ばぁばのおうち

猫の多頭飼育崩壊のレスキュー


テーマ:

おばさん  どうして泣いてるの?

 

              昨日、8時ごろ  Uさんのところで預かってもらってたテン君が逝きました。

              これで白血病の子が4頭旅立ってしまいました。

              テンは突然のこと

              前々日までご飯も食べ、変わった様子も見られなかったが、前日にご飯を

              食べなかったので、気になったUさんが病院に連れて行こうと

              朝早めから、他の猫の世話をし始めた時、テンがドバッーと茶色い液体を

              吐いたそうです。

              汚れたものを片付けるため少し目を離した間に逝ってしまいました。

              あまりに突然のことでUさんは、何が何だか理解出来ず、動かなくなったテンを

              2時間も抱いてさすっていたようです。

 

              私はテンに何もしてあげられてなく

              ただただ、Uさんにお世話になったお礼を申し上げるだけ…

              長患いをしなくて良かった…

              神様がお決めになったこと…      …     …と

              なんとか、諦めのつく理由を考えてみても胸の中のザワつきは消えることが

              なく悲しい時間の中にいます。

 

        

               

             テン君、FeLV陰性の子達が里親さんのところに出たら、Fさんのおうちの

             一室を君達の部屋にしてケージの扉を開けてあげようと相談してたのよ。

             君達がじゃれ合ったり追いかけっこしたりする姿を見たかった…

 

             ずーっと閉じ込めていてごめんなさい。

 

             テンは、保護してから今まで、Uさんに一度も触らすことはありませんでした。

             しかし、シャーっと威嚇するも噛んだりすることも無く、そしてどんなご飯を

             出してもわがままを言うことも無く食べていたそうです。

             なかなか距離を縮められなかったけど良い子だったとUさんは振り返ります。

 

             テン、虹の橋で、かこちゃんやシロー君、ダース君が待ってます。

             しなやかに  駆け上がれ…      

             

 

 

  

 


テーマ:

シロー君が倒れた!

 

            とうとう  シロー君 逝きました。

 

      おしっこをしようと、立ち上がろうとしたのではない

                                               でしょうか

                                               最期の力をふりしぼって

                                               

              お別れは寂しいけど、もう辛いことはしないから…

              ここ数日間は、お別れがいつ来てもおかしくない状況でした。

              頭をもたげない、辛そうな苦しそうな様子の中私達はただ見守るだけしか

              出来ませんでした。

              6日の土曜日におしっこが出てないことを心配して受診。

              腎臓は大丈夫、おしっこも溜まってる、しかし貧血と脱水がすごい!

              もって2、3日でしょうかね …と

              

              帰宅後、頭を上げてじっとFさんを見つめる瞳に「生きたい」という

              シロー君のメッセージをみました。

              悩みながらも、せめて50ccの補液をと先生がおっしゃっていたので

              試みる  が すごく抵抗するシロー君。

              もうやめよう   嫌なことをして苦しめても、助けてあげることはできない。

              辛い決断。

              

              Fさんと私のメールのやり取りは日に幾度となく

            「シロー君頑張ってるよ」

            「そう 苦しそう?」

            「シロー君生きてます」

            「ありがとう」

 

             しかし、その時は来ました。

             シロー君は3、4才でした。

             あまりに若い       白血病に侵され、腹膜炎を患うなんて…

             本来なら、おだやかな陽射しの中でまどろみ、伸びをして、飼い主さんのお膝で

             甘えることもあったでしょう。

             残念で悔しくて…怒りの矛先をどこにぶつければ良いのか

             こんな時にも、元飼い主は通販で買い求める煎餅をかじりながら、

             将来の自分の夢を見てるのです。

             借金の返済のため、年中お金がスッカラカン

             今でも携帯電話代が滞る事態に…

             夢があったほうがいいさ、夢みるのは自由だよ。

             そのために頑張ろうよ!

             でも、もう少し自分の生き方を考えてみれば…

             だらしなさすぎる。

             そりゃ 兄弟からも縁を切られるよね。

             私達が保護に入る前に、幾度となくね猫の不本意な死を見てるはず。

             これはただ事ではないと感じない訳がない。

             バカヤロー   バカヤロー  バカヤロー‼️

             お前の犯した罪の大きさを知れ‼️

 

             ごめんね  シロー君はあの親父のこと好きだったの?

