センス・オブ・ワンダー

テーマ:


先日、「劇団どくんご」観に行ってきました。


どくんごは、僕が心から好きな唯一の劇団です。



僕が今まで観たことのあるいくつかの劇団の中で、
唯一、どくんごは本当に心底好きで、
公演があれば必ず行きたいと思う劇団です。





今年もよかったなあ。



物販のDVDも買いました!

本編が3分、オマケが6分です。

{10832E92-467C-471B-B226-BE7893EBB55C:01}







どくんごは「犬小屋テント」と呼ぶ野外のテントで、
一年の半分以上、全国を巡業しています。



{AFE4E147-60CF-477A-9B28-36AAD03EDCCF:01}





どくんごは、この、テントでやるからいいんだよなとつくづく感じました。



同じことを劇場でやっても、きっとあんまりおもしろくない。



一方、芝居にある種の「強度」がないとテントでは成立しない。



虫の声や雨、道路の往来といったノイズに負ける芝居はテントではできない。





どくんごの芝居は、


バカバカしかったり、
ノスタルジックだったり、
リズミカルだったり、
エキセントリックだったり、
急激に悲しくなったり、
そんなショート・ショートの集まりで構成されています。



それらがめまぐるしく展開するとき、


まさに「センス・オブ・ワンダー」が巻き起こります!





今回はゲストで他の劇団のコーナーもあり、そこもおもしろかったです。





いやあ~また来年までお預けかあ。



来年も楽しみ!!


AD