体調やら音恐怖症やら^^;不調なりの体調維持、参加できたことがとても嬉しかったです。


着きました、新横浜公園!


12月に初参加させて頂く前から
「チャーリーママさん」「散トレ」という言葉をクロに浴びせて(笑)
12月25日に楽しい時間をすごさせて頂いてからその言葉にとっても反応するようになっていました。
1月30日朝、玄関を出て、駐車場に行く階段で「散トレいけるねー」と言ってみましたら、一瞬動きを止めまして私の顔を見ました。
「チャーリーママさんに会えるね!」そう言ったらちゃかちゃかっと階段をのぼりまして(^_^)

車の近くでやっぱり躊躇はしましたが、「チャーリーママさんとこ行こう!」「散トレだよ!」
と励ましてみましたら・・・・
何と何と自分から車に脚をかけました\(^o^)/
立花先生が車内不在の車に自分から行けたのは初めてです。

着いてすぐにママ様やテリママさんに会えて大喜びのクロマル
ママ様にかけよりさりげなーく撫でて頂いてさらに甘えておりました。

開始までの間、少し時間がありまして待っている間も行きたくて仕方ないクロマル(笑)



全身で楽しいー嬉しいー何かすごーい!と言っているようで
おでぶちゃんのスキップ(笑)見ました。
そして広場に移動
元気よく歩きます!




チャーリーママさんの近くで自己紹介をしました。
前回よりずっと皆さんの近くでお話ができました。

今年の抱負は
クロマルにたくさん楽しい経験をさせてやりたいと言った記憶があります^^;

ということからもおわかりかと思いますが、又しても、私はいっぱいいっぱい・・・舞い上がっておりました。
皆さんのお話最後の方でクロがちょっと埋没しそうになっていまして
チャーリーママさんのお心使いで名前を呼んで頂き、場所を広場から移動して下さってクロマルも踏ん張れました、ありがとうございました。

この後、名前を呼んでおやつのデモ
やチャーリーママさんからのお話など
この日の詳しい内容は・・・幹事様のsamiさん、テリママさんのブログでご覧頂いた方がいいかと思います。
まだ、私は参加しているだけで夢の中状態・・・初回と全く同じでした。
クロはとても変化を感じました。
クロの方が順応性がありました(笑)



この日も真っ先にチャーリーママさんにハンドリングして頂きました。
クロは柴お姉さんのすみれちゃんが気になって気になって側に行きたくて仕方ない
どんどんすみれちゃんの方に行こうとします。
その時のママ様のグーとパー
突進は少ないので止めるという形ではなく、行きたがるクロを落ち着かせる様なグーとパーでしょうか・・・
リードをスライドさせるようにグーとパーが同時に行われているような感じがしました。
それだけグーとパーの落差が少ない・・・という事はクロにもリードから伝わるショックのような張りと緩みは感じていないという事です。
ですからクロにとっては全く否定感も、嫌悪感もなく、後ろを振り返りたくなるような伝わり方になっているのだと思いました。

普段のお散歩時に止める、緩めるの落差が大きいと、よかれと思った緩める事が、止めてからの加速により犬の体のバランスが悪くなるという自覚が私にありました。
体のバランスが悪ければ心地いい歩行とは言えません。
体のバランスを整えてやれるリード使い、ここも奥が深いです。




ですので、すみれちゃんから少し離れるように方向を変える時でも、歩行中のグッとパーでリラックスさせて頂いてハンドラーであるママ様の方にクロから行きたい気持ちになるのですね。
もちろんクロを誘導して下さるためのママ様の足の動き、フットワークはクロの数倍、数十倍動かしていらしたと思います。
犬にとって魅力的な惹きつけられるような、ついていきたくなるような動き方
もっともっと勉強したいです。



ママ様のハンドリングによってリラックスさせて頂いたクロはそのまますみれちゃんのママさんに自分から近付いて行っておやつを頂いています。
ありがとうございました。
後ろにちょこっと見えるのは可愛いすみれちゃんのあんよです(^_^)



ママ様の横にいる時はじっとママ様を見上げています。
ママ様からは何もアクションはありません、クロからの自発コンタクトでした。

この日、ママ様のお話にあった
飼い主が最強の二次強化子になるという事は
正しい古典的条件付けとともに、こういう事の日々積み重ねでそこに近付いていけるのかな・・・と思いました。
家はまだまだ数年かかりそうです^^;
全ては絆つくりから・・・
古典的条件付けであいまいになっていたところはなかったか?
日々省みながら、心で感じて、もっと取り組み自体に愛情を持ってクロと接していきたいと思った散トレでした。





純粋にコツコツと、一つ一つ丁寧に
日々一人でも出来ることです。
いつのまにか、それは面倒なこと難しいことではなくなり、自分自身の楽しみに変わり、
クロが苦手な事の克服すら辛いとかかわいそうかな?などの感情はすっかり消えていきました。
それがお互いの成長に繋がっていると確信できたからだと思います。

今年の抱負はクロに楽しい経験をたくさんさせてやりたい!
私も一緒に楽しみたい。

この日スキップするように体中が楽しい!楽しい!と言っていたクロを見て
本当に嬉しかったです。

チャーリーママ様、ご一緒させて頂いた皆様、ありがとうございました。

今回も散トレ全体の内容を伝えられない文で申し訳ないです^^;
次回の目標にします!


