今回の99Tはバイクコースの九十九里有料道路が全面的に工事で使えなかったり台風の影響でスイムコースが直前に変更になったりでスイムもバイクも渋滞になるんじゃないかと不安でしたが終わってみればいつもと同じ楽しいレースでした。

 

でもゴール会場からバイクラックの距離は何とかして欲しいなぁ~!

せめてバイクラックでゴール後に受け取る荷物を預かってゴール会場に運んでください。

 

ってことで九十九里トライアスロンのレポートです。

競技説明は前日に聞けたので当日はのんびり朝食を食べ会場入り。

 

どんがめの第4WAVE10:45スタートなのでバイクをセットした後も時間たっぷり。

 

開会式後すぐに第1WAVEがスタートしたのを見てウェットスーツを着て準備する。

 

コーヒー牛乳よりはちょっと澄んでる?みたいな水ですが...ま、大雨降ったし仕方ないですね。

 

そして10:45コースの一番右からスタート!

 

泳ぎ始めるも...浅いんです(^^;)

 

右側に陣取った皆さんはほとんど歩いてます。

 

自分もココぞとばかりに初ドルフィンジャンプに挑戦してみましたが泳ぐより速いです。

 

ほどなくしてやっと深いところにたどり着きましたが集団がばらけなくて泳ぎ難い。

 

最初のブイまでズッと混んだまま進んでいきすぐに2つ目のブイを回ってやっとマイペースに。

 

ここから右へ左への迷走泳法が炸裂します(^^;)

 

三半規管がイカレテるんじゃないかと最近思ったりしますが...確かめようがないですね。

 

2周目は開き直って大きいストロークでゆっくりかいてみましたがコースロープが見えないと蛇行してしまうようです。

 

35分かけてスイムアップ。

 

メガネをかけていないのでバイクラックのレースナンバーが見えずウェットスーツを入れるオレンジ色のバッグを目印に走る。

 

でもどこまで行っても見つからず近寄ってナンバーを確認すると...行き過ぎてた(^^;)

 

戻る途中で盟友S原さんとご対面ご挨拶(w)

 

ジェルを1本補給し裸足のままバイクシューズを履いてバイクパートに突入!

 

乗車ラインまでかなりの距離を押して走る。

 

そしてまたS原さんと(w)

 

仲良くバイクスタート!

 

バイクは工事中でフルコースが使えず3周回のコース。

 

でも折り返し以外はコーナーも無いのでひたすら踏むだけ。

 

行きは若干の向かい風だけど強くは無いので最初から全開で踏む。

 

最初のうちはDHポジションで頑張ってたけど新しく作成した肘パットが汗でツルツル滑ってヤバイ。

 

スピードは少し落ちても落車のリスクを避け、下ハンとブラケット交互に持ち腰への負担も減ったかな。

 

復路は追い風でなかなか気持ちよく走れた。

 

サイコンで距離を確認するも40kmにはかなり足りないけど...1時間とちょいでバイクアップ。

 

{375D5429-1938-4F35-BD5B-0FD5C9BEE118}

降車ラインでバイクを降りてからラックまで、またまた異常に長い(^^;)

 

延々と押しラックにバイクをあずけジェルとボトルに残ったポカリを補給し出発。

 

入りの1km4分を切る快走!ま、最後まで続くはずも無くタレつつも疲れや攣りそうな気配は無く降り出した雨が火照った体を冷やしてくれてイイ感じです。

 

折り返し手前でレースNo.からM55と思われる方とすれ違い距離を推測するが...間違いなく1km以上は離されてる(^^;)

 

ま、あとはペースが落ちないように走るだけ。

 

砂混じりのコースに雨が降ると跳ね上げた自分の泥砂がシューズに入って気持ち悪い。

海岸線のゴール会場に近づくとMC律ちゃんの声が良く聞こえゴールの近さを実感する。

 

が...まだゴールさせてくれない(TT)

 

ゴールゲートの脇を通過しかなり先まで走ってUターン。

 

今度こそゴールゲートに突入!

 

リザルトは2時間2322秒とPB更新なんですが...かなり距離が短かったみたいです。

 

総合順位も昨年の70位から大きく下げ113orz

 

{18FC193B-9F17-44DB-B4E1-CE81F9C3D562}

でもM55では2位だったので良しとしましょう!

