今日いちにち

目をとめてくださってありがとうございます。
夫とふたりの生活を書きとめています。
放っておくと同じ本を何度も読んでる幸せなうつけものです♪


テーマ:

 

 

4月の読書メーター
読んだ本の数:22

 

今月はいろんなジャンルの本を

読んだ気がする。

 

土井先生の『一汁一菜でよいという提案』

は、毎日くりかえす食事のなかに

思想や愛情、生きることの全てが

反映されていて

それはとても優しくて大切なもの

だったのだと骨の髄まで

沁み込んできた。

 

今年一番の大号泣。

いろいろ思い出していたら

止まらなくなって。

 

家で、食堂で、他人の家で

色々な場所で

いままで食べてきた食事。

 

もう、会えない人もいるけれど

だからこそ、もっとこれからは

おいしいかった、ありがとう。

を伝えたいと思う。

 

何を食べても美味しい。

多分、私の特技はそれだ。

せめてうまく上手にいかせるといいな。

(・・・なんて。ただの食いしん坊です。)

 

そして、日々の食事は

簡素でも

すっきりとした美味しいものを

作りたいなと思う。

 

 

 

 

世界観 (小学館新書)世界観 (小学館新書)感想
難しいけれど、知ると知らないのとでは大違い。
読了日:04月27日 著者:佐藤 優


はなとゆめ (角川文庫)はなとゆめ (角川文庫)感想
清少納言のイメージがちょっと変わりました。中宮への一途な想い。そこから生まれる様々な小話。この時代の暮らしにも想像が広がると同時に、哀しくなる・・・そんな気持ちを楽しみながら読みました。
読了日:04月27日 著者:冲方 丁


あまからカルテット (文春文庫)あまからカルテット (文春文庫)感想
ずかずかと土足ではいってくるような友情って怖い。と思いながらも、ソコを拒否する話もあったりして、反発したり共感したり、おなかがすいたり、読んでいるだけなのに大仕事をこなしたような充実感。御馳走様でした。
読了日:04月21日 著者:柚木 麻子


日本人ビジネスマン、アフリカで蚊帳を売る: なぜ、日本企業の防虫蚊帳がケニアでトップシェアをとれたのか?日本人ビジネスマン、アフリカで蚊帳を売る: なぜ、日本企業の防虫蚊帳がケニアでトップシェアをとれたのか?感想
防虫蚊帳『オリセット』を売り込んでいく話。技術があってもそれだけでは製品化できない。製品化とコストのバランス。人と人をつなぐ女性社員、宴会好きな社員、ヒーローだけでなく、目立たなくても必須の潤滑油になる人材も必要。ケニアで最も貧しい人も、子供の為なら買うことができる価格にするまでの紆余曲折も面白かった。

読了日:04月21日 著者:浅枝 敏行


七十歳死亡法案、可決七十歳死亡法案、可決感想
介護もひきこもりも身勝手な夫も、全て受け止めていた妻:東洋子が全てをリセットする場面は、ものすごく応援したくなった。家出をした後で東洋子が『自分は人間関係に恵まれているらしい』と気が付く瞬間があるのだけれど、よく読んでみると宝田家の人間には皆そんな感じがある。ひとつの荒療治で、ここまで人生が変わるとは。70歳死亡よりも、自分が動く方が希望があるかも。
読了日:04月21日 著者:垣谷 美雨


やせる! (光文社新書)やせる! (光文社新書)感想
家電を使った調理を最大限に生かす方法は、時間がない時、物事は合理的にやりたい時期には、ぴったりだと思う。こういう考え方もあるのだなと面白かった。沢山の参考図書が紹介されているので、いまの自分に必要なものを選びやすい。
読了日:04月21日 著者:勝間 和代


ミストレスミストレス感想
すこし幻想的でエロティック。幽霊?幻?かもしれない、儚い存在を、大切なひととして秘密にしてずっと守りたくなる気持ちになる。夢中になるのに、すっきりしたような不思議な読後感。
読了日:04月18日 著者:篠田 節子


クレオパトラの夢クレオパトラの夢感想
双子の妹:和見と、イケメン:恵弥の会話に引き込まれる。大切なことをズバリ言うわけではないけれど、きちんと通じ合っていて。恵弥と謎の男との会話も、同じく。こういう話ができるって大人だ。
読了日:04月17日 著者:恩田 陸


闘う女 (ハルキ文庫 こ 9-3)闘う女 (ハルキ文庫 こ 9-3)感想
ノンフィクション作家を目指すバツイチ29歳の菊香。うまい話もあったけれど、そこで流されない。行きたい道を進む。読み手の世代で、読後感がかわりそう。私は、言い方は悪いけれど、ノ~プランでも暮らしていける時代だったんだなぁ1980年代。と思った。
読了日:04月17日 著者:小手鞠るい