本当に楽しかったね、クロマル
又、来ようね!

うん!母さん、約束だよ!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
12月31日、明日はもう2014年
ということで2013年を振り返ってみます(笑)

1月


クロにとっては初めての雪散歩
楽しそうでした、我が家まわりは1週間以上雪が残り、雪散歩を満喫していました。

2月


2才になりました、お誕生日散歩中に写真嫌いのクロがこんな笑顔で写真を撮れて
私への逆プレセント(笑)
車酔いが始まって、初めて病院以外で車に乗ってお出かけもできました、初ドッグカフェ
まだまだ吐きながらですが、ゆっくりですがカ―トレを初めるきっかけになりました。

3月  
Simplog

4月


5月



今から思うと体調もとてもよくすごせていました。
歯当てのような事も全くなく精神的にもとっても落ち着いてすごしていたと思います。
お散歩もいい笑顔で楽しそうに歩きました。


そして6月

人生、こんなに重なる時は重なってしまうのか・・・というほど
大変だった6月
自分がうっかりミスで左手首を骨折^^; 
その次の日に父が意識をなくして救急搬送で入院と・・・
それから厳しくて辛い夏が始まりました。
でもクロは驚くほど協力的に私によりそってくれました、成長がありがたくてありがとくて
クロのおかげで6月7月8月は乗り越えられたと思います。
父も現在は通院治療まで回復、命のこと、日々を生きることなどいろいろなことを考えました。




7月


8月


クロがいたからいろんな事を頑張れた自分、クロの成長もありがたかったです。
毎日がものすごいスピードですぎていった夏でした。
父の入院、退院、3度の救急車
その後都内に転院・・・
もともと分離不安と診断されていたクロの長時間の留守番の負担は、秋になってからいろんな症状ででてきてしまいました。

9月


薬の副作用と音恐怖症が重なって、夜間救急に行くほどの震えとパンティング
大変な夏を一緒に乗りきってくれてクロにもいろんな負担がかかっていたのだと思います。
台風、強風、雷、建設中の家の工事音・・・今まで単体では乗り越えられていた事も、一旦逆戻り^^;
それどころか家電の音にまで過敏になって、音なき世界に生きれるわけもなく(笑)
12月現在もそれは続いています。
抱っこでしのぎ、家事中は足元にマットを移動させてマットでしのぎ・・・
まだまだ音関連は苦戦中です。

10月


音恐怖症や体調不良は続いていましたが10月後半に行ったトリミングで、保育園に来ていたワンコさん達と遊ばせてもらった時の笑顔です。
10月にはお友達のテリ―くんとお散歩をさせてもらったり、学び多い月でした。
満たされるという事、飼い主だけでは与えてやれない犬同士(同種)の間で生まれる犬の自信や満足感・・・そんな事を実感しました。

11月


近くの公園内にお馬を見に行くのが流行りになりました(笑)
毎日毎日、馬場を見渡せる芝生のところでしばらくお馬を見てすごします。
迷い人をここまで案内できるほど(笑)クロにとってお馬のところは大好きな場所になりました。
毎日です^^; おかげで関係者の方にも大変よくして頂いています。
家内にいる時、音関連で不穏になっても、お外に出ると元気になったり・・・
好きな場所ができると心や頭の切り替えにもなるのかな?そんな感じがしています。

そして12月


念願だったCDS横浜散トレに参加する事ができた私とクロ
散トレとは何かをトレーニングする場所ではありません。
歯がでてしまう仔も吠えてしまう仔も、犬が苦手な仔も人が苦手な仔も、怖がりな仔も、元気いっぱいの仔も
どんな仔もみんな、そのままで愛される存在なのだという事を感じさせてもらえる場所です。
それを感じさせてもらえるのは飼い主だけではなく、
犬がそれを感じとり、リラックスできる場所でした。
そのままで愛されるべき存在の犬達がもっともっと自分に自信をつけていける場所
そう感じました。




