YUUKIのベビ待ち奮闘記

仕事一筋だったYUUKIの生活が一変!!本格的にベビ待ちを開始する為に専業主婦となり、不妊治療に励み中★そんなYUUKIのベビ待ち日記を綴っています(*^_^*)


テーマ:

最近、自分の体調が悪いとついつい原因を知りたくなってしまうYUUKIaoba




いけないと分かりつつ、どうしても調べてしまうので、今日はここで今までの調べた結果をまとめて、これからは検索しないようにしたいと思います約束




《排卵日の自覚症状》

【よくある症状】

  • 下腹部が少し痛む、チクチクした感じ、どんより重い感じ
  • 生理よりも軽く期間も短い出血
  • おりもの・・・粘性が高くなる

腹痛や出血は、卵巣を突き破っておなかの中へ卵子が飛び出すときのものと考えられている。
また、排卵期近くになるとおりものが増え、粘性が増すのは、精子の侵入を助ける働きとも言われている。

ただし、排卵日の自覚症状は、顕著な人もいれば、ほとんどない人もいる。



《着床の自覚症状》

着床したという「しるし」として、個人差がありますが、出血が見られる場合がある。
これを一般的に着床出血と呼びますが、正式な医学用語ではない。
しかし、着床出血に該当する医学用語が存在しませんので、広く使われるようになっている。

この着床時の出血、いわゆる着床出血は、排卵日から一週間ほど経った頃、子宮内膜に着床するときに、その部分から起こる出血であり、この出血は、月経予定日より一週間ほど早い時期に起こり、生理が早まったのと勘違いすることもある。


また着床出血以外にも、着床の時に自覚する症状もある。
症状を感じ方には個人差がありますし、生理前の症状と似ている事から、その時は妊娠の症状だと気づかない場合も多くある。


【生理と異なる点】
  • 茶色のおりもの
  • 出血量が少なく2~3日で終わってしまう
【その時の自覚症状】
  • 吐き気
  • 下腹部が張る感じ
  • 下腹部が痛い感じ
  • 胸が張るような感じ
  • 熱っぽい
  • 腰がだるい
  • 頭痛
  • 眠い、など


《妊娠の初期症状や兆候はいつからか?》


性行為の後、受精した受精卵は、約10日ほどかかって子宮内膜に着床します。

そして、妊娠が成立すると、母体から栄養を吸収して徐々に成長し始めます。

この頃になると、ホルモンのバランスや基礎体温に変化が見られ、いつもとは違う様子に気づきます。

一般的に風邪に良く似た症状が出ますが、妊娠だと自分で確信が持てるわけではありません。


このように受精卵が無事に着床してからが、妊娠したと呼ばれる状態になり初期症状が現れ始めますので、「いつから?」と聞かれれば、受精卵が着床してから、つまり排卵日から約10日ほど経過した位となります。

また、排卵日が特定できない場合なら、月経(生理)が28日周期の人なら前回の月経開始日から、約22~26日ほど経過したくらいになります。

月経周期が28日で無い人は、上記の数字からその日数をプラスまたはしてください。
(例:30日周期なら約24~28日ほど経過したくらいとなります。)


ただし、個人差がありますし月経周期は変わる事もありますので、あくまでも目安程度の数字です。


実際のところ妊娠の兆候なのか、遅れている月経の前の症状なのか分からないという方もいらっしゃいます。


乳房が張る感じ、下腹が重い感じ、体がだるい、熱っぽい、眠いなどは、月経の前にもあるという方も多いからです。


そのため一般的には、食べ物を見ると胸がつかえる、熱っぽくて横になって休みたい、仕事などやる気が起こらないなどといったことが顕著に現れてきた頃に、妊娠に気づくことが多いようです。



《妊娠 0週~3週(1ヶ月)の身体の変化》

妊娠0週0日は、最終月経の開始日であり、この週は月経期間となります。

排卵の時期に2週目に入り、3週目は受精卵が着床までの道のりをたどる時期となります。

排卵日に放出された卵子と、射精によって放たれた精子が卵管内で結合し、受精卵となります。


受精卵は、細胞分裂を繰り返しながら、ゆっくりと子宮の中へ送られ、子宮内膜で準備されたふかふかのベッドへたどり着きます。


受精から7~10日後、受精卵は厚くてやわらかな子宮内膜に入り込み着床します。


着床後5日目頃には、神経管、脳、脊髄と徐々に発達していき、続いて、心臓や血管、内臓や筋肉など大切な器官を形成する組織もだいたいできてきます。

《この時期のポイント》

このように、妊娠0週目、1週目、2週目、3週目は、最終月経から受精卵が着床して、妊娠が成立する期間と言えます。


妊娠0週~3週の間のほとんどは、自覚症状がないまま進むため、妊娠に気づかないのがほとんどです。

しかし、この時期は、子宮の大きさは妊娠前と変わりませんが、子宮内膜ではやわらかなベッドが厚みを増し、胎盤を作る働きも活発になっています。


人によっては、身体がだるい、熱っぽい、寒気がするといった風邪に似た症状や、ムカムカして気分がすぐれないなど、つわりのような症状が始まる場合もあります。



ついつい過敏になってしまうYUUKIですが、まとめてみて風邪や生理前と症状が似ていることを痛感し、あんまり気にするのも(Θ_Θ)だなビックリマークと再確認しましたニコニコ

AD
いいね!した人  |  コメント(3)

[PR]気になるキーワード