17日午後2時ごろ、岩手県奥州市の東北新幹線水沢江刺-北上間で八戸・秋田発東京行き「はやてこまち16号」(16両編成)の緊急ブレーキが作動し、停車した。1時間10分現場に停車した後、北上まで引き返し、運転を取りやめた。乗客約820人にけがはなかった。

 仙台-八戸間で午後4時まで運転を見合わせ、上下13本が最大1時間40分遅れ、約7100人に影響が出た。

【関連ニュース】
気象:東京都心に41年ぶり「遅い雪」…千葉は記録更新
東北新幹線:八戸-新青森駅間で走行試験
雑記帳:南部せんべいにプリント 青森・八戸
雑記帳:津軽弁の魅力がたっぷり楽しめるDVD発売
九州新幹線:締結式 青森-鹿児島つながるレール

飲酒運転で人身事故、巡査逮捕=対向車と衝突、2人重傷-奈良県警(時事通信)
改正道交法 70歳以上の死亡事故割合、10年で倍増(毎日新聞)
ベテランバス運転手も間違う「要注意交差点」(読売新聞)
ソニー、スカパー サッカーW杯を3Dで放送 6月19日から (産経新聞)
<改正道交法>高齢ドライバー専用の駐車スペース設置へ(毎日新聞)
AD