鳩山由紀夫首相は16日午後、首相官邸で開かれた「新しい公共」円卓会議で、所得税額から一定額を直接差し引く税額控除方式の導入を含めた寄付税制の見直しについて、「今月中にでも結論を出してもらいたい」と指示した。
 寄付税制の見直しは現在、政府税制調査会の下に置かれた市民公益税制プロジェクトチームで検討しており、4月中に具体案を取りまとめる予定。首相は結論前倒しの指示を、円卓会議に出席した同チームの一員である古本伸一郎財務政務官に行った。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる

雑記帳 元牛舎を全面改造のカフェオープン 静岡・三島(毎日新聞)
地下鉄サリン2人の被害者「苦しみ語り継ぐ」(読売新聞)
子ども手当法案が衆院通過=公明、共産も賛成、月内成立へ(時事通信)
遺体は30代女性=死後切断、7~10日経過-福岡県警(時事通信)
強盗殺人の被告に無期懲役求刑…長野地裁(読売新聞)
AD