             幸せにすると大見得切ったのに出来なかったね。

             私もバカヤローです。

 

             シロー君の身体を綺麗にして上げたくてケージから出し、階下の部屋に

             移動しょうとした時、一斉に猫達が泣きはじめたそうです。

             シローをどうするのとばかりに…

 

             無事に虹の橋に行けますように…みんなで祈ろう

             そして、かこちゃんやダース君シロー君のぶんまで生きよう‼︎

 

             

 

            

 

         

 


テーマ:

シロー君 うなだれてるよ

 

           「 頭を上げなくなった    苦しそうだよ」

             Fさんからの電話です。

             おしっこの色も凄い

 

 

             凄い!

             病院に連絡    お休みなので出ません。

             Fさんの不安は募るばかり

             近くの病院で診てくれるところは…

             あった!   10年以上も前に夜間に駆け込んだことのあるK動物病院

             どうかな 取り敢えず電話を

           「  お名前を」

           「はい、相当前に一回診て頂いた○○です」

           「お調べします」       調べたってわかるわけないさ  

           「あっ分かりました クロちゃんですね」   えっわかったの⁉︎! 

             懐かしい名前だ   腎不全で奇しくも私の誕生日に旅立ったクロちゃん。

           「今日の子は…」

             周りの病院がお休みで、急患で混んでいるところを無理言って予約をいれた。

 

             病院の奥様が電話に気づき連絡をくれました。

 

             あいにく先生が外出していて対応が遅くなるかもしれないとのことで、

             今日のところはK病院へ

             対処療法をお願いして150ccの胸水を抜いた。

             点滴をすると胸にまわってしまって胸水がたまる

             どうすればいいのか…

             もう  その時を待つしかないのか…

             良かれと思っても、苦しませるだけなんて…

             惨すぎる

             生かそうとしてるのは、自己満足?

             苦しい時間を延ばしているだけ?

 

              昨夜のシロー君

                                                       昨年、逝ったかこちゃんに似て来た…

                                                       もう、頑張らなくてもいいよ

                                                       じゅうぶん君は頑張ったよ

 

 

            私達の子を紹介します。

            存在を知っていて欲しい

            小さな体で頑張って生きてることを知って欲しい

            どうぞ発症しませんように…

 

       美人の おこちゃんです

 

 

 

                                                                                         

                医療費が不足しています    私達を応援してください !        

 

                            郵貯              普通預金   「ばぁばのおうち」

                                                記号   10180

                                                番号   94310961              

                                 

                                               ご協力をお願いいたします。


テーマ:

シロー君大丈夫?

 

              うん、昨夜少し呼吸があらくてね

               Fさんと何度もやりとりをしたの。

             「  苦しそうな姿を見てると早く楽にしてあげたい    点滴をして一日命を

              のばしても、ながく苦しませるだけ」

              と  Fさんの胸の内を聞いて

             「 そうなんだけど  ただ見ていられないよね」

               病院がお正月休みに入るので50ccの胸水を抜いてきたのですが

               様子が悪い  今晩逝ってしまうかもしれないから覚悟しておいてねと…

               ごめん 辛い仕事させて  頼むね  頼むね!

               枕元に携帯電話をおきまんじりともせずに一夜を過ごしました。

               明け方少しうつらうつら

               7時58分もう電話してもいいかな?と携帯をひらくとラインが入ってました。

               Fさんの顔をみて「ニャー」と泣いたそうで「生きてるよ」と

               昨夜より落ち着いてるとの連絡で少しほっとしました。

 

               それでは、家族のためにお雑煮作りをしなくてはなりません。

               おせちを盛り合わせなんとかお膳が出来た頃、孫の兄弟喧嘩が始まり

               私の横をミカンがかすめました  ピューッ!

               ガチャン!   食器戸棚にミカンが当たり床を転がっていった瞬間

             「なにするんだぁ そんなことしていいの  二階から逆さにして吊るすゾォ!」と                 

               ヤクザまがいの言葉が

               上品(?)なはずの私からこんな言葉が飛び出すなんて、やはり私、ストレスを

               溜め込んでいるんだなぁ 

               驚いて目をまん丸にしている孫 

               いつか、  友達と喧嘩して「つるすぞ」なんて 言っちゃったらどうしょう ⁈                                                

               元日から反省です。

 

               夜になりシロー君は50ccの補液   強制給餌をするレベルではありません。

               無理やり給餌をしても戻してしまうでしょう。戻すことは体力を消耗するし、

               食べなければ時間の問題です。

               つらいところです。

               

               しち君は、モリモリ食べています。

               が、口の中は真っ白 ふわふわした足取りです。貧血が進んでいるのでしょう。

 

               病院が開く4日が待ち遠しい 。

               

 

               私達の猫の幸せ探しは今年も続きます。

               動物病院の奥様からは私達も最後まで寄り添う覚悟とお気持ちを頂いて

               心強く思います。

               歩みを止めるわけにはいきません  後戻りはできないから…

               

 

        セナときこちゃん ともに白血病キャリアです。

 

                医療費が不足しています    僕らを応援してください !        