一年はあっと言う間でした。
昨年と大きく変わった事も、あまり変化なかった事もいろいろありました。


でもクロは大きく成長中

5月に新しい車に変えて本格的に車慣れの練習を始めてから、ハーネスを着ける=車 になってしまったのか、その後もハーネス装着に時間がかかってしまったり・・・病院以外の楽しい場所に連れて行ってもなかなか自ら喜んで乗車するにはいたっていません。
でも、それでも、ハーネスも乗車も数回気持ちを自分で切り替える、そして自分からハーネスを装着させる、乗車するという、自分で切り替えてやりきる事ができるようになったクロマル

9月の体調崩しは12月になってもまだ引きずって
全ての音が怖くなっています。
それでもそんな状態でもハーネスを着け車に乗り、散トレに初参加できたという事は
クロの大きな成長以外の何ものでもなく、私達にとって素晴らしい経験だったと思います。

出来ないこと、苦手なことはまだまだてんこ盛りです。

でも、諦めずに1つ1つ丁寧に、そして強い気持ちで飼い主が踏ん張っていけば
必ず少しずつでも何かが変わってくる
飼い主の変化、犬の変化、それがちょっとずつちょっとずつ
かけ違ったボタンのような感情の行き違いを緩和してくれて
毎日が昨日より今日、今日より明日と進んでいく
噛み癖がなおったわけでも、分離不安がなおったわけでもないけれど
悩むという感情は消えて、そのままのクロが愛おしくて愛おしくて仕方ない・・・
例えこのままで一生がすぎたって、私達は幸せに暮らしていける。
(だけど軽減できることはさせてやりたいですね、もっとリラックスして毎日をすごせるように
管理をしっかりしながらその中で自由を満喫して欲しい・・・そのために自分は学びます)

そう思えた一年でした。

来年も又、成長と一緒にいろんな経験をさせてやりたいです。

満たしてやること、伝え続けること
私が学びを止めない限り、必ず噛み癖も分離不安も音恐怖症も今とは変わってくると思います。



お世話になった皆様、支えて下さった皆様に
深く感謝いたします。

来年も家族全員で笑顔ですごせるように
今日も明日もその次の日も
大切に大切に暮らしていきたいと思います。


皆様、どうぞよいお年をお迎え下さい。

来年もクロと飼い主をどうぞ宜しくお願いいたします。




にほんブログ村 トラコミュ 犬との暮らしを考えるへ
犬との暮らしを考える



にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
12月25日クリスマス、念願だったチャーリードッグスクールの横浜散トレに参加させて頂きました。

2011年5月にチャーリーママさんこと夏目真利子先生のブログを知ってから約2年半

当時はお散歩に行けるようになったら参加してみたい・・・そう思っていました。

けれどそれから1年後、お散歩に行けるようになっても私にとって散トレは遠い遠い場所でした。

この日までの道のりがどんなに遠かったか・・・

そこから書きます・・・^^;
長いです・・・すみません(笑)
長いのでまず、写真などいれてみます




ああだこうだといろいろ自分なりの事情はありました、まだクロを上手にハンドリングもしくは制御できない・・・
クロが車酔いすること、自分が運転して単独でクロを車に乗せる事ができない・・・
その時は本当にいいわけでも何でもなく、私にとって深刻な事情だったのは事実です。

でも、散トレに参加できなかった一番大きな理由は
クロと私には多分、まだ無理・・・そういう自分の思いこみでした。


車嫌いからの脱出、丁寧に丁寧に立花先生がご指導下さって今では往復1時間くらいまでクロは吐かずに車に乗れるようになりました。
クロと車に乗ってどこに行きたいですか?先生にそう聞かれた時
病院です・・・最初、本当にそう答えた私。
その時は病院に一人で連れて行けないという悩みでいっぱいいっぱいでした。
立花先生はまずそういうところから変えて下さいました。
飼い主(私)が決して諦めずに出来ると思った事はクロは必ず出来ますよ・・・何度も何度もどの悩みにでもそう言って下さって支えて頂きました。

初めて自分で運転してクロを単独で車に乗せたのは9月に体調を崩し救急病院に行った時、カ―トレを始めて4カ月がたっていました。

そして10月、チャーリードッグスクールで学んでいるテリママさんとの出会いがありました。
重くしっかりと閉じてしまった扉をふわりと開けてニッコリ笑ってくれた・・・そんな出会いでした。

愛犬のテリ―くんとななちゃんを連れて我が家の近くの公園までお散歩に来てくれて、楽しい時間をすごさせてもらいました。
その後も新横浜公園に車で行ったりしながら6回くらい一緒にお散歩をさせて頂いて
楽しいってこういうことなんだよね・・・
犬が満たされるってこういうことなのかもしれない・・・
当たり前のことを忘れていた自分、たくさんの気付きがありました。

本当に散トレに行ってみたい

そう思えたのはテリママさんがはっきりと言葉にはしないで
出ておいで、外は楽しいよ、みんなとっても暖かいんだよ
そういう事を笑顔で教え続けてくれたからだと思います。

