国松孝次警察庁長官(当時)銃撃事件の公訴時効を受け、警視庁が教団信者グループが関与したとの捜査概要を発表したことに対し、オウム真理教(現アレフ)の荒木浩広報部長は30日、東京・霞が関の司法記者クラブで会見し、「教団信者の関与はないと確信している。法的な手だてを検討したい」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】国松警察庁長官銃撃事件~ついに時効!~
〔写真特集〕地下鉄サリン事件
〔用語解説〕「地下鉄サリン事件」
時効迎え「反省、教訓を」=国松元警察庁長官
長官銃撃、「一種の冤罪」=警視庁を批判

悪質ファンドを徹底摘発へ 警視庁が集中取締本部を設置(産経新聞)
改憲・消費税上げが柱 新党、保守層掘り起こし(産経新聞)
市町村への権限移譲、26%どまり=首相「非常に不十分」-地域主権戦略会議(時事通信)
「初動捜査の進化必要」足利事件で警察庁長官(読売新聞)
<与謝野氏>新党結成へ平沼氏と詰めの協議(毎日新聞)
AD