 

                            郵貯              普通預金   「ばぁばのおうち」

                                                記号   10180

                                                番号   94310961              

                                 

                                               ご協力をお願いいたします。

  


テーマ:

おばさん、ご飯変わったの?

 

              同じロイヤルカナンだけどシェルター登録をしてシェルターで生活している

              猫さんに適したフードを購入出来るようになったのよ。

              あれがいいか、はたまたこちらがいいかと迷っていたので、これで落ち着きま

              した。

 

              しち君は、本当に病気かな?

              なんて思えるほどご飯を食べてくれますが、薬が入ると用心して食べません。

              さぁFさんとしち君の戦いが始まります。

              今日のところはFさんの勝ち!

              しち君、カツオのオヤツに負けました。          やったぜ!

 

     「変な味…」イケメンが台無しじゃ

 

 

 

 

              しかし心配ごとはやみません。

              シロー君が食が細くなり、気にかけていたところ濃い黄色のおしっこを

              しました。      えっ肝臓がやられた?

 

              またまた病院に走りました。

 

              検査の結果、黄疸はそれほど数値に現れていません。    何故?

              お腹にしこりがいくつかあります。   リンパ腫?

              猫伝染性腹膜炎でした。

              私達の動揺はとまりません。   リンパ腫、腹膜炎ときて次は何?

 

       保護当時のシロー君です。凛々しいでしょ。

 

               おととい、胸水を50c抜きました

               更に昨日は呼吸が荒く苦しそうだったので急遽病院に

             「 すぐに支度するからタクシー呼んで」

               とのことで札幌から東京の無線タクシーを手配

               pm8時30分 200ccの胸水を抜きました。

 

         少し楽になったようです。

 

             

               たまたま病院に来ていた友人がFさんを家まで送ってくださることに…

               途中、その方の保護猫さんの様子が急変し病院に戻り発作を止める処置をして

               いただき難をのがれました。

               その猫さんは事故にあい頭部が割れるというそうとうなダメージを

               抱えながらも回復の方向へ   ほっとしたのもつかの間 こんどは腹膜炎に

               なったそうで気のどくでなりません。

               送って頂いたお礼とその後の容態が気になりメールをしたところ

               愚痴も弱音もなく「がんばっていますね」と温かいお返事が帰って来ました 。                       

               Kさとは20年以上も前から 、お互いワンコやニャンコのことで走り回り

               お会いするのはいつも動物病院でしたね。

               この先もお元気に活躍されますよう心からお祈りしています。

 

               私ごとですが   最近は電話の着信音が恐怖です。

               何かあったかな   誰か発症か  と 精神的に常におびえています。

               そのくせ身体は一向に痩せる気配はありませんが、今回の件に関わってから

               今日まで猫の夢を見ない日はありませんでした。

               欲を言うなら 一晩でもいいので猫から解放してほしいと思うこともしばしば。

               本当は猫が好きではないのかしらと自分自身を疑う時もあります。

               パンダを見てもゾウを見ても何もかも猫に見えるんです。

               それは少し疲れているのかな…もちろん、毎日の世話をしてくれてる

               Fさんは 私以上でしょうね。

               

                             ☆     ☆     ☆      

 

               この度 郵貯の口座申請をいたしました。

               今まで友人のSさん、里親K様にその都度、過分なご寄付をいただいており

               いつか落ち着いたらお返ししようと思っておりましたが

               次から次への発病の手当てに追われ医療費が不足しております。

               皆様にご協力をいただければと思い切って口座を開設いたしました。

               

                記号   10180

                番号   94310961

                普通預金   「ばぁばのおうち」

         

                白血病の14頭  最後まで精一杯寄り添う気持ちでおります。

               よろしくお願い申し上げます。

          

