家族を大切にしながら、やりがいと収入を得るための資格選びと働き方

家族を大切にしながらも収入を得たいママのために、資格の選び方をお伝えしています。また、時短術や個人事情主としての考え方など、主婦の働く知恵をお伝えしていきます。

NEW !
テーマ:
●「選ばれた人間にしかプレッシャーは与えられない。」

こんにちは。乳幼児子育てサポート協会の小仁(こに)です。

またまた、名言シリーズです。^^

今日、ご紹介するのはシンクロナイズドスイミングの井村監督の言葉…。

「プレッシャーはやりがい。選ばれた人間にしかプレッシャーは与えられない。

選手に受けて立ちなさいと言いながら自分にも言い聞かせた。」




うーん、よくわかりますね。

ベビー系講師といえども、ちょっと責任のある立場になると、プレッシャーを感じることもあるでしょう。

でも、それはあなたが選ばれた人間である証拠。^^

ぜひ、そのプレッシャーを楽しんでくださいね♪

私も、ぎゅーーーーーーっとプレッシャーに潰されそうになる時もありますが、受けて立とう!って前向きに考えています。^^

せっかくのプレッシャー、楽しんじゃったもの勝ちですからね。

あ、ちなみに、私たちのようなフリーランスのお仕事って「自分で選んでいる」のです。

ですから、苦しくって苦しくってどうにもならなくなったら、あなたには、やめる自由もあるのです。^^

自分で選んだお仕事、楽しめるといいですね♪

「プレッシャーはやりがい。選ばれた人間にしかプレッシャーは与えられない。

選手に受けて立ちなさいと言いながら自分にも言い聞かせた。」BY井村監督







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
●仕事の中で、一番難しい仕事とは?

こんばんは。乳幼児子育てサポート協会の小仁(こに)です。

世の中には、たくさんのお仕事がありますよね。

例えば、スポーツもお仕事の一つですよね。^^

そんな、様々なお仕事の中で、私は「人を育てること」が、一番難しく、また責任あるお仕事だと思っています。

人間は、十人十色ですし、感情の生き物です。

たとえ、マネジメントなどのスキルやテクニックを身につけても、そのまま使うことはできません。

その人・その時によって、言葉の掛け方や対応方法をかえる必要があります。

同じことでも、何度も何度も、言い方やタイミングを変えて伝えなくては、しっかりと伝えることはできません。

今、資格取得講座を売っている方は、その責任と難しさを、認識していますか???

資格を売るということは、イコール、人を育て、その人に結果を出してもらう、ということです。

なんとなく…気軽に資格を売っている方、ぜひ、このことを、今一度考えてみてくださいね。^^

ちなみに、責任がある講師って、こういう方のことを言うんです。

この二人のように、責任を持っている講師に学べる人は、幸せですね。^^




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
●お教室でレッスン内容より大切な、〇〇と〇〇の時間

こんばんは。乳幼児子育てサポート協会の小仁(こに)です。

講師として、多くの方が、レッスン内容を磨くこと、考えていますよね?

例えば…

・ヨガ講師の方なら、毎日ヨガの練習をしたり、他のスタジオに通って学ぶ

など。

確かに、レッスン内容を磨くことは大切です。

(というか、それ、アタリマエね。)

ベビー系の教室では、レッスン内容よりも、工夫が大切な場面があります。

それは

・ママ同士の自己紹介タイム
・レッスン後のおしゃべりタイム

です。

ベビー系教室では、レッスンの始まりの自己紹介タイムと、終わりのおしゃべりタイムで、ママがリラックスしてホンネをはなせる工夫が、なによりも大切なのです。

あなたは、この2つの時間に、どんな工夫をしていますか?

ぜひ、考えなおしてみてくださいね。^^






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
●お教室の会場の探し方。【注!ゼッタイに手を抜いてはいけないこと】

こんばんは。乳幼児子育てサポート協会の小仁(こに)です。

おやこヨガ・ベビーサイン・ベビーマッサージ・リトミック・その他の親子講座を開くとき…一番最初に考えるのが、どんな会場で開催するか?ですよね。^^


会場ってね、実は、ママたちにリピートしてもらえるかどうか?楽しんでもらえるかどうか?を左右する、とっても大切な要素なんです。

にも関わらず!

・会場費がかからないから、自宅でいいや!
・家の近所だから、ここでいいや!
・会場費が安いから、ここにしようー!

などと、安易に会場を決める講師が多すぎますー。涙

お教室を開催するための、会場を決めるときには

・ママたちにとって、本当に使いやすいか?
(おむつ替えスペースはどこ? 子供用便器はある?など)

・ママたちにとって、通いやすいか?
(会場の受付の方は、感じがいいか? エレベーターはあるか?など)

・講師にとって使いやすいか?
(返却はどのようにするのか?  万が一、備品を破損したらどうするのか?など)



このようなことを、事細かにチェックする必要があります。

ベビー系教室(ヨガも含めて)を開催するときに、大切な要素を満たしているのか?を、しっかりとチェックした上で、会場を決定する必要があります。^^

ちなみに、これ、ベテラン講師さんにも、むちゃくちゃ役に立つ情報らしいです。

今、なんとなく人が集まらない・しっくりこないという方は、まず、会場が本当に会っているのか、見直しましょうね。^^




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
●【極秘】5回、10回とママにリピートしてもらえる方法

こんばんは。乳幼児子育てサポート協会の小仁(こに)です。

本日は、ベビー系教室で3回コースを設定されている講師の方への記事です。^^



ずばり、お伺いしますね。

「なぜ、あなたは3回コースを作っているのですか?」

「その3回コースが終わったあと、ママ達はリピートしてくれますか?」

「たったの3回で、あなたの伝えたいこと、ママ達に伝わりますか?」


あなたがママの立場だったら、3回コースって書いてあったら、はじめから、3回だけのつもりで申し込みますよね?

つまり、4回以上、通わないっていう心づもりで、参加しますよね。



でも、せっかくなら3回以上、ママ達に通って欲しいと思いませんか?

私が、ベビーマッサージ教室を開催していた時は、コース開催をしたことはありません。

また、当協会のメンバーさんも、全員、コース制はやっていません。

単発教室のみです。

でもね、ほとんどのお教室で、一年近く通ってくれるママがいらっしゃるんです。

2年・3年と通ってくれるママも、たくさんいらっしゃいますよ。^^


どうしてかといいますと、

・5回でも10回でもリピートしたくなる、魅力的なお教室の内容だから

・講師が魅力的で、講師に会いたくてお教室に参加するから


です。


人間の心理として、●回コースと決められていたら、それ以上、通ってもらうのは、とってもハードルが高くなる、っていうこと、ぜひ覚えておいて下さい。

そして、コース制にしなくっても、1年、2年と通ってもらう(リピートしてもらう)ことは、可能だということ。

長くリピートしれもらいたい方は、今すぐ、3回コース制を、やめましょうねー。^^









いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)