民主党の小沢一郎幹事長が今月10日、国民新党の亀井静香代表と都内で会談した際、参院選前の両党の合併を打診していたことが分かった。国民新党幹部が20日、明らかにした。国民新党を支持する全国郵便局長らの「郵政票」を取り込む狙いがあるとみられる。同党内には異論もあり、実現は不透明な情勢だ。
 小沢氏との会談を受け、亀井氏は11日に党幹部を集めて打診があったことを報告、「小沢氏にはとりあえず断ってきた」と説明した。これに対し、一部の幹部は「民主党とは外国人参政権付与問題など党としての思想が違う」と合併に反対した。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~政府、5月決着を断念~
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏、3回目聴取で事件関与を改めて否定~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
普天間「最低以下」の結果で問われる鳩山首相の進退

<口蹄疫>「全頭処分」も検討 平野官房長官(毎日新聞)
随意契約、42%競争入札に=98独法が見直し―総務省まとめ(時事通信)
<口蹄疫>新たに疑い例処分は約13万頭に(毎日新聞)
口蹄疫ワクチン接種開始 国内初、対象は16万頭(産経新聞)
きょうから第49期十段戦本戦(産経新聞)
AD