 

佐渡から始まった9月の6連戦も今週末のジンギスカップで終了。

 

有終の美を飾れるように頑張ります。

 

『クライマックスはこれからだ!』

 

O2TRCの皆さん、また来年も盛り上がりましょう!

 

応援してくれた皆さんありがとうございます。

AD

99T無事完走!

テーマ:
昨日はレース後の雨、バッテリー消失、打ち上げ突入!でブログをアップできませんでした^^;

オソオソのスイム、ソコソコのバイク、快走のランと…イイ感じでフィニッシュすることができました。

{AC73FFB1-B01C-4860-9CE2-62C33CF7C6D2}

結果は昨年と一緒のエイジ2位でなんとか表彰台getです^^;

一緒に激走したO2TRCの皆さん、お疲れ様でした。


AD

今日は明日開催される九十九里トライアスロン、通称99Tに参加する為、前乗りしています。

{1D6A8AA1-1275-4CC6-A9BB-359C3A376391}
説明会開催中

過去2回の参加で楽しさを布教活動した成果でO2TRCからは8名の仲間が参加します。

{942676F3-B49B-4CDC-9C91-855607B5BE41}
パンフレットに昨年の写真が^^v

そして、ただいま前夜祭、絶賛開催中でございます。*\(^o^)/*

{A98DFC76-B35C-4056-8C84-0C1C11D405AE}


エイジグループ一昨年3位、昨年2位と上げて来てますので今年は…ムリですね^^;

ま、狙うのはタダなので今年も表彰台目指して頑張ります。

『いざ、九十九里トライアスロン!』

参加される皆さん、よろしくお願いします。


AD

春の台風、土管橋流出!2011春に次ぐ過酷なレース(当社比)となった今回の王滝ですが...

またまた怠慢、奢りという言葉が出てくるレース内容でした。

今後、自分への注意喚起としてもレポートに記しておきたいと思います。

2016年秋、SDA王滝100km参戦記でございます。

 

 

{84A7AA2F-B100-4C80-BC26-F12AFFE625DC}

王滝の死闘!と語り継がれる2011春王

 

 

 

 

春秋合わせて13回目の王滝。

そろそろタイム狙いも止めてカメラでも持って写真を撮りながら走ろうかと思ってましたが...

 

この雨でスマホを持つのも躊躇していつもの激走が始まるのでした(^^;)

 

雨が降って無ければバイクや荷物を外に出して寝袋で寝るんだけど今回は土砂降りにつき助手席で仮眠。

 

バイクをイイ位置に並べるつもりは無かったので少しでもバイクとウェアを濡らさないようギリギリまで車内で待機、朝食のおにぎりを胃袋に流し込む。

 

パワージェル3本をフラスクに入れ水で少し薄めたものを2本。

 

気温が低いので水は1リッターハイドレーションバッグで担ぐ。

 

雨が小降りになった5時半頃バイクを並べO2仲間や知った顔の皆さんにご挨拶。

 

いつもよりちょっとだけ後方。

 

小雨降る中、恒例の道中?の安全祈願、そして後方なのでまったりスタート!

 

パレード区間も我先に!という方はほとんど無くゆっくりペースです。

 

そしてレース区間に入ってもスピードはゆっくり、たまに足つきする人が居てみんな足つき(^^;)

 

最初の登坂を終え少しずつバラけてくるも...まったりペースは変わらない。

 

さすがに秋だけあってガレてる所が少なく平地、下りはビビリィのどんがめでも結構飛ばせました。

 

30km手前辺りだっただろうか?岡山WBT木さんが止まっており声を掛けるとスローパンクらしい。

 

ポンプを貸してください!と言うので『お安い御用!』と差し出すもエクステンションホースが外れません(^^;)

 

手が濡れているので滑ってるだけかとタオルで手を拭きトライするも...外れません(TT

 

ちゃんと使えることを確認してからバッグに入れようよ、オレ(^^;)

 

運よく、同じWBの方が追いつきCO2ボンベを数本持ってるとのことで...役立たずのどんがめはココで退散。

 

しかしこの先、ゴールまでパンクした時の恐怖と戦うことになる(W)

 

第1チェックポイントはスルーし先を急ぐ。

 

なんせ悪天候の時は少しでも前に行っておくのが2011春王で学んだ教訓ですから。

 

雨足が強くなると身体中の泥が流れてるような気がして心地良い。

 

でも水場の近くを走ると寒くて寒くて低体温症になるんじゃないかと心配になるがホントに寒い時は歯がガチガチ鳴りだすからね。

 

まだまだ序の口ってことでしょう!