散トレ当日の朝も携帯がなってでてみるとそのテリママさんの明るい明るい声

「もう起きていた?いつものところで待ってるよ―!!」

緊張がふっとんでいきました。
そうだ、いつものようにテリ―くんとお散歩に行くんだ!
支度する気持ちが一瞬で軽くなったのは言うまでもありません。
電話の声を聞いて何だか全てがふっきれたように楽しく出かける事ができました。
テリママさんの暖かい暖かいお心使いだったと思います。

前日のFBでもチャーリードッグスクールのお友達からたくさん励ましの言葉を頂きました。

皆様に感謝・・・
それ以外の言葉は見つからないです、
こんなに支えられてもらえる自分は本当に幸せだと思いました。
本当にありがとうございます。


そして現地、新横浜公園

2年半ぶりのチャーリーママさんをクロは覚えていました!
「クロちゃん」
ご存じの方はご存じのあの声で、名前を呼んで下さった瞬間
「あ、僕、知ってる!」と言わんばかりにかけよったクロマル
短いあんよ(笑)をぴーんと伸ばしてぴょんぴょん飛び跳ねるように喜ぶ喜ぶ(^◇^)
きっとこの時点でクロはこの場所がとっても嬉しい場所になっていたと思います。




上の写真は自己紹介で輪になった時の写真です。
このことも事前にチャーリーママさんと幹事のSamiさんには、クロは歩かずに輪の中にとどまっている事は難しいと思います。
と連絡をしました^^;

多分、出来ないと思います・・・またしてもその発想の自分^^;

クロはすんなり出来ました。
ただ空気の匂いを嗅いで、自分から何の要求もせず、何も言われなくても私のとなりに座ったクロマル
「クロ、いいこだね」と言ったら私の顔をペロペロなめました。
実はこの時点でかなりぐっとくるものがありまして(笑)
今までのいろんな悩みやら思いやら、いろいろ頭の中をかけめぐり
自分の自己紹介後だったのですが、皆さんの自己紹介など言葉を聞けなくなっていました。


自分の自己紹介もあまり覚えていないのですが、「無事故無違反で・・・」などという又、とんちんかんな表現をしていたと思います。
どんなタイミングで手に反応してしまうかわからないので、今日はおやつは頂かないで一緒に名前を呼んで下さいというお願いもしました。
離れたところを歩きながら2時間が終わる頃、一緒に歩けたという気持ちが芽生えるようにしたいと思います、などとお話した記憶がわずかに残っていますが・・・定かではありません^^;

その後も散トレの基本の3項目のお話、先輩方のデモを拝見したり

テリ―くんの素晴らしいマグネットデモも炸裂していました。

詳しい内容は上記の幹事のSamiさん、テリママさんの記事でご覧下さい^^;

私はその場にいるだけ・・・何だか現実から切り離されていたようで記憶がとんでいます。
今、思いだしても汗がでるほど舞い上がっていたのだと思います。

連れていたクロがどんな様子だったかしか覚えていないのです^^;

チャーリーママさんにリードを持って頂きました。
動画を撮り夢中でママ様の手元を画面こしに見ていたと思います。

その時、ママ様の言葉だけでクロがワンコさんをスル―しました。
ほんの数秒の出来事の中に大切な事が凝縮されていたのです。

犬のシグナルを見のがさずに、それもただ見るのではなくて引き出してやること
正しいというフィードバックを適切なタイミングで与え、否定なしで正しい行動に導き
犬に安心を与え、犬から信頼される
こういう事が一瞬につまっていたわけです。

人の介入とはどういう事か

リードの制御も体を大きく使ったインターセプトでもなく、クロの小さなシグナル(コンタクトをママ様にとってから顔を横にそむける)と同時に
そっと「そう、そうだね」
その正解のマークでクロは再度シグナル(ワンコさんから顔をそむける)を引き出してもらって同時に強く「そう、そうだ」
肯定、キミの行動は正しいよと瞬時にフィードバックをかえしてもらったクロは
(2回顔をそむけて)そのままスル―、そしてママ様にコンタクト
そして優しく「すごいねーいい仔だねー」の言葉にひきよせられるようにママ様のもとに自ら行く、僕、できたよ そう言っているように見えました。

ガウガウに発展してしまうかもしれない犬同士のミーティングをその言葉だけで解決に導ける人の力
犬と会話するという事はこういうことなんだと昨日は一日中そのチャーリーママさんの神技、動画を見続けていました。




