日本郵政グループの過去の経営問題について調査するため、総務省が設置した有識者による専門委員会は31日、西川善文前社長時代の企業統治には重大な問題があったとする中間報告を発表した。郷原信郎委員長(名城大教授)は会見で「民営化を逆戻りさせないようにと拙速に(事業を)進めたことがいろいろな問題を生じさせた」と述べた。
 調査対象は、全面見直しを余儀なくされた宅配便事業の統合計画、保養・宿泊施設「かんぽの宿」譲渡やクレジットカード、広告代理店の業者選定など10事案。中間報告ではこのうち、9事案で問題点を指摘した。 

【関連ニュース】
日本郵便、営業赤字163億円=宅配便子会社の清算で-10年度計画
議論熟さず、急転直下の決着=肥大化に残る疑問点
郵貯限度額引き上げに懸念=改革案は「民業圧迫」
鳩山首相、郵政改革案「了解してない」=亀井氏は真っ向反論
骨格発表、首相も了承=亀井氏、閣内の批判に反論

市町村への権限移譲、26%どまり=首相「非常に不十分」-地域主権戦略会議(時事通信)
宝塚音楽学校 40人が合格 タカラジェンヌへ第1歩(毎日新聞)
日本の車両技術 国際標準めざせ 鉄道総研に新センター(産経新聞)
デバイス・ラグ 使える医療機器、欧米の半分 薬だけではない、もう一つの時間差(産経新聞)
弟を助けようと…10歳水死=佐賀(時事通信)
AD