本日は、NUCBの英国紳士道ファッションリーダー I教授のビジネスプレゼンテーションの講義でした。
講義は、ビジネスプレゼンテーションの基礎からオーディエンスへのアピールポイントと改めてプレゼンテーションの重要性を感じる素晴らしい講義でした。

その中で、I教授の服装術へのこだわりは、とても嬉しく「そうそう、凄い!こんなに知っている」のオンパレードでした。英国のMBAホルダーの先生は、アメリカ流のおしゃれとの違いを感じる方でした。その中で、スリーピースのベストの着こなしが素敵でしたのでベストについて書いてみたいと思います。
{F2485674-C7D2-4542-B1BB-3D7DF703ECE7:01}


スリーピースの中に着用のベスト、冬のウォームビズだけでなく、大変フォーマルな装いです。もし、皆さんの職場にスーツをしっかり着こなしている方がいたらフォーマルな装いを理解している方ですね。
接客業や取引き先の方にお会いになる機会が多い方にはオススメします。

スリーピースはスーツの本来あるべき姿です。
{8A1FD01A-DEBF-4BB9-956F-88712D8BDD9D:01}

つまり、ベストのつかないツーピーススタイルは簡略されたものでスリーピースがマイナスなイメージになる事はありません。

さて、ベストを着る際の注意点ですが、ドレスシャツを下着と考える英国紳士道においては、例え慣れ親しんだオフィスの中でもドレスシャツ1枚だけでいる事はNGです。ジャケットを着用しない場合は、その代わりとなるベストを羽織るべきで、ベストはジャケットと同様な働きをするそうです。

あと、I教授もおっしゃっていましたが、1番下のボタン以外はきっちりしめる必要があります。ベストの一番下のボタンを外しておくのはありで。ジャケットの一番下のボタンと同様なんですね。
ツーピースの場合は、ジャケットのボタンをしめる事がマナーですが(座っているときはさりげなく開ける事がマナー)スリーピースはベストがある分開けたままでも構いません。

また、「何故ベストの一番下のボタンを外すのが正しい着方」→ジョージアンスタイル!という事をI教授が講義の中でお話してくださり、MBAホルダーを目指す受講生の私も興味がわきました。

『ジョージ4世がパーティーに出席した時、本来留めるはずのベストの一番下のボタンを留め忘れてしまい、それに気づいた友人のブランメルという当時のおしゃれ男子がジョージ4世に恥をかかせない為、自分のベストの一番下のボタンを外したところから、おしゃれで粋な人はそのような着こなしをするのだと人々がまねをしたところから始まったそうです。』

MBAホルダーにスリーピース!新しいスーツとして是非加えていただきたいです。