クロは初めての散トレ、距離をとりながらという事を念頭に参加させて頂きましたが、私の想像をはるかに超えて
普段のクロマルのままでした

歩くスピードがいつもの半分くらいになっても、途中で止まっても普段通りのクロマル

楽しそうでした、途中でテリ―くんを見つけ、お互いにかけよるようにして並んで歩く姿
テリ―くん、ありがとうね・・・心から思いました。


初参加のクロが楽しく歩けたのは、参加している方全員の暖かいお心遣い
その優しさがつくる暖かい空気と雰囲気のおかげだったと思います。

最初にお願いしましたのでおやつを頂くことはありませんでしたが、おやつがなくてもあっても
クロにとってはあの場所がとても心地よいものであった、楽しい場所であったという事は飼い主である私がよくわかります。
だいたいある程度の時間を外ですごすと、排泄事情も関係してくるのか家に帰る事(クロは基本排泄は家なんですね)を拒まない犬なのですが、この日は一度車に置いてあったコーヒーとパンを取りに行って又、広場に戻り、青空ランチトレにも参加できました。
父が家で待っている事もあってゆっくりランチとはできなかったのですが、私の横で又、空気の匂いを嗅いだり、パンのおすそ分けを美味しく食べたり、じっと座っておりました。


そうして散トレを終了できた私とクロマル

車に乗っても吐かずに帰宅できました。


散トレ内容がほとんど伝わらない内容の文章になってしまいましたが
私とクロにとっての散トレに初参加できたこと、初参加にむけての心の変化は
言いつくせないほどの思いや意味がありました。


パピーから今までの日々を振り返り、どれだけの方々に支えられてきたか

お忙しい毎日をご自身の時間や身をけずるほどまでして、日々の発信や全国各地で座学やお散歩トレーニングを開催させるチャーリーママさんの犬とその飼い主達への想い
それに救われ、学びたいと思ってママ様のもとに集う飼い主さん達の暖かな心
みんながみんなの犬を心から可愛がって下さって、一緒に成長を喜んでくれる優しさ

そういう事を改めて感じました。


又、来年も参加させて頂きたいです。
初参加は参加できたことが全てでしたが、来年は是非学びにつながる余裕を持てるように頑張ります。
ママ様の神技を1つでも多く実際に見れるように、近くで手元もしっかりと見れる距離に行けるようにしたいです。
遠くからしか見れないなんてもったいなさすぎます!!!


ご参加された皆様、初参加の私達を暖かく迎えて頂きまして本当にありがとうございました。



そして来年からの私のNGワードは
多分、まだできません
にします(笑)

私という人間が今までのクロに与えてしまったことなどを悔やむのではなくて反省したらそれを先にいかすように思考のくせもなおします。

そして実際に見せて頂いた犬との本当の会話、それが少しでも出来るようにこれからもこつこつと学んでいきます。



神様が私に下さった最高のプレゼントだったクロマルから、最高のクリスマスプレゼントを私はもらいました。
ありがとう、すくすくと成長してくれて本当にありがとう
夜、そばで私を見上げるクロの顔を見て、涙がとまらなくなりました。


散トレとは私にとってそういう場所だった
そんな想いがこのブログを読んで下さった方に伝わるといいなと思います。

長文、最後まで読んで下さってありがとうございました。



チャーリーママさんの匂い


お母さん、僕、楽しいよ


又、来年も連れてきてね
約束するよ、又、必ず来ようね








にほんブログ村 トラコミュ 犬との暮らしを考えるへ
犬との暮らしを考える



にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
家の母は私が小学生になった年に病気をして、それから毎年必ず入院していた。
一時、少しよくなったものの亡くなるまでずっとそれは続いた。
私が子供の頃、母方の祖母やその姉妹が同居
夜、父が病院に行ってる間の留守番が心配ないように誰か、家にいてくれたのだけれど
私はその頃いた我が家の一番大きな犬の寝床、縁側みたいな廊下のつきあたりに置いてあった屋根付きのハウスに入って、爪を噛むという癖があった。(爪噛みは今も直らないけど^^;)
祖母の妹はそれを見つけてすごく心配したらしいけど、私は大好きな犬の匂いとせまい空間と誰にも注意されないで爪噛みができた最高の場所だった。

犬はハウスにはいっても怒らなかった、当たり前だと思っていたけれど、ありがたいことだ(笑)
ふと、2、3日前、クロの手舐めを見ながらそんな事を思い出していた。

クロがバリケン内で手舐めする時、多分、それに近い安心感みたいなものがあるのかな?
私はここにいますけど^^;入院もしてないし、留守でもないんだけどね^^;

それから手舐めに一切口出しするのをやめた。

そしたら舐め続けもなくなった。
ただ、そんなものなのかもしれない。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と数日前にFBにつぶやいてから、実家にいた先住犬達のことなどいろいろ思い出していた。

当時は分離不安とか、○○恐怖症なんて言葉を獣医さんから聞く事はなかった。

手舐めして舐め壊しちゃったら治療したり、エリザベスカラ―みたいなのをはめてた仔もいたかもしれないけど、ただ・・・
それが何故?手舐めをするか?とかそういう原因追究みたいな事はほとんどなかったのではなかっただろうか???と記憶している。

