日蓮正宗は正系門家です。

日蓮正宗の信徒であるサワディーのプログです。
テーマとしては趣味の写真と信徒としての活動をメインにしていきます。
顕正会に騙された経験もあり、ニセ本尊の撲滅には力をいれていきたいと考えています。みなさんよろしくお願いします。

NEW !
テーマ:

 認知的不協和(にんちてきふきょうわ、英: cognitive dissonance)とは、人が自身の中で矛盾する認知を同時に抱えた状態、またそのときに覚える不快感を表す社会心理学用語。アメリカの心理学者レオン・フェスティンガーによって提唱された。人はこれを解消するために、自身の態度や行動を変更すると考えられている。(Wikipediaより)

 

 この認知的不協和という言葉ですが、謗法団体の方々が破折された時に、この状態に陥っていることが多いです。自らの間違えや謗法団体に属していることを認めたくないため、様々な発言や行動をされることが良くあります。

 

 例えば、次のような行動です。

 ・いたたまれなくなり、その場から逃げだす。(遁走)

 ・「先生にお考えがある。」等と言って、指導者を正当化する。

 ・意味不明の理屈を作り、論理が波状しているにも関わらず正当化する。

 ・悪いのは自分ではないといって責任転嫁する。


 どうしても、人間弱いものだし、過ちを認めたくないものです。素直に間違った信仰を捨てて、正法に付くことが簡単にできないのですね。 大聖人様は「立正安国論」で

汝早く信仰の寸心を改めて速やかに実乗の一善に帰せよ。

 と仰せです。

 

 

 素直に誤りを認めて、創価学会や顕正会を脱会し、日蓮正宗に帰依する人が出てきています。このような人々を増やすためにも、我々法華講員の折伏が大切なんです。邪宗の中にいると、相談できる人がいないものなんです。外に出て活動することを増やしていかないといけません。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

反論して下さい  投稿者:副管理人  投稿日:2017年 1月12日(木)09時56分11秒  

 

     サワディーさん  すでに破折されています。

>【日亨上人御指南】 開山上人は、これを弘安二年に密付せられて、正しき広布の時まで苦心して秘蔵せられたのである

 

【日達法主の説法】
「戒壇の大御本尊は大聖人ご在世当時、また日興上人がいらした当時、身延山で本堂に安置されていたものであります。

・・・・・そして本堂で(戒壇の)御本尊に信者が参拝したのであり、大聖人ご在世当時、身延へ参拝しにきたのは信者だけですから、

だれでも直接に(戒壇の)御本尊を拝めたのです」

         (昭和40年2月16日の大石寺大講堂・第1回正本堂建設委員会の席での指南)


 と言った頭破七分の書き込みがありました。

 本件、反論しておりますが、宿坊の掲示板2では、法華講員の書き込みを削除するという暴挙が始まっています。

 

 さて、堀日亨上人の御指南を日達上人様の仰せで破折されている?どこまで、道理を曲げれば済むんですかね。日達上人様は「日興上人様の代でも、信者なら本門戒壇の大御本尊様への御目通りを許され、御開扉を受けることができた。」と仰せなんです。謗法者に対しては御目通りさせていない。今の御開扉つまりは内拝となんら変わらない。奉安堂にしろ正本堂にしろ、本門戒壇の大御本尊様を安置している蔵の位置付けの建物なんです。

 それに日達上人様が日亨上人様の仰せを否定する。そんなハズあるわけないです。血脈をを信じていない謗法者でないとできない発想です。

 戸田城聖氏の発言を全面否定していながら、永遠の指導者と称している創価学会ならではとも言えますね。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 創価学会の関係者と思われる方から、ニセ本尊と地震の因果関係がないとのコメントが入りました。以前、統計を取っていますが、明らかにニセ本尊流布してから、大きな地震が増えています。


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。