近畿大阪銀行は22日、松原支店(大阪府松原市)で、名前や住所、電話番号、預かり資産額など150人分の顧客情報が記載された社内資料を紛失したと発表した。

 同行によると、今月16日、同支店勤務の20代女性行員が、顧客リスト3枚(B5サイズ)を折り畳んで名刺入れに入れ、自転車で営業中に名刺入れごと無くしたという。17日に松原署に届け出て、大半の顧客には連絡した。リストの外部への持ち出しは社内規則違反だった。【新宮達】

【関連ニュース】
個人情報:関西テレビ、プロ野球選手ら情報のUSBメモリーを紛失
個人情報:児童成績一覧表、ネット上に流出--いわきの小学校 /福島
個人情報:富士財務事務所、書類7人分紛失 /静岡
個人情報:小学校教諭紛失のメモリー見つかる--久慈市教委 /岩手
個人情報:女性ヘルパーが利用記録を紛失--武蔵野市福祉公社 /東京

<著作権代行会社>訴訟あっせんで報酬か 非弁活動容疑(毎日新聞)
<脱税>J&J日本法人の元代表を在宅起訴(毎日新聞)
男性が線路1キロ走る 電車に遅れ 大阪(産経新聞)
<長崎県知事選>自公支援の中村氏が初当選確実(毎日新聞)
<民主党>「政府一元化」事実上修正 政策決定に関与強める(毎日新聞)
AD