黄金の丘で君と転げまわりたいのだ黄金の丘で君と転げまわりたいのだ感想
丁稚たちがマイワイン道を究めようと・・呑みまくる。ワインをもっと楽しみたい、ただののんべいからもう少し、大人になりたいわ。という気持ちに手を差し伸べてくれる先生。読んでいる間に、どうしてもワインが飲みたくなり、でも、冷やしていないことに気が付き、当然tのようにビールを飲んでしまいました。次は、自然派ワインのんでみよう。
読了日:04月15日 著者:三浦しをん,岡元麻理恵


2週間で人生を取り戻す! 勝間式汚部屋脱出プログラム2週間で人生を取り戻す! 勝間式汚部屋脱出プログラム感想
断捨離を著者の得意分野に落し込んでから語っているので、読む方としては新しい発見がたくさんある。では、自分ならどうするだろう。どこを改善しようか。と、自然と考えることができて、有意義だった。
読了日:04月15日 著者:勝間 和代


一汁一菜でよいという提案一汁一菜でよいという提案感想
読んでいたら、気が付かないうちに涙が。亡くなった祖母や親や親戚みんなに、もっともっと「ごちそうさま。美味しかった!!」と、伝えたくなって。何を食べても『美味しい』と言うから、信用できないわ~と言われることもあるけれど、もう、私はそれでいいんじゃないかと思った。だって、誰かが作ってくれた料理は、本当に美味しいと思うもの。さ、今日も好き嫌いの多い夫に、くじけないでお味噌汁を作ろう。
読了日:04月13日 著者:土井 善晴


女たちのジハード (集英社文庫)女たちのジハード (集英社文庫)感想
20年前の作品とは思えない、いまだに新鮮。タイプの違う4人のOL。同じ会社に居づらくなってきたお年頃。自分の居場所を真剣勝負で探していくが、次から次へと困難が、試練がこれでもかと襲ってくる。救いがあっても、最後は自分でケリを付けさせる著者。甘くない。女だから男だからではなく、人間としての生き方を問われてくる。私も、せめて背筋を伸ばして、にっこり笑おうと思った。
読了日:04月13日 著者:篠田 節子


貧困の発明 経済学者の哀れな生活貧困の発明 経済学者の哀れな生活感想
どれだけ美しいんだヴィッキー。そして、統計でいくらでもつくりだされる、または撲滅される貧困者。訳者あとがきによれば、主人公たちはピンポイントで実在の人物が浮かぶそうです。皮肉が強すぎるわ。
読了日:04月12日 著者:タンクレード ヴォワチュリエ,Tancrede Voituriez


失われた地図失われた地図感想
昔の人々の強い想いが「裂け目」から噴き出してくる。土地の話が好きなので面白かった。『常野物語』の切なさには及ばないけれど、その分、実世界との交わりを想像してしまう。できれば続きが読みたい。
読了日:04月12日 著者:恩田 陸


たてもの怪談たてもの怪談感想
物件探しって、ワクワクする。現実的な条件だけでなく、霊現象や見えないものを含めた雰囲気、全てに納得いく部屋は見つかるのか?私もこだわる方なので、これは楽しかった。
読了日:04月12日 著者:加門 七海


消滅 - VANISHING POINT消滅 - VANISHING POINT感想
空港内の密室劇。監視役として現れる美女ロボットキャスリンの完成度が高い。会話にユーモア・古臭いギャグが混じりながら、行動は淡々としていて不気味。ラストまでたどり着いたとき、あぁ、こうやって世界が変わっていくのかも。というあたたかい気持ちになった。
読了日:04月12日 著者:恩田 陸


片づけられない人のための考えない片づけ片づけられない人のための考えない片づけ感想
考えずに身体が動くのが一番疲労が少ない。日々の家事こそそうしたいな~と、思いながら読む。
読了日:04月10日 著者:川上 ユキ


25時のイヴたち25時のイヴたち感想
ネット掲示板に疑問を持ち、支配する側に回ろうとするふたり。悪意を自分の中だけでとどめて置けなくなった時から、いままでのレールから外れてしまう。軽々と、ソコを超えてしまい、その先に待っていたものは、更に怖い。
読了日:04月10日 著者:明野 照葉


新 旅ボン 富士山編新 旅ボン 富士山編感想
カクカクした文字と絵でちょっと読みづらい。登山としても、案内本としても、期待外れかな。
読了日:04月10日 著者:ボンボヤージュ


おまつり万歳!おまつり万歳!感想
おまつりはいろんな風土が見られて楽しい。でも、なじみのない土地だとアウェー感が強くて。でも、盆踊り楽しいよね。と、共感。小さな商店街でも、お寺のお祭りでもどこでも盆踊りは楽しいの。
読了日:04月05日 著者:たかぎ なおこ


聖域 (集英社文庫)聖域 (集英社文庫)感想
木乃伊とりがミイラに名ちゃったような。『大きな教団は育たない土壌』という東北、その土地にとても興味が湧いてきた。
読了日:04月05日 著者:篠田 節子



読書メーター

 

 

 

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。