鼻の美容整形におけるリスクをまとめました。

失敗しないための病院選びについてをまとめてますので、名医のご紹介は文末よりどうぞ。

 

 

鼻曲がりのリスクがあるって本当?

 

整鼻術とは、曲がった鼻や大きな鼻をバランス良く整える施術となっています。整形はリスクが付き物ですから、最低限のリスク知識を覚えておきましょう。まず整鼻術には、鼻曲がりのリスクが挙げられます。手術をしても改善されなかったり効果がみえなかったり、さらに酷い場合は、逆方向に曲がるといったことも考えられるので技術の高いクリニックを選ぶことが重要になってきます。

 

内出血と腫れの放置は禁物

 

シリコンプロテーゼなどの異物を挿入する整鼻術は、内出血と腫れのリスクも考えられます。内出血が生じると鼻の周囲が黄色っぽくなるのが特徴です。個人差はありますが1週間から2週間ほどで腫れが引くとされていますが、それ以上に長引いてしまっている場合は、早めのケアが重要になってくるので、速やかに担当医に相談しましょう。

 

鼻骨の削りすぎは注意が必要

 

整鼻術は、鼻の骨を削ることで大きさや太さなどを調整していきます。ですが、鼻骨の厚みはわずが1mmと非常に薄いため、慎重に手術を行わなければなりません。顔全体のバランスを見ながらの手術が行われなかった場合に、鼻が細すぎるといった問題が生じてしまうことも考えられるので、注意が必要です。

 

重要なポイントは名医選びにあり!

 

このように整鼻術には様々なリスクが考えられます。リスクを回避するためには、医師選びを慎重に行うことが重要になってきますので、高い技術力をもった名医に相談してみたり、色々な病院へ行って信頼できるところを探しましょう。カウンセリングをしっかりと行い、自分の理想的な鼻を手に入れましょう。

評判の良い医師紹介と割引モニター・クーポン希望は、下記よりご連絡下さい

美容整形を失敗しないために適切な名医を選びましょう。名医選びについてはお気軽にご相談ください。


ご紹介させていただくクリニックの施術が何度でもずっと割引きとなります。(一部例外あり)全国のクリニックご紹介をご希望の方はこちらからどうぞ。

 

カウンセラー担当 山口 遠慮なくご連絡ください。(メール24時間対応)
お問い合わせ番号

mail@ba-consulting.org