               ブログらしきものに挑戦して 数ヶ月、 拙い文章にお付き合い頂いて感謝いた

               します。

               きっと猫達も私達だけでなく応援してくださる皆様がいらっしゃることで

               心強いことと思います。

               新しい年が皆様にとってより良い年となりますよう…

               

     

              

 

     

 


テーマ:

しち君 元気そうだね

 

                そうね  熱が下がりご飯を食べ始めているわ。

                ステロイドのおかげかな。

 

                昨日 Fさんと病院に行ったしち君   Fさんが仕事なので先生に預けてもらって

                診察時に私が電話で検査結果を聞き、治療法を先生と相談の上きめることに    

                なりました。

 

               「骨髄異形成症候群かと思う」との  先生の診立てです。

              

                血小板が少し増えてる、貧血も少し改善されているが

                ステロイドを使ったので状態をおさえている。

                白血病キャリアから発症への 移行期間かもしれない。

 

                私達にしてみたら、ご飯を食べるようになったしち君をみて

                元気になったつもりで喜んでいたけど、そう甘くは無さそうです。

 

                ダースのぶんまで頑張れ!と願っていますが…

 

                昨日の朝、我が家とお隣さんの間にある塀に猫の足跡がありました。

 

  ご覧になれましたか?

 

                北海道の野良さんは過酷です。

                この寒さをどのようにこらえているのでしょう。

                毎朝、玄関前から裏の方へ足跡が続いています。

                どこかで餌をもらっていると思われますが、見当がつきません。

                せめて歩きやすいようにと塀の雪を落としてあげるぐらいのことしか

                出来ませんが…

                うっすらと雪を残しておきます。

                今朝も来たかなと確認が出来るようにです。

                足跡を見ないと、事故にあったかしら、凍えてしまったかなぁと

                気が気ではありません。

 

                反対側のお隣さんの庭には、キツネの足跡が…

 

 

                食べ物を求めて里に下りて来たのです。

                数年前には、住宅の庭に巣を作り子育てをしていたキツネが

                役所の手によって巣を壊され、子供を連れて住宅地を放浪していると

                聞き「早く山に帰るのよ」と祈るばかりでした。

     

                人も動物も生きていくことは大変です。

 

                孫の学校のクリスマスコンサートで、生徒代表のスピーチの中に

               「私達が美味しい食事をしている時にも、世界のどこかでお腹を空かしている             

                子供のいることを忘れないで」との訴えがありました。

                本当にそうですね。

                つい、何不自由なく過ごしている日常が当たり前と思ってる自分がいます。

                生かされていることに感謝して、何かのお役に立てるようになれればいいなぁ

                と考えさせられました。

               

 

 

 

 


テーマ:

                11日 月曜日 未明 ダースが逝きました。

      

                静かに眠るような旅立ちでした。

 

                保護してからずーっとケージの中でした。

                たったの1分も自由になれずにずーっとケージの中でした。

 

                もしかしたら、あのまま崩壊現場の家にいた方が良かったのでしょうか。

                糞尿だらけでも、時々ご飯がもらえなくても、水の中がヘドロだらけでも

                ダースは生まれてからその環境しか知らなかったわけで、いじめっ子の

                仲間の目を逃れ隠れていた天井裏があの子の憩いの場所だったのでは…

 

                 8ヶ月もの間 ケージに入れっぱなしで私達は何をしていたのでしょうか。

               「幸せにするからね 」なんてできもしないことをいっちゃって…

 

                 ただ唯一  最後の最後にお世話をしていたUさんとダースが心を通わせられた

                 ことが救いです。

                 

                 ダースが体調を崩してから、毎日毎日Uさんと日に何回もメールのやり取りを

                 していたところ、 懐かないから…と引き気味のUさんとダースがどんどんと

                 距離を縮めていったのがわかりました。

                 

                 別れが辛くて送り出せないUさん   心からありがとう。

                 いい歳して シワだらけの顔で鼻水流して泣いてる私達だけど悲しいのだから

                 思いっきり泣こう!

                 ダースがいなくて寂しいよ!

                 空っぽになったケージをついついみては涙をこぼしてるUさん

                 遠慮なく泣いてください!

                 愛してた という気持ちがダースに届くように大きな声で泣いてください!

 

                                       

 

               

                Uさんの計らいでダースは生まれたおうちに立ち寄ってから

                虹の橋に向かって旅立ちました。

                

                さようなら    ダース

                


テーマ:

おばさん大丈夫?

