18歳未満の女子高生に、わいせつな行為をさせたとして、兵庫県警少年育成課などが、神戸市長田区の人材派遣会社経営井川浩孝容疑者(28)、同県三田市の関西学院大3年高下知之(21)、同県播磨町の無職松井猛(25)両被告(いずれも起訴)の3人を児童福祉法違反と売春防止法違反(周旋)の疑いで逮捕していたことがわかった。

 捜査関係者によると、井川容疑者らは共謀し、昨年9~11月、スカウトした高校3年の女子生徒(17)に、神戸、大阪両市内のホテルで男性と、みだらな行為をさせた疑い。

 高下被告は井川容疑者の人材派遣会社で働いていたという。3人はほかにも2人の女子高生にわいせつな行為をさせていたという。

 関西学院広報室(兵庫県西宮市)は「学生が逮捕されたことは遺憾だ。現段階では詳細がわからず、事実関係が明らかになり次第、処分を検討する。今後、学生への指導を徹底したい」としている。

仕分け第2弾後半戦は73法人86事業 運転免許講習など対象(産経新聞)
<高速道路>新上限料金、6月導入を先送り 前原国交相(毎日新聞)
新入社員に聞く、将来どんな地位に就きたいですか?(Business Media 誠)
<口蹄疫>大分、鹿児島両県で種牛などの移動を検討(毎日新聞)
【麗し大和】珠光を生んだ茶のふるさと(産経新聞)
AD