カユカユでアレルギー血液検査とかもあったのだろうか?
少なくとも我が家の犬達はしなかった。

だからといって飼い主達はどれほど心配だっだか・・・と思うと
そんなに心配もしていなかったと思う^^;

先住犬の1匹は母の入院中、日中はほどんど玄関の前で母を待つようにしてすごしていた。
それを誰もそんなに心配はしなかったし、だから犬も夜になれば寝床に戻って寝ていたのではないか・・・



慣れない留守番と台風が重なり、一度手を舐め壊し、薬を飲ませて副作用がでて、更に心配して

そんなことを1カ月半もやっていた自分。

何か、おかしい・・・

留守番も台風も、昔からあったはず!!!(笑)

クロは分離不安と診断されたけど、ただ留守番に慣らせていなかったと考えるのはそれはそれで乱暴すぎるのだろうか?



いろいろな繁殖の仕方、ペットショップの弊害、その仔が持って生まれた体質や気質
そりゃいろいろ先住犬との違いはあるけれど

一番違うのは、接している人間の違いなんじゃないのかな?と反省をこめて考えています。

簡単に情報が得られて便利な現代、原因を探して追及して
それが本当に必要な事かどうか
(命にかかわる事だったらもちろん必要)

でもそれに至らない事までも一緒くたにして
いつの間にか自分が安心するための原因探しになっていたのではないか

心配していつも気にかけていたり
すぐに獣医さんに駆け込んだり
自分が辛抱できなくてした行動は必ずしもクロのためにはならなかったという反省は
今後の毎日の生活で忘れちゃいけない事だと思いました。


人に安易に飼い主が神経質だから犬が神経質になると言われると
イヤイヤ、それにはいろいろ理由があるのよ!とモヤモヤしたものだったけれど

確かに言い方を変えればそういう言葉の後ろにちょっぴり真実もあるかもなあーと
情けないけど思ったりします^^;

只今、飼い主変身中です。


$手をつないで歩きたい

お母さん、頑張って下さい!





にほんブログ村 トラコミュ 犬との暮らしを考えるへ
犬との暮らしを考える



にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
10月30日
クロは苦手だった(飼い主更に苦手でした)爪切りに!
もちろん気持ちいいシャンプーもです。

5月にお世話になった池田先生のところにお邪魔しました。

そしたら・・・

何と、こんな素敵な出来事が・・・



$手をつないで歩きたい


池田先生がクロのトリミングの記憶を楽しい事に上書きして下さるご配慮でした。

シャンプー、爪切り前に保育園にいらしていたワンちゃんと一緒に遊ばせて下さいました。

もちろん先生がクロの様子を見ながら一人、一人ワンちゃんと会わせて下さって、途中からはリードついていますがオフリードの状態で、先生達からおやつを頂いたりみんなと戯れる、戯れる!(^^)!

$手をつないで歩きたい


$手をつないで歩きたい


小一時間遊んでからのシャンプー爪切り
前回より更にリラックスしてできたと言って頂けました。

本当にありがたかったです。


池田先生のまるごと安心感のようなオ-ラで私もクロも不安ゼロになります。

あの以前のドキドキはいったい何だったのだろう??????

そんな気持ちになりました。


どれほど気持ちよいシャンプーで、爪切りもイヤじゃなかったかはこの顔が物語っています。

$手をつないで歩きたい


お散歩中でも撮れないこの笑顔!

しぇんしぇい、大好き―!といっております(笑)


そしてシャンプーが終わってからも又、一時間みんなに遊んでもらって

僕、楽しい!!!



$手をつないで歩きたい

笑っています。

こんな風にして頂けたら、ホントに爪切り=イヤ の記憶が

爪切り頑張ればこんな楽しい事があるんだぞーーーの
スペシャルご褒美のために頑張れる事につながるんだと

お心使いにホントに感謝いたしました。


犬は犬同士と一つ前のブログにも書きましたが・・・

この日は更にいろんな事を思いました。

オンリードとオフリード時の犬の違いもしっかり感じました。

オフリードでも心配なく犬同士戯れる事ができるように
もっともっと犬同士のやりとりが上手くできるように

私も犬語を勉強しながらクロに機会を与えてやりたいと思いました。


テリ―くんとのお散歩、そして保育園のみんなと遊んでもらえて

クロマル、満たされています!!!


池田先生、スタッフの皆さま、保育園のワンちゃん達、ありがとうございました。


これからも末長く宜しくお願いいたします。



にほんブログ村 トラコミュ 犬との暮らしを考えるへ
犬との暮らしを考える



にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
又、間があいてしまいましたが
途中をすっ飛ばして^^;

10月27日、CDSのテリママさん一家が我が地区の公園まで遊びに来て下さいました!