 

 

             東京行きが強行軍だったから少し疲れたかな

             力及ばず かこちゃんは逝ってしまうし…

             なんだかとても寒い!

             この雪ではと思っていたが、歯がカタカタ鳴 った

             身体中の骨がポキポキ痛い    ブルブル震えが止まらない

             ひさびさの発熱  とうとう医者へ

             腎盂炎でした  歳ですねぇ 回復が遅くグズグズしてしまいました。

 

             そんな折、Uさんに預かってもらっている白血病のキャリアの猫さん2頭のうち

             のダース君がどうもご飯を食べてないらしいとの情報が入りました。

              寝てなんかいられない!

 

              ダースは崩壊した家ではいじめられっ子で いつも他の猫から身を隠し小さく

              なって暮らしていた子です。

              いつも怯えていたダースが捕獲箱に入った時、幸せにするからねと

              私達はつよく心にきめたのに…

 

             すぐに連絡を取ってみると「そうなんですよ」と

             いつから「11月26日から」今日は28日です   食べないと肝機能がやられる

             病院に行こうよー!

            「 白血病の発症 でしょう   この子はなついてないので仕方ないでしょう」

             イヤイヤイヤ  わからないじゃない

            「ネットにいれられないし」

             入れるんだ

             もし、暴れるようならお互い怪我をしても困るので、ケージの中のベットをだし

             て、キャリーケースの扉を開け、中に毛布を敷いておいてみて、必ず入るから!

             仕方ないでは終わらせない  たとへ治らなくても今の苦痛を和らげてあげたい

             どうしてご飯が食べられないのか理由が知りたい

             イタズラにストレスをかける気もない

             ただ見殺しにしたくないの

             もしかしたら ただの食欲不振かもしれないし

               

             まんまと作戦成功!   キャリーケースに入ってくれて病院へ

 

             リンパ腫でした

             喉の左右が大きく腫れていて、喉のとうりを阻止しており食べ物がとうりません

             後ろ足の付け根にもころっと触るものがあります。

             懐かなく、シャーっと威嚇してたので、触ることが出来なかったUさんが気がつ

             くことも無理なことです。

              

             診断が確定する間、ステロイドを投与しましたが、食欲の回復にはつながりませ

             んでした。

             ダースに大きな負担をかけずに出来る治療をはじめようと、先ず抗癌剤を打ちま

             した。速い子は8時間ぐらいで効果が表れるとか…

             残念ながら、ダースに変化は見られませんでしたが、その後の受診で、わずかな

             がら効いているのではないかと思われています。

             触るのを恐れていたUさんもおとなしく治療を受けるダースに、やる気満々に

             なってくれました。

            「 点滴したら身体が楽になったのか、促すとちゃんとキャリーにはいるのよ」

             と、強制給餌にも努力をしてくれています。

             初めは高栄養の液体 アペを、そして今日はペースト状のものを

             量はすこしですが嬉しいことです。

             Uさんは、現在20頭あまりの保護猫の世話をしています。   

             シッターもしているし、優しく気がいいUさんが断らないのをいいことに

             猫の保護話を持ちかけてくる人の多いいこと。

             だから一年中忙しいのです。

             そんな私も迷惑をかけてる一人ですが、心から感謝しています。

 

             そして、追い討ちをかける出来事が…

          

             Fさんの所にいる、しち君が体調不良、昨日3日ぶりにご飯をたべたので

             喜んだのも束の間、今朝は食べず、病院へ

             熱が高く、検査の結果   骨髄性白血病の可能性との診断がつきました。

             

             神様、この私にどうしろとおっしゃるの

             さすがの私も精神的にも経済的にもお手上げです。

             夢中で走ってきたけど     どうにかなるさと走ってきたけど

             どうしたものか…

 

     しち君 愛してるよ 

 

             せっかく時間をかけて仲良くなれたのに…

             怖い思いをさせてまで保護したのは幸せにしたかったからなのに… 

             さぁこれからという時に…

 

             神様   私は無信心で困った時にしか手を合わせないやからなのでお怒りですか?

             私達の可愛い子にこれ以上苦痛を与えないで

 

             後先考えずに走ってしまったこと後悔はしていません。

             どんな障害をも乗り越えます!

 

              ダース、しち君頑張ろうね!!

