自民党の山崎拓・前副総裁(73)は28日、東京都内で開かれた山崎派の総会で「国政復帰を目指す気持ちには全く変わりない。政界を引退する意思はない」と述べた。しかし、谷垣総裁が同日、夏の参院比例選で山崎氏らを公認しないと決めたことで、国政復帰は困難な情勢となった。

 山崎氏は総会で、公認問題について「(山崎派の)党執行部各位に調整をゆだねてきた。最終結論はまだ出ていない」との認識を示した。党の結論を待って対応を決める、としている。

 ただ、関係者によると、山崎氏は山崎派会長としての政治活動は続ける一方、参院選への立候補は断念する意向を周囲に伝えているという。地盤の衆院福岡2区からは今後、立候補しないとも述べており、関係者の間では「参院選出馬が最後のチャンスだった。国政復帰はなくなった」との見方が広がっている。

アキバの安全・安心を、街頭に防犯カメラ16台(読売新聞)
普天間移設 与党視察に戸惑う自治体「負担軽減は理解…」(毎日新聞)
児童虐待死再発防止へ 江戸川区が対応検証へ(産経新聞)
高校生留学、18・5%減 不況の影ここにも(産経新聞)
偽装ラブホ経営者ら書類送検 風営法違反で兵庫県警(産経新聞)
AD