テリ―くん、ナナちゃんを連れて電車で来て下さって本当に感謝です!!


テリ―くん、可愛い笑顔(^.^)お目目が優しいの

$手をつないで歩きたい

ナナちゃん、ナナちゃんお目目になりたいという飼い主さんがいらっしゃるほど
どんな時でも優しくて穏やかなお姉さん、ホントに見習いたかったです。

$手をつないで歩きたい


そして・・・クロ
何て顔(笑) がっつり止められているし^^;
お写真は全てテリママさんのブログからお借りしてきました^^;

$手をつないで歩きたい


テリ―くんはワンコさんが苦手で吠えてしまう事があるとテリママさんから聞いていました。


初めましてからしばらくの間、かなり距離をあけて歩きはじめました。

テリ―くん全然吠えません

クロは気にして振り返り振り返り、そっちの方が気になるよね、ごめんね^^;だったのに吠えない・・・

興味いっぱいの声はそりゃみんなでますよね?
あ、みんなではないかな?
でも興味、好奇心・・・そういう犬の声って攻撃的な声とは全然違うし
もちろん怖くて声がでるわけでもない(笑)

ちょっと並んで歩いたり
前後してみたり

家はガサツにガシガシ歩くのでペースが早くて申し訳なかったのですが
待っている時にテリママさんを見ると
テリ―くんとナナちゃんのペースに合わせながら、優しい優しいリード使いで
両手にリード持っていらっしゃるのに全然余裕で笑顔
ナナちゃんのお目目と同じでそれはそれは優しいんです

テリママさんが名前を呼ぶとテリ―くんもナナちゃんも本当に嬉しそうにママの元にかけよって、笑顔、笑顔
もうホントに素晴らしい、感動してしまいました。

しばらくそんな風に歩きながらどんどん、あ、どうやら一緒に歩いているんだなーってみんなが理解して
3ワンズの距離もすっかり近くなり、飼い主同士もお話しながら歩ける距離になりました(^◇^)

仲良く歩いてる最中もテリ―くんとクロのやりとり、ワンワンワン!!(笑)

といっても例えば

「お前、誰だよ-?」
「お前こそ誰だよー?」

みたいな??(笑)

お互い一緒に歩いてるっていう確認ができた後のワンワンは2男子ワンズの会話みたいなものだと思いました。

エキサイトする前に、「はい、おしまい!」って言われると二人とも「へへーーん!」って感じで終わります(笑)

そのまま歩きだす、お母さんの所に戻る、どちらもニッコニコ

ナナちゃんはちょっと辛かったかもです・・・でもそれでも一緒にずうっと歩いてくれたナナちゃん、ありがとう!
すごく近くに来てくれていて、足を踏みそうになっちゃったのもごめんなさい<(_ _)>

クロはナナちゃんの匂いをかがせてもらって後ろをくっついていました^^;
優しい優しいお姉さんでした。




多分、多くの方にとってはとても日常的な当たり前の犬同士のやりとり・・・

そういう事が当たり前には出来なくなってしまった我が家、そしてテリママさん
(テリ―くんとママさんの様子からは全然ぴんとこなかった)


出来なくなった理由は違えど普段のお散歩では基本、ワンちゃんスル―を練習中

オンリードでのご挨拶や遊びは本来しなくていいけど、一緒に歩ける喜びも感じあえたらすごく幸せだよね
(テリママさんはCDSのお散歩トレーニングに参加していらっしゃいます。)

人間がどうやっても満たしてやれないところ、犬は犬同士のやりとりや会話
見守れるためにはそのための知識や心持ち、いっぱい勉強が必要だけど^^;
お互い信じあってるからこそできる事


犬同士で満たされる感情ってあるんだよね・・・


テリ―くんどんな時でもママの声が届いて、ママの足元に戻っていく。
毎日の取り組みってすごいな--

私とクロも頑張らないと^^;


家に帰って満たされました!とばかりにすやすや眠るクロ・・・

毎日のお散歩はそれはそれで楽しいと思うけれど、同種一緒に歩けたという満足感

ただいつものスル―だけじゃなくて互いの飼い主に信じてもらって、同種と関われたという満足感

そういうものが未熟な心を成長させてくれる自信につながるのかなと思いました。

素敵な時間をありがとうございました!


