平沼赳夫元経済産業相は17日、岡山市内で開いた政治資金パーティーのあいさつで政府の事業仕分けを批判し、仕分け人を務めた民主党の蓮舫参院議員について「元々日本人じゃない」と発言した。

 平沼氏はあいさつの中で、次世代スーパーコンピューター開発費の仕分けで蓮舫議員が「世界一になる理由があるのか。2位では駄目なのか」と質問したことは「政治家として不謹慎だ」とし、「言いたくないが、言った本人は元々日本人じゃない」と発言。「キャンペーンガールだった女性が帰化して日本の国会議員になって、事業仕分けでそんなことを言っている。そんな政治でいいのか」と続けた。

 平沼氏はパーティー終了後の取材に対し、「差別と取ってもらうと困る。日本の科学技術立国に対し、テレビ受けするセンセーショナルな政治は駄目だということ。彼女は日本国籍を取っており人種差別ではない」と説明した。

 蓮舫議員のウェブサイトによると、蓮舫議員は67年、台湾人の父と日本人の母の間に生まれた。当時は父親が日本人の場合にしか日本国籍を取得できなかったが、改正国籍法施行後の85年に日本国籍を取得した。【石川勝義】

【関連ニュース】
平沼元経産相:新党結成の方針「参院選前に」
事業仕分け:9692億円の歳出削減 行政刷新会議で報告
10年度予算案:「仕分け」で見送りの裁判員広報費が復活
10年度予算案:「事業仕分け」節約目標に届かず
防衛省:自衛官増員を断念 「事業仕分け」受け入れ

【十字路】朝青龍関をモデルにした仏像に願いを込める「願文」(産経新聞)
名古屋で墓石44基倒される…仏像も被害(読売新聞)
日体大生の汗染みこんだ服に興味 窃盗容疑で男追送検(産経新聞)
日本版フェアユースに反対=文化審小委に意見書-新聞協会など(時事通信)
<原発建設>反対住民の妨害禁止を命じる…山口地裁岩国支部(毎日新聞)
AD