    


テーマ:

かこちゃん⁉︎

 

              ☆ 悲しいお知らせです

                  かこちゃんが逝きました。

 

                  呼吸の浅いかこちゃんを心配して、仕事の合間に様子を見に帰ってきた

                  Fさんに見守られての旅立ちとなりました。

 

  Fさんの膝の上でひと時を過ごしました。

 

  亡くなった直後のかこちゃんです。

             

                   すーっと辛さが抜けたようなお顔をしたそうです。

                   尊厳を傷つけるような写真を載せるのはやぶさかではありません。

                   が 、もがき苦しむことなく静かに逝ったかこちゃんです。

 

  元気な頃のかこちゃん   美人さんでした。

 

  1ヶ月半 よく頑張った  偉かったよかこちゃん

                                           どう  身体 楽になりましたか

                  

                 今更だけど早くリンパ腫に気がついていたら…

                 やはり 大きな後悔が…

                 ごめんなさいね

 

                 皆様  ご心配おかけしました。

                 Fさん 私に代わって辛い仕事を引き受けてくれてありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                   


テーマ:

かこちゃん ご飯だよ

 

              ☆ 20mのシリンジでad缶を2本

                  もっと食べさせたいけど無理は禁物

 

                  毎日  Fさんと何度もやりとりしながら、かこちゃんの様子を確認しています

                  私達の手当てが足りてないことはないかしら

                  後悔したくない    かこちゃんによけいな負担をかけることは避けたいが

                  少しでも身体が楽なようにしてあげる手立てはないものか…

                  

                  よし、東京に行って先生と直に相談してみょう!

 

                  たまたま、家の所用もあり上京を決意

                  

                  手元にも猫がおり、せいぜい一泊

                  慌ただしく飛行機のチケットの手配をするも 羽田から札幌への空きが無い

                  満席 満席     JAL ANA  エァドゥ  スカイマーク  どれも無い

                  こんなに空席がないなんて…

                  何かあるの?

                  そうです  国民的アイドルのコンサートが、週末の三日間に札幌で行われ

                  毎年 この時期は街中えらいことになっています。

                  そうだ なかなかチケットが手にはいらないので一度は行ってみたいなぁと

                  思いながらも、その騒ぎを指をくわえて眺めていたっけ…

                  私が年相応に落ち着いてきたのか  ボケてきたのか すっかり忘れていまし   

                  た。

 

                  かろうじて 一泊二日の行程の航空券を手にいざ東京へ

                  

                  4月から何度となく東京へ

                  しかし、今回の意気込みはまた特別

                  かこちゃんを諦めたくないのです。

   6時16分 快速エアポートが札幌駅ホームに入ってきまし

                                            た。

                                            さすがにこの時間 人もまばら  寒さがみにしみます。                      

 

                所用の行き先の近くに知り合いの獣医さんがいらっしゃる

                ご挨拶がてらお会いしてみょう

                

                癌のお勉強をされていて、経験も豊富 開業される前の勤務医時代には

                たくさんの方が指名をして受診の順番まちをされていました。

 

                案の定たくさんの患者さんが…

                なんとかお目にかかって かこちゃんのことを話しました

              「 白血病の発症ですね」

              「う うん」

              「夜遅くても良ければ、僕の見解をメールする」といっていただき

               力を得たいきおいでかこちゃんのもとへ

               

               目の前のかこちゃんはまるで子猫のように小さく痛々しい様子

               背骨が浮き上がり、顔は私のこぶしより小さく 壊れ物に触れるように

               そっと抱いてみました。

 

               そして  約束通り、メールが届きました

               白血病は完治しない  今のかこちゃんの身体に施してあげられることは…

               造血剤 鉄剤 インターフェロン等々 また輸血の是非等についてご意見が記され                                          

               ていました。               

               

 

               翌朝、主治医の中島先生のもとへ

               メールも読んでいただき、今後の対応について相談しました。

 

       

              リンパ腫 確定 高グレード

          

               直ぐに治療開始

 

              今後、一週に一度 造血剤と鉄剤をうちます

              インターフェロンは点滴に入れます。

              次回の予約を入れて帰路に…

              自転車なので途中何回か かこちゃんの様子を確認しながら

              Fさん宅へ

 

              たくさんの方々の応援を得てここまできました。

              贅沢は言いませんが出来ることなら

              神様、もうひととき私達にかこちゃんのお世話をさせてください。

              覚悟をしなくてはとわかっていますが、Fさんのお膝で甘えるひと時を…

 

 

            「 今日は少し呼吸が浅いような気がする」と 仕事の合間に帰宅したFさんから

             報告がありました。

      

            

                 

      

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。