民主党の川内博史衆院国土交通委員長ら有志議員は27日夜、首相官邸で松野頼久官房副長官と会い、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の将来的な県外、国外移設を求める鳩山由紀夫首相あての緊急声明文と、これに賛同した議員180人分の署名を提出した。

 賛同したのは民主党の小林千代美衆院議員、神本美恵子、那谷屋正義両参院議員らのほか、社民党や無所属の衆参国会議員ら。

 声明文は、普天間飛行場について「将来の国外・県外移設を実現する連立与党・政府の基本方針を策定することを求める」と主張し、新たに政府方針を策定するよう求めた。

 また、移設候補地として、米領・北マリアナ諸島のテニアン島を挙げ、「北マリアナ諸島連邦の知事や議会も望んでいる。これにより、辺野古周辺に新しい基地を建設する必要もなくなる」と主張した。

 政府は28日午後の臨時閣議で普天間問題の政府方針を決める予定。川内氏は松野氏に、「(県外移設の)旗を降ろさないということを首相自身の言葉として語ってほしい」と申し入れ、松野氏は「首相と相談する」と述べたという。

【関連記事】
首相、福島氏罷免「まだ一切考えていない」
自治労、普天間の日米共同声明の撤回要求
「ちょんの間」崩壊危機 沖縄風俗“移設”衝撃事情
「県内駄目」は納得できず 岡田氏、宜野湾市長を批判
鳩山首相、沖縄米訓練の受け入れを要請 全国知事会で
虐待が子供に与える「傷」とは?

放送法改正案を強行可決=審議会の機能拡大は削除―衆院総務委(時事通信)
「政府が悪くても幸せになれる」 少子化対策(産経新聞)
パンダ 来年3月に上野動物園で一般公開 東京都が見通し(毎日新聞)
アジサイが見ごろ=長崎市〔地域〕(時事通信)
傍聴者4870人、5割増=事業仕分け(時事通信)
AD