2006-07-09 22:10:00

鎧ダム・堂山・・滋賀県大津市(06年07月09日)

テーマ:山行記録

2006年7月9日

午前中用事を済ませ、昼からでも行ける「鎧ダム(鎧堰堤)を経て堂山へ登るコース」を歩いてきた。

車を迎不動へ停め、川を渡った所から鎧ダムを目指して入山する。歩き始めてから数分でオランダ堰堤(迎不動堰堤)。

鎧ダム入り口 オランダ堰堤


マイナスイオン出まくりの、気持ち良い沢沿いの道を、時々沢を渡ったり、沢の中を歩いたりしながら登っていく。快適だ。

途中沢のほとりで宴会?しているグループ(中年と若者の混成グループ)と遭遇。気持ち良さそうに盛り上がっていた。アルコールも結構入っているようだ。

沢沿い道


少し進むと鎧ダムだ。ダム手前で沢登するカップルを抜かした。カップルは沢だけでなく鎧ダムも登っていた。

石積みの砂防ダムはコンクリートのような冷たさが無い。(自然が一番だとは思うが)

砂広場のトンボ 鎧ダム植物 鎧ダム



鎧ダム上部は広い砂の広場。この広場はどこまで続くのであろうか?次回はこの上流に進んでみたい。

「堂山入り口は左手にある」という情報を元に、左手を徹底的にマークして進んでいくと看板があった。

堂山看板


これに従い堂山への道へ入っていく。ほんの少し進むとしっかりした道標があった。

しばらく沢沿いに歩く。アップダウンは少ないものの、クマザサ・その他雑草・幼木が迫り藪こぎ状態であり、半袖で入ったのは失敗だったと後悔する。またクモの巣も酷くストックでクモの巣を払いながらの不快指数100%の前進となる。

堂山への道


尾根に出てしばらく進むとクモの巣から開放され視界が開ける。高い山のような感じの感動すら覚える光景。急斜面の岩肌を登ったり降りたりしながら堂山山頂を目指す。相方は怖がっていたが、元気付けて山頂へ。

奇岩の向こうの琵琶湖 堂山



とにかく展望が素晴らしい。琵琶湖・大津市・草津市がよく見える。晴れていたらどんなに良いか!?季節を変えて登ってみるのも素晴らしいだろう。

山頂から琵琶湖を望む



 当初、山頂で昼食をとるつもりだったが、雷鳴が聞こえた為下山を始める事にする。昼食は天候が持ちこたえていれば鎧ダムで摂る事とし、往路を引き返す。


 鎧ダム砂の広場に到着したところで、先程の宴会グループとすれ違う。どうやら堂山へ行くようだ。今登ってきたということは1.5Hくらい盛り上がっていた事になる。

大丈夫なのか?(^^;;


鎧ダム東側の川辺に平たい石で出来たオブジェ?のような平たい石があるので、そこで昼食を摂ることにした。


おにぎりとカップヌードルに舌鼓を打つ。山で食べる料理はインスタントでもメチャクチャ美味い。

食事を食べ終えたところで雨がポツポツ降り始め、、、たと思ったら一気にバケツをひっくり返したようなドシャ降りに。
夕立キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

木陰に隠れるも全く効果なし!傘の出番だ。降り止む様子が無いので下山を再開。足元が滑りやすくなっているので慎重に歩き、無事迎不動に到着した頃には雨は止んでいた。

(# ゚Д゚) ムカー


【コースの感想】

堂山は低い山であるが、登り甲斐のある山である。

藪こぎを強いられ足下も良くない。それなりの装備は必要。



14:30 迎不動
11:40 迎不動より入山
11:45 オランダ堰堤(迎不動堰堤)
12:05 鎧ダム
12:17 堂山登山道へ
12:42 尾根に出る
13:00 堂山山頂
13:12 下山開始
13:50 鎧ダム
14:10 鎧ダム発
14:30 迎不動


メンバー

リーダー:私

メンバー:相方


AD

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

[PR]気になるキーワード