にほんブログ村 トラコミュ 犬との暮らしを考えるへ
犬との暮らしを考える



にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
9月が終わりかけた頃、少しづつ元気になってきたクロマル
気圧の変化やら気温やらで1日おき、日替わりみたいに体調も変化して私の心配は変わりませんでした。

でもふと気付いたんですね。
不調を引きずってしまうのは、又、私の感情が関係してるんじゃないかと。
うつし鏡のようになっているんじゃないかと。

私がクロを「守る」気持ちは正しい守りなのか?
クロの心配事に支配されすぎてはいないだろうか?
そんな風に思いました。


私の骨折から始まって、父の入退院、転院、父の病気の心配、
この夏のいろいろな出来事のなか、驚くほどクロが成長してくれてものすごく心強かった。
それでも私がいろいろ辛かった分、クロも同じように負担に感じていたのかもしれない

いいも悪いもいろんな事を察知してしまう、だからこそ正しい依存関係にならないといけないんだ・・・

正しい依存、いや、普通の共存をするには飼い主はどうしたらいいのか、何をしたらいけないのかわかっていたつもりだったのですが、実際には全然できていませんでした。

最初にブログに書いた事と同じですね。

自分の不安がクロをよけいに不安に、不穏にさせている。
あらためてそう気づくとホントに凹みました。

私に自信がないんですね、
自分にもクロにも自信がない
これからはクロに自信をつけさせてやりたいと思っても、私に自信がなくては不可能だということです。

例えば体調も噛みも同じ事で
体調が悪くならないように気をつけたり、噛ませないようにしてきたから(もちろんクロの成長もあります)今まで悪化してしまうのを防いできたと言った方が正しいかもしれません。

予防、防ぐ事は大切、でもそれだけじゃダメでした。

これから本気でクロに自信をつけさせたい、キャパを広げてやりたいと思うなら、まず私が勇気を持って失敗を恐れず、例え何か起きても一喜一憂しない強さで一歩前に進まないと、防いでいるだけの現状維持だけでは何も変わらない。

ありのままを受け入れる
それで不安が解消するかはまだわからないけれど、大切なのはクロにあわせるだけの対応はもう止める事。
私のやり方をクロが受け入れてくれるような関係作り、問題が表面化しない関係ではない関係作りをしていきたいと思いました。

例え失敗してもそれはキャパを広げる挑戦でいつかクリアーできる目標にしながらいけばいい。

もちろんスモールステップは忘れちゃいけないけれど、 失敗を怖がる事はもうやめよう。

命にかかわらなければ 多少の無理はしてもらいます、それくらいの気持ちをもたないと。
多少の無理してもし具合がちょっと悪くなったり噛まれたりしても、それをがっちりと受け止めるように
下痢をしなくなったとか、不安になっていないとかそこで判断するのではなくて
食欲やいろんな健康状態全体を見て、クロのここまでなら大丈夫というラインを見極めて
心配はその線を越えた時にすればいい。

その線の前なら大丈夫と信じよう。
獣医さんに行くよりも家でゆっくり休んでいれば大丈夫、そこの見極めは幼い頃の記憶があるから難しかったけれどあの頃とは違うんだと無駄な心配や不安を捨てようと本気で思います。

クロの先生は違いますが、行動科の先生でも不安定だったり過敏な反応を示す犬に対して
優位、上下関係等の視点から、無視のような対応を勧める方は多いようです。
飼い主が明らかに過干渉な場合や、犬にクールダウンを促すようなタイムアウトの意味で提案されるのかもしれません。
でも、それとは根本が違う気持ち考え方で、犬に無関心を装う、もしくは自分が不安定なら視線を合わせない
私はそう学びました。
何となく同じような事でも心が違いますよね。
飼い主の辛抱、忍耐は必要ですが、犬の感情はなだめてやれる方法を学べて本当によかったと思います。

優位、劣位、上下関係・・・
そういう視点からのある決まった方法だけで生き物の心を安心させることって可能でしょうか?
家庭内で共に暮らす犬、一番必要なのは安心な環境ですよね。

犬も飼い主もそれぞれ、指導法も飼い主の考え方もそれぞれ
でも犬が求めてる事はみんな同じじゃないかと思います。

ここ数日も台風の影響で朝から抱っこの連続
抱いておさまるなら抱っこして、おさまって自分でおりたらすごいね!って褒めて
後は大丈夫じゃん!って
絶対に笑顔しか見せないくらいの気持ちで接してみよう。

乗り越えるのはクロマル
私は手助けしかできないのだから。

不安を増やすのは不安な視線
不安を消してやれるのは何でもなさそうな全ての気配、安心できる環境=安心してる飼い主なんだから。



写真はまだちょっと調子悪い時のお散歩
音や動きに敏感でした。

$手をつないで歩きたい


大好きなひも遊びも2週間近くできなかった^^;

$手をつないで歩きたい


どんな人間でいたいか・・・
そういうことも動物は教えてくれます。










にほんブログ村 トラコミュ 犬との暮らしを考えるへ
犬との暮らしを考える



にほんブログ村 犬ブログ 黒柴犬へ
にほんブログ村










いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。