新党結成を目指し自民党離党を表明した鳩山邦夫元総務相は17日午前、新党への賛同者の数について「何とも言えない。いばらの道であり、ありとあらゆる所から批判されるのは承知の上だから、そう簡単に見通しを語るわけにはいかない」と明言を避けた。ただ「本来そうやって語り合ってきている同志は結構多いと思うし、電話でもいろんな励ましを受けている」と強調した。

 与謝野馨元財務相や園田博之前幹事長代理らの動きが慎重になってきていることには「迷惑をかけているかもしれないが、すべては今後だ。理解を求めていきたい」と語った。与謝野氏や平沼赳夫元経済産業相との会談の見通しについても「わからない」と述べるとどめた。

 実母からの資金提供をめぐり証人喚問などを求める声があることに対して「呼ばれればいつでも行く。何もやましいところはないし、刑事事件でもない」と述べ、応じることに前向きな姿勢を示した。都内の自宅前で記者団に語った。

【関連記事】
邦夫龍馬、離党から一夜で「新党」早くもいかんぜよ!
邦夫氏の突発的行動に周囲は困惑 執行部批判は収まらず
離党表明の邦夫氏、与謝野氏と意見交換 平沼氏との連携にも意欲
首相は「頑張って」と激励 鳩山邦夫氏が兄に自民離党を報告
山岡氏、鳩邦“政界再編”に「民主からは1人も…」
20年後、日本はありますか?

政権交代が追い風=金融庁、お手盛り許さず-役員報酬開示(時事通信)
千葉県警元警部補 覚醒剤使用「間違いありません」 地裁初公判(産経新聞)
<シャチ>「ナミ」7月デビューへ 名古屋港水族館(毎日新聞)
「小沢王国」で民主系敗れる 岩手・久慈市長選(産経新聞)
奈良公園 雌ジカの左腹にボーガンの矢 重傷(毎日新聞)
AD