月経力のお話会をします。

実はこのお話会、現在は自分から開催することがありません。
カウンセリングや別のお仕事が忙しいこともあって、自分からの開催はお休みしているのです。

でもありがたいことに、ちゃーんとときどきお問合せをいただくのです。
「次の開催予定はいつですか?」と。

そうするとわたしも、
「お!待っていてくださる方がいるならやるぞ!」
と気合が入って、スケジュールを立てるのです。

なので今回もそうです。

リクエストをいただいたので、
久しぶりに開催します!

ーーーーー
月経力のお話会

参加費) 3,000円

場所) Pea House (京王線・東急世田谷線 下高井戸駅より徒歩3分)


お申込み・お問合せ)

ーーーーー

内容)
生理の血はトイレで出せる。
完璧に出せなくても、
少し出せるだけでも、
ナプキンにつく量が減るから楽になる。

紙ナプキン、布ナプキン、タンポン、月経カップ、
そして月経力。

それぞれが自分に合うスタイルで、
今より少しでも快適な月経ライフを手に入れましょう。

骨盤や子宮の話、
月と体のリズムの話、
自己肯定感の話などなど。

事前のご質問もお受けします。

お気軽にどうぞ。
お会いできることを楽しみにしています。
{136A5729-DB1D-41C5-94BA-3FF446472F59}





AD
ココカラ堂の講師養成クラスには、
必ず「場づくり」の授業が入ります。
 
参加者さんが1人でも10人でも100人でも、
そこで、その場をつくること。
 
知識だけの講師になることなく、
場をつくる講師になれるように。
 
そんな「場づくり」をわたしに教えてくれた先生がいます。
 
帰宅したらamazonさんから 長田 英史 さんの本が届いていました!
{B197665D-7F89-4463-A5F0-200D0AE938CD}

 
わたしの「場づくり」の先生です。
 
手に取った瞬間、渾身の一作だと伝わる力。
 
中身を開けたら1行目から
「生活のなかにどのような『場』をつくり出すのか。それは、生き方の問題です」
と、ガツンとやられます。
{16B273CF-5CF5-426D-92AF-23CFC7E9BDF2}

 
はい、生き方の問題です。
片手間に読まず、心して読みます。
 
場づくりの教科書 

 

 

AD
川崎でベビーマッサージでした!
{78D99EEC-D609-44A1-A98A-0A459FC5286B}

1年以上ぶりで4回目かな。前回参加してくれたママが、その後フコク生命さんで働き始めていて、今回はお仕事で再会できたりして嬉しかったです。

生後2ヶ月〜1歳すぎまで。合計で100組近いママと赤ちゃんに会うことができて、本当にどの親子もステキで、どの赤ちゃんもかわいくて最高でした。

ママがトイレに行く間だけお預かりして抱っこさせてもらったりもしましたが、幸せでした。

ママはご自分が育児大変だと、つい「抱っこしてもらうの申し訳ない」と思いがちですが、こっちは嬉しいので、安心して頼ってほしいです。

今日は川崎でしたが、やはり都会のママは頼るのが苦手なママが多い印象。ひとりで頑張っていらっしゃるんですよね。

終了後に泣きながら悩みを打ち明けてくださるママもいました。

赤ちゃんは大丈夫だから、ママが少しでも楽に子育てできるといいなーと改めて思う帰り道。

来週は富山に行きます!
今日もありがとうございました!
{D7AF6EA8-C3B4-4C30-A54F-92CFC818C0EC}



AD
9月から新しい仕事を始めました。

週3日だけですが、
会社で働きます。

リクルート系列の派遣会社(業界最大手!)で、
派遣社員さんの相談に乗ったりするお仕事です。

銀座のオフィスに通勤です。

40歳を過ぎてまさかこんな大きな会社で働くことになるとは。
30歳の頃に西表島の食堂で働いていた人とは思えません。

西表島から銀座。
我ながらすごい振れ幅です。

来週は歓迎会を兼ねて、帝国ホテルで5000円のランチに連れて行ってもらえるそうです。
すごいな銀座の会社って。

西表では仕事の後にモズクやタコを捕って暮らしていたのに。

この両方を知っている人はなかなかいないのでは。(ちなみにこれがわたしのアイデンティティ。両端を知ってバランスをとる人でいたい)

