近畿運輸局が1月から、毎日乗務するタクシー運転手の乗務距離を原則1日250キロに制限したのは行政の裁量権の乱用にあたるとして、エムケイ(京都市)、大阪エムケイ(大阪市)、神戸エムケイ(神戸市)のグループ3社は17日、国に制限取り消しを求める訴えを大阪地裁に起こした。

 訴状によると、エムケイ側は「国はすでに、運転手の過労防止を目的とした乗務時間の規制を行っている」とし、「同じ目的で乗務距離の最高限度を規制する必要はない」と主張している。

 提訴後、会見した大阪エムケイ、神戸エムケイの青木義明社長は「制限を守れば収入が減り、結果的に値上げを迫るものだ」と述べ、東京や名古屋でも訴訟を起こす方針を示した。

 近畿運輸局は「訴状を見ていないので、コメントできない」としている。

平城宮跡で雑草燃える=建造物被害なし、2人補導-奈良県警(時事通信)
「仕分け」候補の公益法人、常勤役員7割が天下り(読売新聞)
<秋篠宮さま>タイ訪問の日程一部変更 国情の不安定化で(毎日新聞)
「トキには愛を」首相が珍しく?指導力発揮 国家戦略を修正(産経新聞)
<もんじゅ>耐震性問題なし 原子力安全委(毎日新聞)
AD