今回の王滝のメインイベントは川渡りでした。

 

バイクを押して渡ろうもんならバイク毎流され滝つぼに直行するような場所が有って...皆で協力して手を貸し安全に渡りました。

 

{905FA63B-FD24-4474-9E3A-45BBF122975C}
流されたら滝つぼに直行!の図^^;

 

 

秋の王滝は最後の下りがデザートと言われてるんだけど今回は雨で流出した石ころがレコードラインを塞ぎ慎重に下るしかありませんでした。

 

 

ポンプ使用できないのでパンクもできないワケで(^^;)

 

やっとの思いでゴールにたどり着いたのは7時間を6分ほど経過した時でした。

 

 

 

佐渡のトライアスロンもそうだったけど最近準備が疎かになって来てる。

今回もポンプは使えないしCO2ボンベは車に置き忘れるという始末^^;

痛い目に会う前にちゃんと準備しましょうね!オレ

 

『クライマックスはこれからだ!』

 

参加された皆様、おつかれさまでした。

また春に王滝で会いましょう!

 

 

 

 

 

 

3連休2レース1サイクリングの異種格闘技?は最終日のヒルクライムステージは雨の為、キャンセル(TT)

乗鞍三滝の滝めぐりに変更になりましたが無事に仕事にも復帰しました。

 

 

 

まずは初戦『ゲレンデ逆走マラソン・3時間ゲレンデ耐久レース』のレポートからです。

 

Naちゃんを学校に送り届けビーューンと2時間、ばんだいx2スキー場に到着。

 

今回は駐車場がいっぱいになるくらい盛況のようで...なによりです。

 

逆走で出合い、知った顔の皆さんにご挨拶して開会式の時間を待つ。

 

そして開会式。

 

いま流行の?スズメバチが出没したそうで若干のコース変更。

 

みんなで集合写真を撮ってからのスタート。

若者組は飛ばして行きますが...じじぃは飛ばしません(w)

 

緩斜面はゆっくり走って脚を温存します。

 

途中から斜度がキツくなったら頂上までオール歩きです。

 

あ、一瞬下る所があったわ、そこだけ走りましたがね。

まず最初の1周を何分で帰って来たかを確認すると約18分。

 

単純計算で10周だけど当然タイムも落ちてくるワケで...8周して残り20分以上有れば9周目に突撃!無ければバトル10に加わる!という作戦。

 

気温は高く無かったけど急斜面を長く登って行くと頂上のエイドに着く頃は玉のような汗が(^^;)

 

水分を補給し下りに突入!

 

下りは空冷効果もあって涼しく下れるので麓のエイドお茶屋さん?では足と首に掛け水だけして頂上を目指す。

これをルーティンに2時間まではオンタイムで走れたけど...その先はやはりキツかった(^^;)

 

7周目24分弱、ココで9周目に入れる可能性はなくなったけどバトル102-3周は走れるかな?

 

そして8周目をフィニッシュライン目指して駆け下りているとバトル10スタートの合図。

 

休む間もなくバトル10のループに突入するも...もはや緩斜面も走る脚が残っていない。

 

トコトコと歩き後半の下りだけ走る。

これを2周繰り返しループから離脱しレース終了!

 

8+2周、走った距離24.8kmで上出来の6位でした。

 

ま、上位の方にはラップされちゃってるワケですが(^^;)

 

そして、おっさん部門は1位でまたまた喜多方ラーメンいただきましたぁ~♪

 

『クライマックスはこれからだ!』

 

参加した皆さん、おつかれさまでした。

 

そして実行委員会の皆さん、ボランティアの皆さんいつも楽しい大会をありがとうございます。

 

逆走最終戦では完走賞の赤Tと...おっさん部門トップ死守!を目標に頑張ります。