ーーーーー
ここ8年ほど、自営業でベビーマッサージ講師をしてきました。

それをやめるつもりはないので新しい仕事も週3日なのですが、
それにしてもひとつの転機です。

自営業1本ではなくなります。
お給料をいただいて生活します。

8年間の自営業での成長を経て、
いつのまにか「責任」に縛られている自分に気付きました。

講師という職業は、お客様から大切な時間とお金をいただきます。
わたしの言葉で人生が変わってしまうような方もときどきいらっしゃいます。

それを思うと、
「無責任な発言はできない」
「無責任な態度はとれない」

わたし自身の「心の自由度」はだんだん弱まってきたような気がします。

わたしはもともと文章を書くのが大好きなのですが、
その文章の自由度が減っていることが、
今回の転機の大きなきっかけになっています。

twitterやfacebookで自由に発言ができない。
ブログを書くのが楽しくない。
原稿を書いていても、左脳ばかり使っている。

以前は
「読者に楽しんでもらおう」と書いていたはずの文章が、
「読者に誤解を招かないように」と変わっている。

これは一大事。
文章はわたしの大切な自己表現です。

もっと自由に書きたい。

そのとき、何が妨げになっているのか考えました。

…もしかして、読者がお客様だからじゃない?

お客様に向けて書くから、つい「講師として」書いてしまう。

わたしはわたしとして書きたいのに。

でも講師であると同時に、
「自営業の経営者」でもあり、
「シングル家庭の生活を担う働き手」でもあるわたしとしては、

どうしてもSNSやブログでは、
お客様目線を外せないのです。
これはもう職業病。

だから、
生活費を稼ぐにあたって、
会社で働くという選択をしました。

これでもう、SNSで嫌われても怒られても炎上しても、来月の生活に困らない。

やっぱり生活できなくなるのが怖かったのだと思います。

もうみんなに良い顔なんてしない。

「来たいやつだけ来ればいい」

の精神でいきます。

ーーーーー

週に3日は会社で働いて、
残りの日で、
講師をしたり、文章を書いたり、カウンセリングをしたりします。

ちゃんとそちらのスキルアップもするために、
会社選びも慎重に、
キャリアコンサルタントとして働ける仕事を選んだつもりです。

20年前に新卒で勤めた会社を辞めた頃には、
いや、つい最近まで

会社→安定してるが縛られる
自営業→不安定だが自由!

だと思っていたよ。

でも、お給料がもらえるということは、
ひとりで生活を賄うことからの解放でもあったんだ。

どちらも欲しいわたしは、
週に3日だけ会社で働き、
週に4日の自由は手放さない。

という道を選んだよ。

もっと自由に表現するために。

これからは半分の日でお給料をもらいながら、
半分の日で自由に活動していきます。

どうぞよろしくお願い致します。

{C9E60FED-0E8D-43B4-9A71-1E792714ED1F}


自分の手が見えた。

テーマ:
食器を洗っているときに、ふと自分の手が見えた。これまで食器ばかり見ていたけれど、わたしの手ってこんな形をして、こんな動きをしているんだ。
自分の体なのに初めて見るような手だった。

もう何年自分のことを疎かにしてきたのだろう。

どうやって生きていこう。
どうやって食べていこう。
どうやって働こう。

仕事とライフスタイル。

そればかり考えてきた何年かだった。

でもふと自分の手を見て思う。
自分の部屋を見ても思う。

前のめりだったかも。

どうやって、どうやって。
と前ばかり見て、

後ろは見ない。
見たらお金が無くなっちゃうような気がしていた。
止まったら死ぬと思い込んでいたのかも。

9月から新しい仕事が決まったこともあり、
夏休みで毎日娘が家にいることもあり、
今、8月になかなか仕事ができないでいる。

久しぶりに止まっている。

そしたら自分の手が見えた。

もうちょっと何か思い出した方が良い気がする。

前でも後ろでもなく、ここに在る自分を見る。

言うのは簡単だけれど、
思い出すにはもう少しかかりそう。

たぶん、知らない感覚じゃないから、
ベクトルをそっちに向けていたら、
たぶん、ぽんっと抜ける日が来る、はず。
と信じてもう少し迷う。
{32095D87-7377-4E29-84DD-93A234D3574C}